AI WEIWEI

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail to someone

TEXT BY LARRY WARSH | PHOTOGRAPHY AND ARTWORK COURTESY OF AW ASIA | ART | MOST READ


2003年、私はニューヨークで初めてアイ・ウェイウェイ(艾未未)の作品に出会った。彼のコンセプチュアルかつ美的レベルとも言えるファウンド・オブジェクト(造形芸術に使用する素材)の組み合わせに心を奪われた。彼独自の素材の使い方がアイ・ウェイウェイの作品を特徴付けている。彼の作品が新しい種のエートス(道徳的気風)を私に、そして世界にもたらした。
 
アイ・ウェイウェイは1981年から1993年にかけてニューヨークに住んでいた。そのため英語を上手に話す。それだけにとどまらず、世の中の捉え方、そして世界中にいる聴衆とのコミュニケーションの取り方において、彼は他の中国人アーティストとは一線を画している。私たちが初めて会った時、アイ・ウェイウェイの主眼はもっぱら中国史の解釈におかれていた。そして彼の発信するメッセージは社会政治的というより芸術的解釈に基づいているように見えた。年を経て彼のテーマは相当進化を遂げ、現在の彼の芸術作品の大半は、彼と世界的な社会政治問題との関わりを反映している。
 
アイ・ウェイウェイは初期の頃からインターネットを取り入れたアーティストだ。彼にとってインターネットは磁器、木材、ブロンズやプラスチックのレゴ(ブロック)などの媒体となんら変わりない。インターネットは、彼が手を加え芸術形式へと作り替えたバーチャルな媒体である。彼はブログを始め(中国政府による2008年の四川大地震の死者数の隠ぺいに注意を向けるためブログを利用したことにより閉鎖された)、その後ツイッターを利用するようになった。近年、アイ・ウェイウェイは一日中ツイッターやインスタグラムを利用している。彼はソーシャル・メディアという地球規模の取り組みによって、世界中の人々と繋がっているが、自分の展覧会や映画の宣伝にソーシャル・メディアを利用することはない。彼はこの様なオンライン・プラットフォームを一貫して人権問題促進のために使用している。これらの問題は長い時間を経て変化していく。終結する問題もあれば続くものもある。北京の囚人だった彼は、今やベルリン在住の、そこで働き生活を営むヨーロッパの一市民であり、彼のメッセージの発信方法は今も変化し続けている。
 
自分の思いを語ることを恐れない点において、アイ・ウェイウェイに勝る中国人アーティストはいない。2011年に中国政府によって81日間秘密裏に投獄され、パスポートを没収されて以来(2015年に返却された)、彼の意思と決意は一層強いものとなった。中国人アーティストの仲間たちに関して言えば、彼らの多くがアイ・ウェイウェイのスタンスを見習おうとしていると思う。彼の後を追っていくのは難しいし、彼のようなタイプの人間になるためには様々な個性の組み合わせが必要となる。そして、そんな彼の複雑な人間性の中に芸術家を見出すことができる。

I first saw Ai Weiwei’s work in 2003 in New York. I was drawn to his conceptual combinations and remixing of found objects on an aesthetic level. Through his use of materials, Ai Weiwei creates artworks that really define him. His work introduced a new kind of ethos in art to me—and to a lot of the world.
 
Ai Weiwei lived in New York from 1981 to 1993, so he speaks English well. But beyond that, he is different from other Chinese artists in the way that he takes on the world and in the way that he communicates with a globalized audience. When we first met, Ai Weiwei’s focus was mostly interpretations of Chinese history, and his message seemed more artistic than sociopolitical. Over the years, the meaning of his art has evolved considerably—the majority of his artwork now reflects his engagement with sociopolitical issues worldwide.
 
Ai Weiwei was an early adopter of the Internet. For him, the Internet is just another medium, like porcelain, wood, bronze or Lego plastic. It’s a virtual medium that he has adjusted and created into an art form. He started with his own blog (which was shut down after he used it to draw attention to the government’s concealment of the 2008 Sichuan earthquake death toll), and he eventually moved on to Twitter. In recent years, Ai Weiwei uses Twitter and Instagram around the clock. Social media provides him with a channel to engage with the world in a global way. He doesn’t use the Internet or social media to promote his own shows or his own films; he uses these online platforms to consistently promote human issues. Those issues change and evolve over time: where one stops, another continues. Now that Ai Weiwei is a European citizen living and working in Berlin versus a Chinese prisoner in Beijing, his messaging is still changing.
 
As someone who’s not afraid to speak his mind, there are few Chinese artists who come close to Ai Weiwei. Since his 81-day secret imprisonment by the Chinese government in 2011, followed by the confiscation of his passport (it was returned in 2015), both his voice and resolve have gotten stronger. In terms of his fellow Chinese artists, I think many of them would like to emulate Ai Wewei’s stance. He is a very hard act to follow, and it takes a combination of many personal traits to be this type of person—and within this person you find the artist.

Circle of Animals/Zodiac Heads: Gold, 2010 Bronze with a gold patina Dimensions variable

実際私は、アイ・ウェイウェイはアーティスト以上の人だと思っている。様々な社会政治問題を意識した彼のアートを通して、彼は人を気詰まりで不愉快な気持ちにする。そして私はそれが重要なことだと思っている。何故ならば人生は楽なものではないからだ。物事の真実を知るのは良いことであり、アイ・ウェイウェイの作品はそれを教えてくれるのだ。
 
例えば、最近の彼のインスタグラムのフィードを見ると、ヨーロッパの難民状況の報道について言及しているのがわかる。現在、彼は難民についての新しい映画を製作中で、世界的問題を扱い世間の関心を集める。そこが、多くのアーティストとは異なる点である。他の仲間の大多数はこのようなことはしていない
 
彼との付き合いを通じ、私もある意味活動家に転身したかの様に感じる。私にとって、彼の作品の政治的繋がりはとても重要である。彼は美しいオブジェを作っているのだが、その作品における政治的メッセージの要素はすでに必要不可欠なものとして際立っている。彼にとって、物事を伝え、人々と交流するための手段としてのアートが中核にあり、それが彼の作品において欠くことのできない要素になっているのである。
 
彼の訴えるメッセージに同意する必要はないけれど、アートとは何か大切なことを発信すべきものだと私は考えている。アイ・ウェイウェイのおかげで、私は自分が何を好んでいるかということをより意識するようになった。大きな意義や思想のないアートに何の意味があるのだろうか。美しさには(それを表す)肉体が必要であり、アートには内容が必要だ。そこには何かがなければならない。だからこそアイ・ウェイウェイは本当に多くの人々に理解されるのだ。
 
私たちが共にやってきた数々のプロジェクトを考えた時、私が一番貴重だと感じる作品はアイ・ウェイウェイの「サークル・オブ・アニマルズ/十二支の頭像」である。この歴史的価値のある銅像プロジェクトは中国の伝統的十二支の頭像のインスタレーションである。これは元々、北京にあった清朝時代の皇帝離宮の噴水時計に飾ってあったものだ。オリジナルは1860年にイギリス軍とフランス軍によって略奪されている。帰還と模造に焦点を当てたアイ・ウェイウェイの「十二支の頭像」の作品は2011年5月にニューヨークで披露され、このシリーズ(ブロンズとゴールドある)は以来35の世界の会場で展示され、その価値が認められてきた。2011年の展示開始時アイ・ウェイウェイはまだ拘束されており、その後のことは何も分からない状態だった。当時のニューヨーク市長だったマイケル・ブルームバーグの素晴らしいスピーチによって、彼の置かれた状況に世界の関心が向けられた。市長はアイ・ウェイウェイの存在の意味について心を込めて語った。作品は彼の拘束中も世界を巡り続け、「十二支の頭像」は今も本当に世界の至るところで展示され、アイ・ウェイウェイの最も有名な作品と言えるだろう。世界中で数百万人もの芸術を愛する人たちが、あの作品を今も見に訪れており、それは私の期待を遥かに超えるプロジェクトになった。

Actually, I consider Ai Weiwei to be a bigger person than artist. Through the consciousness of his art he is able to make people feel uncomfortable and uneasy, and I think that’s important, because life is not easy. It’s good to be reminded of the reality of things, and his art does that.
 
These days, for example, if you look at his Instagram feed, you can see how he’s speaking out by documenting the refugee situation in Europe. He’s currently working on a new film about refugees; he has taken on a global issue and he is drawing attention to it—that’s different than most artists. The majority of his peers are not doing this type of thing.
 
Now, by way of my association with Ai Weiwei, I feel like I’ve turned into an activist of some sort. For me, the political connectivity in his work is really important. It stands out as a requisite, even though he still creates beautiful objects. Using art as a voice to tell stories and to connect with people is central to his art and has become a truly integral part of his work.
 
You don’t have to agree with the message, but I believe art should communicate something. Ai Weiwei has really made me more aware of what I like. Art without significant meaning and reason—what’s the point? Beauty needs a body; it needs substance. There has to be something going on there. That’s why so many people understand Ai Weiwei.
 
Considering the various projects we’ve worked on together, the one that I feel is the most important is Ai Weiwei’s Circle of Animals/Zodiac Heads. This monumental, historical sculpture project is his take on the 12 animal heads of the traditional Chinese zodiac that once adorned the fountain clock of the Yuanming Yuan imperial retreat in Beijing. The originals were looted by the French and the English in 1860. Ai Weiwei’s interpretation of the Zodiac Heads, which focuses on the themes of repatriation and fakes, made its debut in New York in May 2011, and this series (both Bronze and Gold) has since been exhibited at 35 international venues and counting. At the time of the launch of this work in 2011, Ai Weiwei was still imprisoned, and he had no idea what was going on. Mayor Michael Bloomberg gave a significant speech that drew attention to his situation, and he spoke sincerely about what Ai Weiwei really stands for. The pieces continued to travel around the world during his detention. I think the Zodiac Heads have become his most popular work because they have truly been exhibited around the globe now. Millions of art lovers worldwide continue to see them. The project has gone well beyond my expectations.

S.A.C.R.E.D. (detail from Ritual), 2011-2013 Mixed media, iron, fiberglass, paint, plastic 377x198x153 Interior view

アイ・ウェイウェイは確かな決意と何が正しいことかという方向性をはっきりと理解した上で活動している。すなわち、彼はくだらないアーティストではないのだ。彼は収集家でもあるが、お金のことは気にしない。彼にとって重要なのは家族と仕事であり、彼は常に働いている。家族、仕事、家族、仕事、そしてもちろんアートだ。
 
彼が2011年から2015年にかけて北京の自宅に軟禁されていた時、彼の国際的な知名度は決定的に上がった。当時、私は数か月ごとに北京の彼の許を訪れ週末を一緒に過ごした。水曜日の夜にニューヨークを発ち木曜に北京に到着し、その後丸4日間骨董品を買に行ったり、ジョギングをしたり、ビーチに出かけたり、家族と泳いだり、いろいろな事をしてアイ・ウェイウェイと過ごした。私たちはよくプロジェクトについて話したり考えたりもした。私は彼が中国当局からパスポートを取り返した歴史的な日にも居合わせた。
 
アイ・ウェイウェイは忠実な人柄だ。何か問題があれば朝の4時でも電話できる相手である。彼は何かをしていてもそれを中断し問題を対処して助けてくれる。また慈善家であり寛大である。数か月前オーストラリアに滞在中、1ブロックに10人から12人ほどの人が彼の写真を撮るために待ち構えていたのだが、彼はその一人一人とポーズをとって写真を撮っていた。彼はとても思いやりがあり、強く、他に対しても高い要求をし、芸術的と言えるほど正確である。彼の作品から、彼が特別な人であることが分かる。私は平凡な男なので、私にとって彼と一緒に出掛けたり、仕事をしたりできるのはとても特別な事である。アイ・ウェイウェイは私に新しい空気を吹き込み、私の人生の意味や道筋を変えてくれた。
 
ラリー・ウォルシュは30年以上にわたりアートの世界で活躍を続けている。ジャン=ミシェル・バスキアやキース・へリングの初期からのコレクターである。また彼は、高い評価を受けた彫像のインスタレーション「サークル・オブ・アニマル/十二支の頭像」(2010)を始めとした有名プロジェクトを世界的認められている近代中国人アーティストのアイ・ウェイウェイ(艾未未)と共同制作をしている。「十二支の頭像」は世界36以上の会場で展示され、今も世界を巡っている。ウォルシュは受賞ドキュメンタリー『アイ・ウェイウェイは謝らない』(2012年)の制作のきっかけを作り、エクゼクティブ・プロデューサーを務めた。

Ai Weiwei operates with a certain resolve and a strong direction of what’s right; he is a “no bullshit” artist. He’s a collector too, but he is not concerned about money; his focus is family and work. And he works all the time. Family. Work. Family. Work. And art, of course!
 
When Ai Weiwei was detained at his home in Beijing (2011-2015), his international profile was definitely raised up a notch. Every couple of months during that time I would fly over to Beijing for the weekend and spend time with him. I’d leave New York on a Wednesday night and get there Thursday and spend four full days with him, doing antique shopping or running around, going to the beach, swimming with the family, all kinds of stuff. We would spend time talking and considering our projects. I was with him on the historic day when he got his passport back from the Chinese authorities.
 
Ai Weiwei is a very loyal person. He’s the type of guy someone can call at 4 in the morning if they have a problem. He’s that guy who would drop what he’s doing and deal with it and help. He’s charitable and generous. We were in Australia a couple of months ago, and 10 or 12 people within one block of walking stopped him for a photo, and he posed with every one of them. He’s very compassionate, he’s tough, he’s demanding and he’s artistically precise. In his work you can see he’s a special person, and for me to be able to hang out with him and to work with him is very special, because I’m just a regular guy. It’s really inspiring for me, and Ai Weiwei has changed the trajectory and meaning of my own life.
 
Larry Warsh has been active in the art world for more than thirty years. An early collector of Jean-Michel Basquiat and Keith Haring, Warsh has collaborated with internationally recognized contemporary Chinese artist Ai Weiwei on several notable projects, including the acclaimed sculptural installation Circle of Animals/Zodiac Heads (2010), which has been exhibited in more than 36 venues worldwide and continues to tour the globe. Warsh was the catalyst and executive producer of the award-winning documentary Ai Weiwei: Never Sorry (2012).
 
Text written with Lesley Mckenzie.

Installation view of the Ai Weiwei: According to What? exhibition at the Brooklyn Museum, NY (April 18 – August 10, 2014)