ANTHONY KIEDIS

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail to someone

INTERVIEW BY HUMANITY | PHOTOGRAPHY BY SCOTT LIPPS | STYLING BY EVET SANCHEZ | GROOMING BY JASON SCHNEIDMAN | MUSIC

Responsive image

ヒューマニティ:レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、そのサウンド、スタイル、全てがL.A.的ですね。「L.Aネイティブ」であるということは、どんな意味があると思いますか?L.A.のどんなところが気に入っていますか?
 
アンソニー・キーディス:それは、「ネイティブ」をどのように定義するかによるだろうね。俺はミシガン州の生まれだけど、11歳の時にL.A.に住むことを選択した。60年代の後半と70年代の前半におやじの住むこの地を訪れた後、アメリカの中西部と西海岸の文化の違いについて考えたんだ。そして、本当にこの地に魅了された。ロサンゼルスのエネルギーは、子供の俺に魔法をかけた。この街はそういうところなんだよ。砂漠、ネオン、ヤシの木、L.A.にあるものは全て、何か特別な雰囲気があるね。あらゆることが可能だと約束されているかのようだ。大量のレンガが頭を直撃したかのような衝撃を受けて、俺は1973年にL.A.に移った。当時のL.A.は、今と比べたら全く違う場所だった。だけど変わっていない側面もある。ここは自分の夢を探すために来る場所なんだ。夢が叶っても叶わなくても、無残に夢破れても、その途中の状態であってもね。あるいは自分すら気付いていなかった別の夢が、自分のことをずっと待っていて、それを見つけたりすることもある。それは、道が続いているからなんだ。俺はこの土地の魅力的な雰囲気や、ロサンゼルスにある谷、山、砂漠、コヨーテの独特の性質を信じている。それはまるで魔法のトリックみたいなものなんだよ。

HUMANITY: The Red Hot Chili Peppers, your sound, your style—everything is so L.A. What does it mean to be an L.A. native? What do you love about L.A.?
 
ANTHONY KIEDIS: Well, it depends on your definition of a native. I was born in the state of Michigan and actually selected L.A. as my city of choice at 11 years old. After coming out here to visit my father in the late ’60s and early ’70s, I kind of weighed the cultural experiences between the Midwest and the West Coast. I was really enchanted. Los Angeles put a spell on me as a kid with its energy, and I think it does that to people. There’s something about the desert, the electricity, the palm trees—just the promise that anything is possible. That hit me like a ton of bricks, and by 1973 I made my way to L.A., which was a completely different animal at that time relative to 2015. But there is that thread that it hasn’t lost, which is, this is where you come to explore your dream; whether or not the dream comes true, you fail miserably or somewhere in between, or you find another dream you didn’t even know was waiting for you, that thread maintains. I give credit to the enchanting vibe of this place, the inherent nature of Los Angeles and its valley, its mountains, its desert and its coyotes. It’s kind of a magical trickery.

Responsive image

ヒューマニティ:何が変わりましたか?失ったものは?
 
アンソニー:昔みたいな変なエネルギーは無くなったね。あと、昔はそれぞれが自分のペースで自分を内省するとか、周りで起こっていることにも興味を持ったりしていたと思う。俺が初めてL.A.へ来た時、ここはもっとスローでサイケデリックだった。空気感とか、ストリート、スケートボード、色、ファッション、音楽。全てがそれぞれのペースで存在していて、共存していた。今よりももっとナチュラルで、オーガニックな感じだったんだ。
 
ヒューマニティ:父親としてどんなことを学んでいますか?
 
アンソニー:おっと!ちょうどその内容の本を読んでいる最中なんだ。だからもう少しすればもっとわかってくると思うけど…。ただ1つ確実に言えるのは、息子ができるまで、愛というものがなんなのか、実際にはまるで知らなかったということだ。俺は色々な種類のあらゆるものを愛してきたけど、最も深く、最も犠牲的で、無条件の、死をもいとわない愛については、何も知らなかった。俺は息子に少しでも良い体験をさせるためなら何でもするし何でも与えるよ。父親になって、自分よりも他人を気遣うことを学んだんだ。今でも学んでいる最中だけど、忍耐や、すぐに批判したりすべきでないこと、彼には「こうして欲しかった」とか、これをしてほしい、あれをしてほしい、というような多くの期待を抱いたりするべきではないことなんかを学んでいるよ。彼がどのような道に進むのかをそばで見て、その手助けをするだけだ。すごく面白いよね。だって、自分はかつてその力学の反対側にいたんだから。「親は何でいつもあんなに神経質で、人のことに口を出すんだろう?」って思っていたんだ。両親がいつも何をそんなに心配しているのか、疑問に思っていたからね。父親になると、その理由を理解できるんだ。

HUMANITY: What do you think has changed? What do you miss?
 
AK: The things that I miss are kind of at an energetic level and they have to do with things moving at a different pace, where you can pay closer attention to your own thoughts and the things that are going on around you. When I first came here it was slower and more psychedelic. The atmosphere, the air, the streets, the walking, the skateboarding, the colors, the fashion, the music—everything moved at a pace where you could kind of take it in, contemplate and create; it was a more natural, organic interaction with yourself and things around you.
 
HUMANITY: What have been the lessons of fatherhood?
 
AK: Whoa! I’m right in the middle of that book, so more will be revealed, but … I guess one thing it’s taught me is that I never really knew what love was all about until I had a son. I was in love with all kinds of different things, but I never knew what that deepest, most sacrificial, unconditional, to-die-for love was really all about. I would do anything, give anything for the betterment of his experience. It’s taught me to care less about myself and more about someone else. The ongoing lessons are things like patience and not being judgmental and full of expectations, like: “Oh, I want him to turn out this way,” or I want him to be this or to be that. You kind of have to just see where he’s going and try to help him with that. It’s so hilarious, because we grew up on the other side of that dynamic, just wondering what our parents were tripping about all the time—“Why are they so hypersensitive and care so much?” And then you get to fatherhood and you understand.

Responsive image

ヒューマニティ:親があなたのような成功を収めると、子供には多くのプレッシャーが生じますよね。どうやって、それがお子さんに影響しないようにしていますか?
 
アンソニー:素晴らしい質問だね。おそらく、子供の前でどのように振る舞うかが大事なんだと思う。俺は息子に、人生のあらゆる側面を見せ、自分がどこから来たのかを分かってもらおうと努力しているよ。生まれた直後から、彼が将来何をしたいのかに関わらず、お金を稼がなければならないものだと教えている。俺が彼にお金を与えたら、すべて意味がなくなってしまうから。それに、息子はまだ8歳だけど、達成感を抱いたり夢を叶えたりするためには、またそれを思う存分楽しむためには、働かなければならないということを、理解し始めている気がするよ。子供を甘やかすだけの親には決してなりたくないんだ。それでは、試練や苦難、失敗、いろいろ試してみることや自己発見の旅を体験できなくなってしまう。彼がそれを実現できるか否かは、俺次第なんだ。でも俺はとても幸運だ。だって、息子はすでに自分を持っているんだ。俺が彼に何かをさせようとすると息子はこう言うんだ。「パパ、それはパパのやりたいことでしょう。僕のやりたいことじゃない。僕は僕のやりたいようにやるよ」。今のところ彼はプレッシャーを感じていないようだよ。子供が、何らかの期待に添うように生きなければならないとしたら、それはあまりに不公平だ。彼らはそんなくだらないことに従って生きる必要などない。ただ自分の人生を生きればいい。
 
ヒューマニティ:あなたはこれまで、依存症との闘いをオープンに語ってきました。そして依存症は遺伝的なものとも言えますよね。息子のエヴァリー君にも、それが引き継がれるかもしれないと思うと、恐ろしくありませんか?
 
アンソニー:時々頭を過るよ。だけどそれは、常に自分自身が考え続けるような不安ではないよ。時々依存症と闘っている子供を見ることがあるけど、彼らの親も依存症だったことが分かる。だけど、特定の遺伝子を持って、絶対にその影響が出るとは限らないよ。くじ運みたいなものでね。エヴァリーが今後どうなるのかを見届けるのには興味はある。彼は、こんなおかしな母親と父親の組み合わせのなかで生まれてきた。依存症になるかならないかは五分五分だよ。常習行為や、常習者に触発された社会的秩序を乱す行為を目にするような環境で、彼が育つことはないはずだから、強い精神基盤を持って、安定した家庭と感情的土台を築いてほしいよ。エヴァリーが依存症になってしまったとしたら、それは困難な状況になるけど、それはそうなったら考えることさ。
 
ヒューマニティ:あなたはお父さんとの関係や、若い頃のことについて、よく話されていますよね。そこから学んだことのうち、息子さんとの関係に活かされていることはありますか?一方で、あなたとお母さんとの関係は、より伝統的なものですね。そのバランスについてお聞かせいただけますか?ご両親から学んだことのうち、何を自分に生かしたいですか?
 
アンソニー:現在の俺は、俺が小さい時に育ててくれていた頃のおやじとは全く異なる人間だけれど、似ているところもたくさんある。例えば俺はシングルファーザーだ。息子と2人だけでこの屋根の下に住んでいる。俺がまだ子供で独りでは何も出来ない頃、おやじは自分のことで精いっぱいだった。彼はすごくクリエイティブなことに興味を持っていた。それは、幼い子供と共有するようなものではないと僕は思っている。おやじは、ペースを落としたり、子供の心がいかに傷つきやすいかについて熟考したりすることができなかった。子供がいる生活は彼にとってやることが沢山ありすぎるし、あまりにも急ぎすぎたんだ。俺の子育ては全く異なるものだよ。俺たちは田舎に住み、海の近くで目覚め、朝一緒に宿題をやり、一緒に運動をし、散歩に出かける。俺自身の幼少期と比べると全く対極にある体験だ。息子はそれが気に入っているようだよ。彼は本当に生き生きと成長している。新鮮な空気、海、木々に囲まれて。すべて、俺が子どもの頃には周りになかったものだ。俺はいつも、息子が街中で暮らしたいと思っているんじゃないかと考えるんだけど、すると息子は言うんだ。「そんなわけないよ。ここは最高さ!」。今でも、おやじが伝えてくれたものを息子に伝えることがあるけど、おふくろが俺に与えてくれた、より安定した生活を今は生きている。今思えば、おふくろは毎日毎日働きに出かけていたよ。とても落ち着いていて、僕にインスピレーションを与えてくれた。彼女は世界中を旅行しながら愛する者をいつも気にかけていた。それにひきかえ、おやじはヒッピーで、自由に動き回り、働く時もあれば働かない時もあったよ。でもそれも貴重な体験だった。義父は、僕の知る中で恐らく最も正直で優しい人だった。彼は若くして死んだけど、僕の家族の毎日の生活に大きな影響を及ぼしているよ。おそらく俺は、こういった要素を少しずつ組み合わせてエヴァリーに与えようとしているんじゃないかな。

HUMANITY: When a parent has the kind of success that you have had it can really add a lot of pressure. How do you not let your success overshadow him?
 
AK: That’s a great question. I guess it has to do with the way you act around your kid. I try to show him all sides of life and let him know where I come from. From the very beginning I let him know that whatever he wants in life he has to earn, because if I give it to him it’s not going to mean anything. And I think, even though he’s only 8 years old, he’s slowly starting to understand that it’s all about working for what you have, working for your experience, in order to enjoy and appreciate it and feel accomplished and fulfill your dreams. I never wanted to be one of those parents who just spoils; that doesn’t allow my son to go have his own trials, tribulations, failures, experiments and journeys of self. It’s totally on me to provide that. I think I’m also kind of lucky, because he was born his own person, like whenever I try to get him to do what I like to do, he’ll say: “Dad, that’s your thing, that’s not my thing. I want to do my thing.” So far he feels no pressure. It’s so unfair when children feel like they have to live up to something. They don’t have to live up to shit, they just have to live their own lives.
 
HUMANITY: You’ve been so open about your battles with addiction, and presumably addiction is hereditary. Is it ever scary for you to think about—that this may be a battle for Everly?
 
AK: It crosses my mind from time to time, but it’s not one of those weird lingering worries that I have. Every now and then I see a kid struggling with addiction, and I know their parents had struggled with addiction, and that will be interesting to see where Everly goes with that. But I don’t think it’s a guarantee that a child gets that particular gene. It’s kind of the luck of the draw. He’s chosen such a bizarre combination of his mother and father’s genes so far that I feel like it’s a real 50-50 whether or not he’ll end up dealing with addiction. I think he’ll grow up in a world where he’s not surrounded by addictive behavior, or addictively inspired dysfunctional behavior, so hopefully he has kind of a strong emotional basis to begin with, a solid family and emotional foundation to fall back on. If it happens, it would be difficult but like many bridges, I’ll cross that one when I get to it.
 
HUMANITY: It’s pretty well documented the relationship you had with your father, and what you were exposed to at a young age. What are some of the lessons you learned that you’re applying in your relationship with your son? And then on the flipside, the relationship you had with your mom was definitely more traditional. Talk about that balance, and what you’re applying that you learned from them to parenthood.
 
AK: I’m such a different person at this point in my life than my father was when he was raising me, but there are still tons of similarities. For example, I’m a single father, so it’s just my son and me living under this roof. However, he was just very wrapped up in his own lifestyle when I was young and impressionable. He had very creative interests, but I think it’s about what not to share with a young person. He wasn’t able to slow down and contemplate how fragile a young heart can be. It was too much too soon. Me raising my son is a wildly different experience. We live in the countryside, we wake up next to the ocean, we do homework together in the morning, we exercise together, we go for long walks together. It’s kind of this other-end-of-the-spectrum experience compared with my own childhood. And my son seems to love it. He really thrives on it—he thrives on the fresh air, the ocean, the trees and all this stuff I did not grow up around. I always thought he would want to have a place in the city, and he says: “Why would I? It’s so great out here!” I still introduce him to some things my father introduced me to but live more of the reliable life that my mother offered me. In retrospect, if I look at my mother, she went to work every single day of her life. She’s so together and she just inspires me. She travels the world and takes care of her loved ones, whereas my father was much more that hippie, free-flowing, maybe-I’ll-work-maybe-I-won’t but was part of a lot of great experiences. And my stepfather was probably the most honest and caring person that I’ve ever known. He died very young, but his influence on my family is visible every single day. So I guess I’m trying to give Everly a little combo platter.

Responsive image

ヒューマニティ:去年の今ごろと比べて、何が違うと思いますか?なぜ今のところ依存から立ち直れていると思いますか?
 
アンソニー:自分にとってはとても困難な日々だったよ。依存症を克服しようと決めた時は頑張ろうと思った。ほとんど死ににそうになるまで薬をやってきたから、数年前に回復への方法がわかった時、迷うことなくチャンスに飛びつき挑戦した。でもその過程はやはりとても大変で5年後に再発してしまったんだ。その後の5年間はなかなか回復できずにめちゃくちゃだった。だから最終的に2000年に完全克服したとき、僕はクリーンになってとても嬉しかった。その状態を大事にして、以前とは異なる方法で物事を進めていかなければならないことに気がついたんだ。調整をして、気の合う人間と一緒にいるように心がけた。そこにエネルギーを注ぎ込むことで、100倍のものを得られることを学んだんだ。
 
ヒューマニティ:あなたがおっしゃったことでずっと私の心に残っていることがあります。初めてリハビリ施設へ行った時、みんな外見はあなたと全く異なるけれど、それぞれの中にあなたと同じ人間を見ることができたとおっしゃっていました。そしてそのことが、思いやりの発見に役立ったと。他人を思いやる際のシンプルな考え方ですが、貴重な体験だと思いました。
 
アンソニー:思いやりを実際に感じる自分の能力は、現れたり消えたりするんだ。誰かが自分のことを高速道路で追い越したりした時、「覚えてろよ!」なんて言ってしまうばかげた日もある。でも、ちょっと落ち着けば、他人の状況を考えられる時もある。他の人をも家族のように考えられれば、「痛い目にあわせてやる!」なんていう感情は湧いてこないはずなんだ。大事なのは、自分を抑えて、落ち着くことだ。俺は依存症の会に赴く。少し落ち着いて、他人の話を聞くことができる。例えば、これまでの2年間麻薬におぼれていた21歳の少女が、完全な地獄の中にいて自分自身を見失っていたけど、1週間麻薬を断って、首筋に血管を見つけることができなかった話を聞いて、俺も自分の時の絶望感を思い出す。本当に良くない絶望感だ。俺はこの人とつながっている気がした。今日という一日、この24時間には、俺はそういうことを体験せずにいるという事実の中で実際にその苦しみを感じるんだ。俺にはそういう場に行って他人の体験を聞くことが大切なんだ。そしてそれが、真の思いやりを感じる瞬間を僕に与えてくれる。それは大変なことだけどね。
 
ヒューマニティ:この数年間で、あなたのクリエイティブなプロセスはどう変わりましたか?
 
アンソニー:驚くほど変わっていないね。曲を作る時のクリエイティブなプロセスにおいて挑戦しなければならないステージは数多くあるし、いつでも準備が整っている必要がある。バンドの練習をしたり即興で演奏したり、音をよく聞いて夢中になったり、一瞬でメロディやリズムを見つけたり。それから、作詞のプロセスだね。誰かが楽器の録音を聞かせてくれて、俺は座ってその音を聴く。車に乗っている時にアイデアを得ることもあるよ。そうしたら車を路肩に寄せてそのアイデアを形にするんだ。アイデアは二度と浮かばないことがあるから。飛行機の中でも電車の中でもどこでも、何らかのエネルギーやアイデアがある何かが目の前を通り過ぎるのを感じた時はいつでもそうするんだ。俺が一つ学んだことは、それをその場で捕まえなくてはいけないということ。そうすれば「覚えている!」と言える。時々その波が訪れるのを待っていると、素晴らしいアイデアや平凡なアイデア、あるいはメロディが浮かぶことがある。僕は座ったまま、忘れないようにそれを何百回も繰り返し歌うんだ。それで車に戻り携帯でそれを録音する。その部分は変わったね。あらゆることを携帯電話に録音できるのは、25年前とは違う。当時は、出かける時はいつでも、小さな古いテープレコーダーを持ち歩かなくてはいけなかったからね。俺は朝に曲を書く人間なんだ。朝起きると部屋を片付けてノートと鉛筆とCDとラジカセを取り出し座ってただただ書いた。良い曲を書くためには、毎日ほんの数時間を管理すればより良い収穫を得られるということを発見したんだ。毎日描くことを自分に課している画家のようなものだね。アイデアを得られるような1日になることを、望んでいるだけだよ。今より良くなろうとしたら一生懸命に働くしかない。フリーも一緒だよ。彼は絶えず練習しているんだ。彼は生まれてからずっとベースを弾いている。それでも1日でも練習を休めばいい演奏は出来ないんだ。

HUMANITY: What do you think the difference has been this last time—why has sobriety stuck for you now?
 
AK: It’s been a complicated run for me. As soon as I got introduced to the concept of getting well from an addiction I loved it, because I had done this using thing to death, so when I got offered a solution, I jumped all over it years ago. But you know, it takes work and dedication, and after five years I ended up relapsing, kind of going in and out for the next five years, and that’s fucked up. So when I finally got back into it in 2000, I loved being sober, so I embraced it and I realized I have to do some things differently than I did the previous time. I made little adjustments and I tried to surround myself with like-minded people, so that I have constant reminders that the more energy I put into that, I get back 100-fold.
 
HUMANITY: You said something that stuck with me, that when you first went to rehab you’d see all these people that looked so different on the outside from you, but you’re actually able to see yourself in every one. And it helps with finding compassion—it’s a simple idea, to have compassion for someone else, but a rare practice.
 
AK: My ability to actually experience compassion comes and goes. There could be part of the day where somebody passed me up on the PCH and I’m like, “I’m going to teach them a lesson.” Something idiotic and chaotic like that. Or if I just slow down a little bit and get into that mindset that I don’t know what that person is going through. If you just pretend like everybody out there is a family member, it’s really hard to go to that place where you’re like: “I’m going to get you.” It’s about checking yourself and slowing down a little bit. I go to meetings, so I can slow down and listen to the story of somebody else. Maybe a 21-year-old girl who’s been shooting dope for the last two years of her life and is in complete hell and lost herself and then she gets a week clean and she’s in a meeting sharing about not being able to find a vein in her neck. And I’m like, yes, I do remember that desperation. That’s no good. I now feel connected to this person because I see and feel the suffering in the fact that I got one little glimpse of not having to live like that today, in this little 24-hour segment. So my life kind of depends on showing up and listening to other people’s experiences, and maybe that gives me an opportunity to actually feel a moment of true compassion. It’s work.
 
HUMANITY: How has your creative process changed over the years?
 
AK: It’s strikingly similar in many ways. There are so many different stages that I have to try and be available in the creative process. We’ll have band practice and improvise—I listen and kind of lose myself and find melody and find rhythm in the moment. Then there’s the songwriting process, where the guys will give me an instrumental recording and I have to sit with that music. Then there’s the part where you’re just in the car and you get an idea, and you have to pull over and work on the idea because that idea might never come again. You’re on an airplane, or a train, whatever—whenever you feel that little tiny cloud moving through you that has some energy and some ideas. One thing I learned is to seize that, because you can say: “Oh, I’ll remember that!” Sometimes I’m out there waiting for waves to come and I’ll get a great idea or a mediocre idea or maybe a couple of melodies that string together, and I’ll sit there and try to sing it over and over a hundred times so that I won’t forget. And then I get into my car; I’ll break out the phone and record it. That part has changed, being able to record everything on your cell phone is different than it was 25 years ago, when you had to have a funky little tape recorder with you wherever you went. I’m a morning writer—I get up in the morning, clear the house out and get out my notebooks and my pencils and my CDs and my boom box and I’ll just sit there and write. I find that the more regimented I can be in putting a few hours of work in every day, the more benefits I reap when it comes to writing good songs. It’s like a painter that forces himself to paint every day, just hoping that could be the day it happens. I believe to be good you have to work hard. It’s the same with Flea; he practices constantly. He’s been playing bass his whole life, but he’s no good unless he practices every day.

Responsive image

ヒューマニティ:年を取ることや一線のミュージシャンであり続けることにプレッシャーを感じていますか?
 
アンソニー:プレッシャー?いや感じていない。第一線に立ち続けることは難しい、それは認識しているよ。ものすごくね。でも、常にクールな何かにならなきゃといったプレッシャーは感じていない。自分たちはそんなものになるつもりはない。自分たちは既にそれを実現したんだから。僕は、好きな作詞家の動きを注意深く見ているよ。彼らは僕よりもずっと賢くて、歌詞を書くのがうまい。ポール・マッカートニー、ニール・ヤング、ランディ・ニューマン。彼らはみんな並外れた、才能にあふれた作詞家だ。だけど彼らは現在、誰一人、20代や30代の頃と比べて真に素晴らしい作品を残せていない。僕はいつも不思議に思う。「なぜだ?彼らは今も才能にあふれ、頭が良くて、音楽への愛にあふれている。決してあきらめていない。なのに以前のような曲は書けない。時々、思いがけず宝石を発見したかのように良い曲を生み出すし、彼らのライブは今も驚くほど素晴らしい。多分それはサイクルのようなもので、一度達成した方法で、再び人々の心を圧倒したり感動させたりする曲を書くことは、ほぼ不可能なんだと思う。例えてみると、一度家を買う余裕ができると、別の家も、また別の家も、と奇妙な一連の快適さが生まれて、それが人を変えてしまうんだ。例えば今日車を運転しながら僕たちが歌っている歌、これをつくっていた時の彼らのライフスタイルを思い出してみると、快適な状態ではなかったはずだ。ハングリーだったんだ。つまり、快適で他の責任や気にかけるべきことがある時に、いかに以前と同じように素晴らしくて、関連性があって、面白くいられるのかということだけど、これは難しいことなんだ。だけど、この数年間にポール・マッカートニーが書いた曲は、彼の真の凄さを改めて思い起こさせてくれて、俺に希望を与えてくれる。彼はすでに、俺が思いつく誰よりも、世界に素晴らしい曲を提供してくれていて、現在もそうであるいうことが、俺はすごく嬉しいよ。
 
ヒューマニティ:謙虚に、地に足をつけ続けることは難しいはずです。あなたの著書の中で、AAミーティングへ行き終了後に椅子を積み重ねることの重要性について書かれているのを読みました。あなたがそういうことを していると知って驚きました…
 
アンソニー:謙虚になり地に足を付ける日もあれば、傲慢で夢みたいなことばかり言う日もあるよ。椅子を積み重ねることは、意味があって、強力で、重要で、みんなが想像しているよりずっと心が救われるような行為だよ。自分の責任が椅子を積み重ねることなんだ、おかしいよね。この椅子から自分がどれほどの満足を得られているか、君に語って聞かせることは本当に難しいのが残念なんだけど。依存症の会の夜の目的の1つでもあるんだよ。椅子をきちんと積み上げられたか確認する。それは礼拝のようなもの、群れの中の1匹の狼になるようなもので、自分のため、そして他人のために存在することの意味を教えてくれる。自分の中の謙虚さと繋がれる幸せな日もあるけど、そういう謙虚さを発見できずに、世界中の人に褒められることを期待する日もある。そういうのは、気持ちの良い考えじゃないけどね。
 
ヒューマニティ:信念は持っていますか?
 
アンソニー:優しい人間になりたいと強く願っている。簡単なことではないけどね。そうなれば物事に立ち向かえるし、自信を持つこともできる。だけど、最終的には、どれほど優しくなれたかによって次の自分が形成され得るんだ。
 
ヒューマニティ:その時、あなたに何が起こるのですか?
 
アンソニー:これまでで最もシンプルで最も小さな幸せを発見できるんだよ。派手なこととは無縁で、シンプルなものだね。例えば、今朝息子を抱きしめたこと。これ以上のものはない。それが俺の幸せだ。太陽が昇るのを見る。それが俺の幸せだ。サーフボードにのって海面に触れる。それが俺の幸せだ。自分のバンドが制作している新しい曲をCDに収める。それが俺の幸せだ。おやじに電話を掛ける。電話口で彼の声を聴いて、電話したことの喜びを得る。これが俺の幸せだ。夕飯のとき息子に本を読んで聞かせる。これが俺の幸せだ。幸せは、自分に正しくあれば、自分の周りのいたるところにある。探し回る必要はないんだよ。

HUMANITY: Do you ever feel pressure about getting older and still being a relevant musician?
 
AK: Pressure, no. Aware that it’s difficult to maintain relevance, yes. I’m hyper aware of that. We don’t have that pressure to be the next cool thing, because we’re never going to be the next cool thing. We’ve done that. I pay attention to my favorite songwriters, and they’re way smarter and way better at writing songs than I could ever be. You know, like Paul McCartney, Neil Young, Randy Newman are all just phenomenally gifted singers and songwriters; however, none of them have really been able to create real greatness in their older years compared to what they were doing in their 20s and 30s. And I always wondered, “Why?” They’re still talented, they’re still smart, they’re still in love with music; they haven’t given up in any way, shape or form, but they’re not writing songs like they used to. Every now and then they’ll stumble upon a gem, and their live shows are still incredible. I guess it’s a cycle—it’s almost impossible to write music that crushes and touches people’s hearts in that way once you’ve made it. Once you can afford a house, another house over there and another over there, it’s like that weird fine line of comfort changing you. You look back at the lifestyle of all these people back when they were writing songs that you and I will go sing later today while we’re driving around in our car, and they weren’t that comfortable. And it’s just, how do you stay great and relevant and interesting and as good as you used to be when you’re that comfortable and have other responsibilities and distractions? It’s hard. But it gives me hope when I hear a Paul McCartney song that he did in the last couple of years that reminds me of who he is deep down inside. Not that he’s got anything to prove—he’s already given the world more great songs than anybody else I can think of, but it makes me happy that he’s still able to do it.
 
HUMANITY: It must be a hard thing to stay humble and grounded. I read in your book about the importance of going to AA meetings and stacking chairs afterward—surprised me that you do that …
 
AK: Humble and grounded some days, and then some days arrogant and up in the clouds. The chair stacking is more meaningful, more powerful, more relevant, more life saving than you could ever imagine. I’m laughing because my commitment is stacking the chairs, and I cannot tell you the amount of satisfaction I get from those chairs—that’s my single-minded purpose for this evening, making sure that those chairs are stacked. It’s just being of service, being one of the wolves in the pack. It’s being present for myself and for somebody else. It’s all work in progress. I have good days where I’m connected to my humility and it feels amazing, and I have other days where I just cannot find my humility and I walk around expecting the world to fall at my feet. And that’s no fun.
 
HUMANITY: Do you have a mantra?
 
AK: I do lean heavily on the desire to be a kind person. Which takes work for me, because I can be confrontational, and I can be full of myself, but I do have the sneaking suspicion that at the end of it all, when everybody stops, the degree of your kindness is really going to be the thing that shapes your next experience. That’s what I’d like to attain within my active and silent mantra.
 
HUMANITY: What’s happiness to you?
 
AK: I find happiness in the simplest, littlest things ever. It’s nothing to do with grandiosity but everything to do with simplicity. For instance, holding my boy this morning—doesn’t get any better than that. That’s my happiness. Watching the sun come up, that’s my happiness. Being on my surfboard, touching the surface of the ocean, that’s my happiness. Popping in a CD with the new song my band’s been working on, that’s my happiness. Calling my father, hearing his voice on the phone, getting excited about calling him, that’s my happiness. Reading a book for my son at dinner, that’s my happiness. It’s kind of everywhere, all around me, if I’m right with myself. If I’m wrong with myself, I’m not finding it anywhere.

Responsive image

ヒューマニティ:今、何に一番感謝していますか?
 
アンソニー:感謝しているもの?全てだよ。全てが贈り物さ。全ての存在には意味があるんだ。その全てに感謝しているよ。文句を言うなら、2週間前に病気になったことだよ。これまで病気になったことなんてないのに。うんざりしたよ。サーフィンも、歌うこともできないし、体中に痛みを感じた。だけど今は、2週間前のこの出来事に感謝しているんだ。頭を切り落とされた鶏のように走り回る必要のなかった2週間の間、ただのんびりとリラックスして、エヴァリーと一緒に家にいて、詞を作っていた。今思えば俺は病気になる必要があったんだと思う。全てに感謝しているよ。

HUMANITY: What are you most thankful for?
 
AK: What am I thankful for? Everything. It’s all a gift, it’s all happening for a reason and I’m thankful for all of it. I complain about it: I got sick two weeks ago, and I never get sick. I was so pissed off—I can’t surf, I can’t sing, I’m achy. But now I’m thankful I had two weeks to think about this. Two weeks of not running around like a chicken with my head cut off. I just slowed down, chilled out, stayed home with Everly, worked on lyrics. So in retrospect maybe I needed to get sick. I’m thankful for everything.