ALICIA KEYS

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail to someone

INTERVIEW BY JARED FREEDMAN | PHOTOGRAPHY BY NORMAN JEAN ROY | STYLING BY JOHN MOORE | HAIR BY ANTONIO DIAZ | MAKEUP BY DOTTI FOR SK-II AT STREETERS | MANICURE BY DAWN STERLING AT MAM-NYC USING DIOR VERNIS | MUSIC


ヒューマニティ:今回の新しいアルバムはNYの影響を強く受けているように感じますが、これまでに、リスナーがあなたのサウンド、音楽を地域分けしようとするのを意識したことはありますか?
 
アリシア・キーズ:リスナーがそんなことまだやっていると思っているの?今、音楽はむしろ均一化していると思うの。だから地域分けは良い面もあると思っている。実際ここ数年で音楽が均一化してきているって感じていたのよね。誰もが音楽にアクセスできるってことは素晴しいことだし、皆が好きなように私の音楽を聴いて、彼ら風の音楽の解釈をしてくれればいいのよ。だけど、私の音楽を聴いた人が、想像をかき立てられたなら嬉しいわ。それが私のエネルギーの源になるのよ。
 
ヒューマニティ:今回のアルバムは90年代前半のニューヨーク・ヒップホップという感じですね。聞いた時に頭に浮かんだのが”Nas”の”Illmatic”でした。
 
AK:私のお気に入りアルバムの1つよ。
 
ヒューマニティ:おかしく聞こえるかもしれませんが、あのアルバムは私にとって夢のようなものでした。言葉で表現するなら、それは「ロマンチック」という感じになると思います。他のヒップホップ・アルバムとは一線を画していていますよね。私はロサンゼルス出身なので、このアルバムを聴くと、「おぉ、ニューヨークってクールだな」って思うんです。
 
AK:ええ、そうね。私も今回のアルバムをとても気に入っているわ。私はNY育ちなので、NY出身じゃない人がNYをどんな風に思っているのかは想像できないの。だけど、音楽はそれを言葉で説明する必要がないのがいいところ。「ロマンチック」なんて素敵すぎるわ。あのアルバムをそう表現するなんて考えもしなかった。でも、とてもマッチする表現ね。
 
HUMANITY:前回のアルバムから4年がたっていますが、今回刺激を受けたものは何だったのですか?また何故こんなに長い間アルバムの発表がなかったのですか?なぜ活動休止をしていたのでしょう?
 
AK:活動休止をしていたつもりはなかったし、時間があいてしまったのは意図したことではなかったの。実際このアルバムの曲はすぐに作ることができたのよ。今までで一番早く出来たわ。毎晩音楽の雨が降り注ぐかのように、音楽の嵐がやってくるかのようだった。そんな風に音楽を作ったことがなかったから、凄くおかしな感じだった。私が語り始めたいことは既に形になっていたの。自分が今回のアルバムで伝えたかったことははっきりしていたし、このとてもパワフルな音と抒情的な歌詞を作りあげるのに誰の助けが必要だったかも分かっていた。強い目的意識があったからこそ、直ぐに曲を作ることが出来たんだと思う。多分10日で30曲くらい作ったと思う。
 
だからこのアルバムは直ぐに発表できるなって思っていたんだけど、直ぐに下の子、ジェネシスを妊娠していることがわかったの。それで結局リリースが遅れてしまったのよ。そうすると、それが忍耐の訓練みたいになってくるの。でもそれが重要なことだったと思う。そのおかげで、アルバムを見直すことが出来たから。本当に見直したのよ。このアルバムと生活をして、またそれから離れてって…。そんなことが出来たのは初めてだった。それに、実際、それによって「私たちが急ぎすぎている」ってことを思い切って社会に伝えてみようという気持ちになったのよ。全てのことがとても早く動いていると思う。以前であれば、私は何かをしながら、次のことを始めるといったような感じだった。だから、私にとってこれほど根気強く制作することができ、また社会に戻る準備が整う前に、全てのことに適切な時間の流れがあるってことを知れたのは、とてもいい勉強になったわ。
 
そういう訳で、意図的なものでも活動休止するつもりもなかったのよ。結果として、ちょっとそういうことになってしまったかもしれないけどね。活動休止っていうと、ビーチで過ごすことをイメージするけど、そんなことを思い出せもしないもの。ともかく、本当に今がアルバム発表すべき時だったんだと思うわ。
 
ヒューマニティ:アルバムを聴きていると、「このアルバム全体を1つの作品として聞いて」と言っていますね。現在シングル楽曲を他のアーティストから提供してもらっているのとは対照的で、とても興味深いと思いました。実際ナレーションが入るのは一種新鮮な感じがします。アーティストとして、意図していることを正しく受け止めてもらえないことはきっとストレスだと思うのですが。
 
AK:私のアルバムはすべて聞いて貰いたいと思ってきたの。全て聞いてもらうのにふさわしい作品だと思っているし、実際私の音楽全てを楽しんでもらっていると信じているわ。リスナーは全てを体験し、興味をもち、その世界にのめり込んでいくと思っているの。だから実際、私はそんな風に記憶に残る「1つの作品」としてのアルバム作りにこだわっているの。 でも、リスナーはその作品を好きなように聞けばいいと思っているし、本来の意図する通りに、私のアルバムを聴いてもらう方法が他にもあると思っているわ。ちょっと見方を変えればいいと思うのよ。
 
ヒューマニティ:楽曲を作っているとき、誰に意見を求めますか?誰がフィードバックしてくれるのでしょうか?
 
AK:意見を求める仲間がいるの。今回の場合、曲を書くメンバーが私を含め4人いたんだけど、この4人は本当に面白い集まりだったわ。普段の私の曲の作り方とは違うんだけどね。なので、いつもより多くの人が部屋にいるのよ。曲の制作となると、私は評判が悪いほど引きこもりになるのよ。一人になりたいの。自分の考えを一つにまとめたいと思うの。気を散らしたくないし、たくさんの人が周りにいるのが好きじゃないの。気が散るのよ。
 
だけど今回は、私たち4人みんなで今回のアルバムを作ったので、私の周りにはいつもより人がいたし、実際私もそれを楽しんだわ。みんなとてもクリエイティブな3人だったので、彼らと一緒にいることが楽しかったの。だから、この電気みたいなものだった。部屋の中の彼らのエネルギーでさえ、クリエイティブなプロセスに関わっていたので、動的だった。実際それによって、いつもよりずっとリラックスできて、その瞬間をさらに楽しんでいることに気づいたの。
 
何かを演奏したとき、それをリスナーが受け取り、そして受け取ってもらったことを感じるのは、ごく当たりまえのことよね。彼らの顔を見ればそれが分かるし、同じようにこのアルバムを聴いてもらえば、それが意図することが伝わるでしょう。
 
それからもちろん、私の夫のラッパーでプロデューサのスイス・ビーツね。私は彼に意見を求めるの。「これが正しいかまだよく分からない」ってね。彼も今回の楽曲の4人のクリエーターのうちの一人よ。彼、私、マーク・バストン、それにハロルド・リリー。それにあと数名の優秀なグループが参加してくれたんだけど、この4人が今回のアルバムのほとんどを作った主なメンバーよ。
 
あとは私のマネージャーでとても親しい友人でもあるエリカ・ローズね。彼女とはかなり前から友だちなのよ。彼女は一枚目のアルバムの時から、私のことを知っているわ。私のことをよく理解してくれているの。だから、いつも彼女に意見を求めたり、感想を聞くの。だけど、私と関わりのない人に演奏する方が好きかも。真実を知ることができるからね。

HUMANITY: Your new album seems inspired by New York. Are you ever concerned with the idea that people try to regionalize your sound, your music?
 
ALICIA KEYS: Do you think people still do that? I think music is so homogenized now. But maybe there’s something cool about that. I actually feel like in some ways that’s changed a little bit over the years. There’s something awesome about the ability for everyone to have access to it and also something so cool about the ownership, the culture of it too. But I like that you got that from the music. That’s definitely an energy.
 
HUMANITY: It sounded very early-’90s New York hip-hop to me. It made me think of Nas’s album Illmatic. That’s what popped into my mind.
 
AK: That’s one of my favorite albums.
 
HUMANITY: This may sound funny but that record was sort of dreamy to me—the best word to describe it would almost be “romantic.” Different than most other hip-hop albums, you know? Being from Los Angeles, I think that record made me think, “Oh, New York is cool.”
 
AK: Yeah, definitely. I love that record. I was in New York, so I can’t imagine what it felt like for people who weren’t in New York, but that’s so cool that it translates regardless. “Romantic” is an ill word. I wouldn’t have thought to put that to it, but it does fit.
 
HUMANITY: So it’s been about four years since you last put out an album. What’s the inspiration and why so long? Why a hiatus?
 
AK: I never meant to take a hiatus. It wasn’t the intention. In fact, the music for this album was created so fast—the fastest I’ve ever created music before. It was like raining down every night, like storms of music was just coming out. It was crazy because I never experienced creating like that; I came in already knowing what I wanted to start to talk about. I knew the topics that I wanted to address and I knew who I wanted to assemble to help me create this very powerful sonic and lyrical journey. So everything I did was with so much intention that when the music began it made sense that it just came so fast. We did probably 30 songs in like 10 days.
 
So I was like this album is going to come out real quick. And then I found out that I was having a baby—my youngest, Genesis—and that put a different time spin on things. And then it became kind of an exercise in patience, and that was really important for me because it allowed me to look at the album—really look at it and live with it and then step away from it, and that was the first time I had ever been able to do that, and it’s really actually empowering because I think for me, I’m pretty much going to venture to say for our society that we’re very fast. Everything is very fast—before we even experience the one thing we’re on to what’s next, and so it was really an incredible exercise for me to be able to have that amount of patience and creating, making sure that everything was in the right space before I was ready to step back into the world.
 
So it wasn’t intentional and it wasn’t really meant to be a hiatus, but I guess it turned into that a little bit. I imagine a hiatus is when you’re on a beach, and I can’t recall a moment like that. But it’s definitely just the right time now regardless.
 
HUMANITY: When I was being played the music I was told, “You have to hear these as a body of work.” I thought that was interesting, in contrast to today, where you mostly get singles from artists. It’s kind of refreshing to actually listen to a narrative. As an artist, I’m thinking it’s got to be frustrating if people don’t take it in as it’s intended.
 
AK: I’ve always wanted people to hear all of my albums. I feel like they deserve to be heard all together, and I think that people actually enjoy that about my music—that they can experience the whole thing and get into it, bringing them into the world. I actually care about creating a body of work that really lives in that way. But I think people find their way to it, and there’s also interesting ways now to do things that allow people to hear it the way it was intended. You’ve just got to think about it a little bit differently.
 
HUMANITY: When you’re making music, who do you go to for perspective? Who gives you feedback?
 
AK: I have a tight crew that I go to. In this case there was four of us that wrote the music, and those four people were such an interesting mix—very different than how I normally do. So that kind of brought forth more people into the room than usual. I’m kind of notoriously reclusive when it comes to the creation process. I like to be alone; I like to kind of get my thoughts together. I don’t like to be distracted, I don’t like to have a ton of people around. It just feels like a distraction.
 
But in this case because it was the four of us all together really creating this music, there would be more people around, and I actually enjoyed it. I enjoyed having them around because it was these very creative beings all together. So it was almost like this electricity. Even just their energy in the room was so kinetic because they were connected to the creative process, and I found that actually allowed me to get a lot more loose and be a lot more in the moment than I have in the past.
 
There’s an organic thing that happens when you play something for people and they receive it, you feel them receive it. You see it in their face and that is something that spoke in volumes with this album.
 
And then definitely my husband [rapper and producer Swizz Beats]. I throw things off of him, like, “I don’t know if this is right yet.” He was also one of the four creators of this music. Him, myself, Mark Batson and Harold Lilly. There’s a few other really special groups that came together, but that’s the main group that created the majority of the album.
 
And then my manager, Erika [Rose], who is a very close friend—she’s somebody who has known me so long, and she’s known me through all of my albums. She just knows my thing. So I’m always listening to her and her feelings. But mostly I like to play it for people who don’t have the connection, because that’s when you get the truth.


ヒューマニティ:あなたにとって成功とはどのようなものですか?
 
AK:私にとって成功は幸せでいられればそれでいいの。幸せと言っても、一般的な意味合いではないの。一日を過ごして、気分がよく、自分の道を歩んでいる実感があり、活力を感じて、刺激を受けている感じがして、一日の終わりに、今日もいい一日だったな、って思えることが幸せ。これが私にとっての成功なの。世界にはあなたの幸せを奪う要素がもの凄くたくさんあるからね。この幸せを維持していく方法を見つること、インスピレーションを維持すること、刺激的なことを持ち続けること、生活や次のことに、それが何であろうと、精力的でいられることが私にとっての成功なの。そういう意味で幸せでいられるのが私にとっての成功よ。自分や家族を尊重し、それがあるべき順序でバランスが取れていると実感できるようにするの。それは難しいことだけど、可能よね。それが私の成功よ。
 
いつも寝る時、幸福感に包まれている?幸福感とともに目覚めている?もしそうじゃないのだったら、何かを変えるべき時かもね。私もそういった状況を幾度も体験してきた。何を変えなくちゃいけないかは、わかっているはずよ。「これは良くない」と思って、どうしたら問題を解決できるか、丸く収められるか、元に戻せるかってことをはっきりさせなくちゃいけなのよね。それは簡単なことではないんだけど、それが出来て初めて幸せになれるのよ。
 
ヒューマニティ:正に正論です。だけど、親になった時あなたの生活はがらりと変わりましたね。自分の場合、本当の生きる目的があるって思えた初めてのことでした。物の見方が変わりますよね。仕事、家族をどのように考えていますか?
 
AK:あなたはどうですか?初めて息子が出来たときは、人生最大の変化だったわ。初めて自分のことを本当に尊重したかも。おかしく聞こえると思うけど、本当にそう感じたわ。初めて自分の時間を大切にしたわ。それが意味することの価値や時間を適切に使わなかったがため、もしくは、適切に使ったとしても諦めなければいけなかったことの価値の大きさを知ったわ。どこで区切りをつけるかってことを知ったの。以前はそんなこと気にもしなかったんだけれど。
 
何にもしないで何かを失う、逸してしまうなんてことを心配しなかったわ。断れるようになった。いつも出席しなくてもいいんじゃないかって思えるようになった。これは大きな教訓となったわ。成長しなければいけない。こういう風に成長する必要があるの。
 
ヒューマニティ:誰かに対して責任ある立場になった時、もっと成長しなくてはと思いますよね。
 
AK:そうね。(子供を持つことは)とっても面白くて、素晴しいことよね。でも実際本当に大変なこと。特に、生まれたばかりの時は、「わぉ、壊れちゃそう。全部やってあげなくちゃ」。だって動くことだって出来ないんだもの。私がいなくちゃ食べることも生きていくことだって出来ない。自分がちゃんとやってあげないと、生きていけないみたいな感じ。それってかなり凄いことじゃない。
 
ヒューマニティ:よく知らない存在をこれ程愛せるって、すごいことですよね。
 
AK:そう、その通り。全然一緒の時間を過ごしたわけでもないのにね。
 
ヒューマニティ:それほど個性があるわけじゃないのに、ものすごく愛している。
 
AK:ええ、本当に。
 
ヒューマニティ:人間関係の成功のポイントはなんですか?特にアーティスト活動において。
 

AK:どんな人間関係においても大切なことは、身近な存在であることだと思うの。身近な存在であって、愛する人のために時間を作って割くの。他の事や人全てに重きを置くんじゃなく、また仕事やキャリアに重きを置くんじゃないの。
 
それから、コミュニケーションが大切ね。自分がどんな人か知ってもらうの。私たち成長する、共に成長し続けるべきね。付き合いが7年、10年で終わってしまうなんてことはおかしいと思うの。あなたは始めからあなたで、何も変わらない。実際(付き合いがそんなに簡単に終わってしまうのは)酷いこと、嫌よね。だから、お互いに成長し、自分と向き合い、お互いのことを知ることが必要なの。お互いのことを知る機会があれば、その人との関係は本当に強いものになるはず。
 

私たち夫婦には”Keep It Real Tuesday” (嘘のない火曜日)って呼んでいることがあるのよ。まぁ、それが金曜日なら”Keep It Real Friday”になるんだけどね。なんであれ、正直でいようっていうことよ。誰かと深い関係になって、その人をとても愛し、その人を傷つけたくない。でもこれから話そうとすることが相手を不快にしてしまうかもしれない、だから言わないけれど、それがあなたの募る思いという状況だから、正直であるのは大変なことでもあると思う。だけど、どうであれ、最も身近な友人でなければならないわ。

HUMANITY: How do you judge success for yourself now?
 
AK: Success to me mostly is happiness, and when I say happiness I don’t mean that in a generic way. I mean if I’m going through a day and I’m feeling good, I’m feeling that I’m on my path, I’m feeling invigorated, I’m feeling inspired, I’m feeling at the end of the night that it was a good day. To me that’s success, because there is so much in the world that wants to take you out of your happiness, you know, and to figure out a way to maintain that and to maintain inspiration and to maintain excitement, vigor for life and the next thing for yourself—whatever that is, to me that’s success. So happiness to me is success. Honoring myself and honoring my family and making sure that those things feel like they’re in the right order and balance, it can be difficult but it’s possible. But to me, that’s success.
 
Are you going to bed happy? Are you waking up happy? Because if you’re not then it might be time to change something. I’ve been there plenty of times, and you know what you have to change. You’re like, “This is not good for me,” and then you have to figure out how to unwind it and unravel it and undo it, you know? And it is hard, but you know until you do that you’re not going to be happy.
 
HUMANITY: Obviously it’s a cliché, but when you become a parent your life just completely changes. I think for me it was the first time I really felt I had a real purpose, you know? Your perspective changes—how you view work, how you view family.
 
AK: How you view yourself too. I think that was the biggest change for me when I had my first son. I really kind of respected myself for the first time. I know that might sound weird, but I feel like in a lot of ways I did: I respected my time for the first time, and I respected the value of what that meant and what I was giving up when I spent it incorrectly or when I used it correctly. I just knew when to draw the line more, when I didn’t know how to do that before.
 
I didn’t feel concerned about what I was going to miss out on or what I was going to lose by not doing whatever. Like choosing to be present. That was a big lesson—you grow up. You need to grow up like that.
 
HUMANITY: When you have someone that you feel responsible for, you have to grow up.
 
AK: Yeah. And it’s wild. It’s amazing. So good. But it’s true, it’s just crazy. Especially when they first come into the world and you’re like, wow, they’re so delicate, like they need everything. They can’t even move yet. They can’t eat without me. They won’t live without me. Like, if I don’t make sure that they’re good they won’t live. It’s pretty powerful.
 
HUMANITY: It’s crazy that you can love someone so much that you don’t even really know, you know what I mean?
 
AK: Right, right. Like, we haven’t really spent any time together.
 
HUMANITY: They don’t even have a personality but you love them so much, you know?
 
AK: It’s true. It’s true.
 
HUMANITY: What’s been your key to a successful relationship, especially in entertainment?
 
AK: I think the most important thing in any relationship is presence—being present and really choosing to make the time and take the time for the people that you love; not letting everything else be more important, or everyone else be more important, not letting a part of your job be more important or a part of your career be more important, you know?
 
And communication—really talking about who you are, because we grow, and we should be growing together. There’s no way in the world you’re in a relationship for seven years, 10 years, and you’re going to be the same person you were at the beginning. No way. In fact, that would be horrible. That would be awful, right? So you’re both growing and both evolving and learning more about yourself and learning more about each other, and I think when you give each other the opportunity to continue to know each other, that really strengthens it.
 
Me and my husband, we have this thing, we’ll call it Keep It Real Tuesdays if it’s Tuesday, if it’s Friday we’re like Keep It Real Fridays, and we just have to be honest, whatever it might be. And I think that’s a really big deal too, because I think you get deep in relationships and you start loving somebody so much, and you don’t want to hurt their feelings, and you know maybe what you’re going to say will be uncomfortable to them so you don’t say it, but you feel it and it’s festering. But whatever it might be, you have to be best friends.


ヒューマニティ:ご主人と一緒に仕事していますよね。そうすると、お二人の関係がより深まりますよね。
 
AK:お互いが正直である限り同じよ。私が夫に対し「賛成できないな。私はそう思ってない」って言うと、彼が「本当に?こういう風にしたら、凄くいいと思うんだけど」って言う。それに対して私が、「うん、わかるけど、私はこう思っているの」なんてやり取りをすることもあるわ。こういったことも人間関係にはあると思う。すなわち突然意見をそれ以上言えなくなっちゃうの。だから、同時に自立している必要もあるの。
 
ヒューマニティ:これまで、母親になって学んだことは?
 
AK:母親になって学んだこと?真面目な話ね。どんなことに関して?
 
ヒューマニティ:子供に教わったことはなんですか?子供から何を学びましたか?
 
AK:たくさんあるわ。驚嘆するようなことばかり。この世の不思議と人生の不思議の世界にいるようなものね。下の子は今言葉の勉強中。「熱いお茶。木」まだこんな簡単なものね。だから私は「そうね、あれは熱いお茶ね。そう、あれは木ね、そうあれは靴下ね、あれは靴ね」って具合よ。ごく平凡で単純、たわいないことなんだけど、窓の外を見て「木」って言うのよ。素晴しいことじゃない。あの木を見てみて。木は庭に植わっていて、大きくなっている。背の高い大きな木なの。どうしらそうなるの?世の中の全ての要素は一体となって、この木になったのよ。だから、周りにある全ての物がどんなに単純なことであっても、それが驚異的であることを忘れないで。当たり前のこととしてはいけないの。とても特別なことなのよね。そうでしょ?
 
私はまだまだ素晴しいお母さんじゃないけれど、一つ学んだのは、子供達にはそれぞれの道を歩んでもらうことが大切だとういうこと。子供達は彼らなりの発見をして、それぞれの旅に出るでしょう。世界に対して自分をどう表現するか、どんな人になるのか、ってことを彼らなりの方法で見つけていくでしょうね。私たちは子供たちに、自分たちの考え、恐怖、想像を投影していると、親として思うことが本当によくあるのよ。だから子供たちを少し放っておく必要もあるの。全ての質問に答えられる訳じゃないでしょ。どうやってやるのか、を全て教える必要はないのよ。自分たちで学ぶこともあるはず、学べる機会を与えてあげるべきでしょう。
 
分かったことは、何をするべきか、どうやるか、何を急ぐべきか、間違っていること、正しいこと、悪いことを教えるのにそんなに急ぐことはないってこと。子供たちが自分たちで答えを見つければいいの。難しいだろけど、きっとできるわだろうから。子供たちを守りたいだろうけど、自分たちで学ばせることが時として彼らを守ることになるのよ。
 
ヒューマニティ:あなた達ご夫婦は大変成功されていると思いますが、お子さん達が成長するにつれ、劣等感を感じるのではないかと心配ですか?
 
AK:以前は考えたわ。だけれど、とても成功したご両親を持つ子供に会うことがあって、人それぞれだということがわかったの。とても面白い子、やり手な子、前向きな子もいれば、神経質な感じの子もいれば、内気な子もいたわ。恐らく、親の存在を身近に感じることも安心感を得ることもなかったから、ちょっと神経質な感じになっているんじゃないのかしらね。
 
だけれど、私たちが子供に正しい道を示し、いかに努力するかということを伝える限り…私が有名人であるということは関係ないから、子供達自身が努力しないと、結局何も得ることはないの。そういうことが大切だと思う。努力を恐れてはいけないわ。
 
ヒューマニティ:だけれど、結局はあなたのお子さん達は、あなたが成長してきたのとは全く違う現実の中で成長していくでしょうね。
 
AK:ええその通りね。

HUMANITY: And you work together—that must add another layer to it as well.
 
AK: It’s that same thing—as long as we can be truthful. There might be times where I’m like, “I don’t agree with that. I’m not really feeling that,” and he’s like, “You sure? Because I think if we did it this way it could be really good.” And I’m like, “I know what you mean, I just think this,” whatever it might be. I think that’s another thing that happens in relationships; suddenly you can’t have your own opinions anymore. You do have to be an individual as well.
 
HUMANITY: What have been the lessons of motherhood thus far?
 
AK: The lessons of motherhood? Damn. This is serious. In what capacity?
 
HUMANITY: What have your kids taught you? What have you learned from your children?
 
AK: A lot. The great stuff, like the wonderment of it all, remaining in wonder of the world and of life. My youngest is learning all these words now. So everything is “Hot tea. Tree.” All these simple things, and I’m like, “Yeah, that’s hot tea. Yeah, that’s a tree. Yeah, that’s a sock. Yeah, that’s a shoe.” It seems so mundane and simple and silly, but when he looks out and says “tree,” it is so beautiful. Like, look at that tree. That tree is in the ground and it grew, and it’s tall and it’s huge—how did that happen? All the elements of the earth came together and made this tree. So to not forget to be in wonder of all the things around you, as simple as they might be. Not taking them for granted. It’s so special, you know?
 
Another big lesson I’ve learned, and it’s a hard one—as a parent, I’m still figuring it out; I can’t say I’ve mastered it or anything but letting go, letting your kids have their own path. They are going to discover and they have their own journey, their own way they’re going to figure out how to express themselves in the world and who they’re going to be, and I think a lot of times as parents we project our thoughts or fears or images on them, and we have to let them be a little bit. We can’t always answer every question; you don’t have to tell them how to do it. They can figure it out, and we should give them the space to figure it out.
 
So what it’s taught me is to not be so quick to tell them what to do or how to do it or what’s the right way or what’s the wrong or what’s good or what’s bad. Let them figure it out, because they will, but it’s hard. You want to protect them, but sometimes you protect them more by allowing them to learn for themselves.
 
HUMANITY: You’re both very successful. Are you ever concerned that the two of you could overshadow them as they get older?
 
AK: I have thought about that before and I have met children of successful parents and it goes many different ways. Some are really interesting, go-getters and forward thinkers, and some are really almost nervous and shy and almost crippled. Maybe they haven’t felt the presence of their parents or the stability and that’s crippling in its own way as well.
 
But I think as long as we are giving them the proper guidelines and teaching them how to put in the work—because it won’t matter what I do, it won’t be real if they don’t put in the work and to me that’s important. You can’t be afraid of work.
 
HUMANITY: But at the end of the day your kids are going to grow up with a completely different reality than you did.
 
AK: True. True.


ヒューマニティ:親として、子供がお金や様々なものを容易く手に入れられるようになった時、どう普通の子供達と同じように生活させますか?
 
AK:私は制限を重視しているの。何かが欲しければ、そのために努力しなければいけない。実際息子にはポイントシステムというものがあって、何かを得るためには、ポイントを稼がなくてはいけないの。努力して得るってことは大切なことよね。
 
お金の価値はとても重要で、今我が家でもそれについて話しているわ。
 
もちろん、子供たちの状況は違うと思うけど。だけど、例えば、おもちゃ屋さんに行ったとき、息子は欲しい物なんでも買ってもらえるわけではないの。「どれが1つ欲しいの?」って聞くと、息子は「あれと、あれと、あれ」って答えるのよ。「だけど、1つにして。どれにする?」って私は言うの。
 
これが制約を設けること。それから、私たちは、ほかの人が何を必要としているか、それに対して息子がどう手を差し伸べられるかということについて話すの。毎年お誕生日の時には、息子は自分のおもちゃを並べて、どれがもう自分に必要なくて他の人にあげてもよい物かを決めるの。物事の流れをについて意識すること。私たちは、何かを得るために差し出さなければならないし、差し出すために何かを得るのよね。そうでしょ?
 
ヒューマニティ:自分のためにではなく、多くの人を助けるために、(あなたの様に)何らかの運動に参加する人の姿は素敵ですよね。そこで、“Keep a Child Alive”と”We Are Here”の創設者としての活動について教えてください。
 
AK:”Keep A Child Live”に携わるようになったのは15、6年前のことよ。これは私が携わった初めての団体で、若くして、こういった活動を学ぶ機会を得られて本当に恵まれていたと思う。”Keep a Child Alive”では、エイズにかかっていながら薬を手に入れることの出来ない家庭や子供に薬を提供しているの。それから、エイズに関連するケアもしているわ。治療、検査を受けに行くことも、食べるものが簡単に手に入る所ばかりではないの。エイズの薬飲む、食べることだってままならなかったのよ。重要なことは、現時点で私たちが約250万人の人を助けてきたってことよ。
 
“We Are Here”運動に関しては、個人的な怒りがあったのよ。テレビをつけると絶えることなく失礼な言葉や不平等が見受けられ、それに腹を立てていたの。これこそが、”We Are Here”が主にフォーカスを当てていること、すなわち、世界中の不平等と正義が活動の目的なのよ。”We Are Here”では、様々な問題に取り組む組織に注目しているの。これらの問題や取り組みに目を向けた時点で、様々な方法で世界をより良くしようとする活動の一員であると思っているわ。
 
それから、銃問題、司法制度改革、戦闘地域の子供、貧困、飢餓問題にも関心をもっているわ。それから、女性の権利向上と男女均等給料。2016年だけど、未だ労働現場での女性差別について話し合っているの。もう、うんざりよ。
 
ヒューマニティ:”Hallelujah”のミュージックビデオは明らかに難民の置かれた状況を表したもので、まるで私たちの個人も影響しているかのように思わせるものですね。ここアメリカにいると、(難民生活は)ここで起きていることではないから、我々の生活に影響を及ぼすことはないと思うことがよくあります。このビデオで伝えたかったのは、辛い状況を母子共に乗り越えようとする姿ですね。
 
AK:そう、そこがこのビデオの要点なの。我が家の裏庭に作ったセットだったんだけど、アメリカにいる私たちが移民問題をどう捉えているか、もし同じことが私たちに起きた時のことを考えるのが重要なのよ。私たちと国境接している人たちが、我々に快く国境を開いてくれるのだろうか?ってね。
 
そうするべき。全ての人たちがそうするべきよ。まるで、「ここはお前たちの居場所じゃない」かの様な態度を取ったり、この強烈でぞっとするような状況下に置かれながら、それを乗り越えようとしている人たちに対し、どう助けたらいいのか分からない、なんてことはあるべきではないの。もっと慈悲の気持ちをもって人に接さなければいけない。そうでなければ、私たちはモンスターになってしまうわ。恐ろしいことよ。選挙が行われる年だけど、こういった傾向が見受けられるわ。私たちがモンスターになってはいけないわ。
 
ヒューマニティ:音楽史におけるあなた地位は確固たるものですが、あなたにとって重要なものは?どう定義つけられたいのですか?残していきたいものは?ミュージシャンの枠を越えて、どのように人に思われたいですか?

HUMANITY: So as a parent, how do you keep them grounded when they have so much access?
 
AK: I’m big on limitations. I’m all about earning it. He actually has a point system that he has to earn in order to do certain things. So I think earning is very important.
 
The value of a dollar is very important and that’s something that we talk about now. He has what he saves and what he’s going to spend and what he gives away.
 
Surely it’s going to be different for them. But if we go to the toy store, he can’t just get everything that he wants. “What one thing would you like today?” And he answers, “I want that one and that one and that one.” “But you got to pick one. What are you going to pick?”
 
So just limitations, and we talk a lot about what other people might need and how he could be helpful to that. Every year on his birthday it’s time for him to look at the toys he has and figure out what is he ready to give away to somebody else. Just consciousness about how it all flows. We all have to give to receive and receive to give, you know?
 
HUMANITY: It’s refreshing to see somebody lending themselves to something bigger than themselves. Can you tell me about your work as a founder of Keep a Child Alive and the We Are Here movement?
 
AK: I got involved about 15 or 16 years ago. It was the very first thing I ever got involved in, and I’m so blessed to be able to learn that so young. Keep a Child Alive provides medicine for children and families who have AIDS who can’t afford it. We also provide surrounding care around that as well. There are just not a lot of places you can go and get treated or get tested or get food even, and you can’t take AIDS medicine and not have eaten. It’s important; at this point we’ve helped almost 2.5 million people.
 
With the We Are Here movement I was just personally angry—angered by turning on the TV and every second seeing this constant disrespect or inequality, and that’s really what the main focus of We Are Here is about; it’s really about inequality and justice all over the world. So We Are Here focuses on different organizations that focus on issues that I believe, when we look at them all together, will really be part of what will change the world for the better in so many ways.
 
We care about gun violence, about justice reform, children in war-torn environments, poverty and hunger; we care about women’s empowerment and equal pay. We’re in 2016 and we’re still talking about inequality of women in the workforce. Give me a break.
 
HUMANITY: Your “Hallelujah” video is obviously a look at the refugee situation, forcing us to think about it as if it was affecting us personally. Oftentimes we here in the States think it’s not here so it doesn’t affect us, so when you put it in that context you have to think of it as just a mother and a child who are going through this together, and that’s the takeaway.
 
AK: That was exactly the point of doing this video—to set it right in our backyard. It’s just so important how we’re dealing with the immigrant issue here in this country and just to think about if this was happening to us—would people on our borders be willing to open their borders to us?
 
They should; we all should. It should not be this way where we’re treating people as if they don’t belong or we can’t figure out how to help them, while they are suffering and going through this drastic, horrid circumstance. We have to look at each other with more compassion. It’s kind of turning us into monsters. It’s pretty scary. This election year is definitely displaying that mentality. It’s just so important that we are not turning into monsters.
 
HUMANITY: Your place in music history is cemented. But what’s important to you? How do you want to be defined? What’s the legacy that you want to leave—how do you want people to see you beyond just a musician?


AK:いつまでも残る、時代を感じさせない音楽を作り上げた、史上最も素晴らしいアーティストとして記憶に残りたいわ。私をインスパイアしてくれた偉大なアーティストたちのようにね。
 
だけれど、本当に変化をもたらした人のひとりとしても知ってもらえたらいいわね。私が尊敬してやまない素晴しいアーティストたちの中には、彼らが信じていることや世界の問題点についてはっきり意見を述べる人もいたわ。そういったことでも人々の記憶に残りたいと思っているわ。
 
私たちが今本当に力を入れて取り組んでいることのひとつに、司法制度改革があるの。司法制度において、改革されるべきことがたくさんあるわ。司法制度は崩壊しているわ。暴力犯罪じゃないことで、若者が一生収監されるの。私たちは、そういった人たちがいかに扱われるべきか、ただ収監して釈放のチャンスを与えないだけではなく、それとは対照的に、実際彼らを更生させ社会復帰させることだって出来るということを考えなければいけないの。ただ閉じ込めておくというのは、古い考え方よ。
 
みんなが手を取り合って、このような政策を変えられるようにしたいと思っている。そして、できれば、今起きていることに目を向けてって言える発言権を持ちたいわ。これこそが、私が意見を述べ、歌い、人々と関わるチャンスを与えられている理由だと思っているの。だからこの様な現状も変えられると思っている。この状況がずっと続いてはいけないわ。
 
ヒューマニティ:あなたにとってのヒーローは誰ですか?
 
AK:私の母ね。明らかに彼女は私にとってのヒーローだわ。私に多くのことを教えてくれた、とてもパワフルな女性よ。
 
それから、”We Are Here”活動での私パートナーであるリー・ブレイクよ。彼女は私の目をアクティヴィズムへ向けさせてくれた人よ。ただ傍観者でいるのではなく、大胆で勇気のある、運動のために飛び回る活動的な市民であることを教えてくれたの。だから、私は彼女を本当に称賛しているわ。
 
それからマヤ・アンジェロウ。彼女の美しい言葉や詩、とても前向きにと人生に目を向ける姿勢は、私にとってともてパワフルものなの。
 
ヒューマニティ:最後の質問です。あなたについて、恐らく人が知らないけれど、知ってもらいたいことはありますか?
 
AK::彼らが見つけると思う。すぐにでも見つけられると思うわ。

ヒューマニティ:そうですね。今日はありがとうございました。何か他にありますか?
 
AK:大丈夫、全部お話しできたと思うわ。もう一つごく最近分かったことは、いかに自分らしくいるか、いかに欠点があっても心穏やかでいるか、そして、もういろいろ気にしなくなったわ。他人は他人と思うこと、だってね、長く生きれば生きるほど、いろんなことが分かってくるでしょう?私たちは、人を喜ばせようとしたり、他の人と同じ様に見せよう、同じようになろうとすることに捕らわれるでしょ。個人的には、もうそういうことに捕らわれる必要のない、心地よい状態にいるわ。今までとは全く違う精神状態よ。
 
ヒューマニティ:その話は面白いですね。今回のアルバムを聴いて、今日実際こうしてお会いするまで、違った見方をしていました。以前よりあなたのことがずっと理解できた気がします。
 
AK:そうね、わかるわ。だって以前よりオープンになったんだもの。閉鎖的なつもりは以前もなかったし、意図的にそうしていたわけでもないのよ。
 
ヒューマニティ:なるほど。私にとって、60、70年代はアーティストは仲間であって、その世代の声を代表しているかのようでした。MTVの影響かどうかはわかりませんが、それがある時点で切り離された存在になっていますよね。
 
AK:そう、その世代の声、そんな風に人々の記憶に残りたいわね。ありがとう。それが私が求めていものだわ。

AK: I definitely want to be remembered as one of the greatest artists of all time that created timeless music that will live forever; like, how I feel about some of the great artists that inspired me, I definitely want that.
 
But I also want to be known as somebody who really was a part of change, you know? Some of the greatest artists that I have admired really spoke out about issues and things that they believed in and what was wrong in the world, and I want to be remembered for that.
 
One of the things we’re working really hard on now is justice reform, because there is so much that has to be changed about our justice system. It’s broken. Young people are being locked away for their entire lives for a nonviolent crime. We have to think about how we can treat people and how we can actually rehabilitate people as opposed to just locking them away and throwing away the key. It’s a very old concept.
 
I want to be able to have the ability along with all of us together to change those policies and to hopefully have a voice to say look at what’s going on. I think that’s why I have been given this opportunity to speak and to sing and to relate to people; it’s so that we can also change shit. It doesn’t have to be the same forever.
 
HUMANITY: Who are some of your heroes?
 
AK: My mother. She’s obviously a personal hero. She’s definitely a very powerful woman to me who has taught me so much.
 
My partner in the We Are Here movement, Leigh Blake, she’s the one that decided to open my eyes to activism and to be an active citizen, not just standing back but being bold and brave and swaggity and fly about it, you know? So I really admire her very, very much.
 
Maya Angelou is a personal hero for me—those beautiful words and those poems, and that way to look at life in triumph is really powerful to me.
 
HUMANITY: Last question: What’s something that maybe people don’t know about you that you’d like them to know?
 
AK: They’re going to find out. They’re going to find out right now.
 
HUMANITY: That works. Thank you very much. Unless there’s anything else you want to cover?
 
AK: I think that’s everything. Well, maybe just one other thing I’ve learned more recently is how to be fully yourself and how to just be at peace with imperfection, and really letting go of that. Because I think that the more I live, the more I see. We get very caught up trying to please everybody else and trying to look like everybody else and be like everybody else. And I just personally am in a comfortable place where I really don’t want to do that anymore. I feel so different than I’ve ever felt before.
 
HUMANITY: It’s funny you say that because my perspective on you was different before meeting you and hearing this last record. I think before I saw this artist on a stage, and this record, it just feels so relatable.
 
AK: Yes, yes. And that’s because I’ve finally let down the curtain. I’ve let go. I didn’t mean to be that way before; I definitely didn’t mean to do it.
 
HUMANITY: It’s funny, to me in the ’60s and ’70s it almost seemed like artists were the peers, the voice of that generation, and I don’t know if it was MTV, but at some point it just kind of disconnected, you know?
 
AK: That’s how I want to be remembered, as the voice of a generation. Thank you, sir. That was what I was looking for.
 
 
Fashion Credits:
 
Look 1 – Xuly Bet Black Bodysuit

Look 2-4 – Louis Vuitton Silk Bomber Embroidered Jacket, Dries Van Noten Silk Bra

Look 5 – The Estate of Jean Michel Basquiat Cotton Scarf, Denim Jacket and Customized T-Shirt by Citizens of Humanity