AUDREY MCLOGHLIN

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail to someone

TEXT BY CATHERINE WAGLEY | PORTRAIT BY RAFAEL PULIDO | HAIR AND MAKEUP BY MICHELLE MUNGCAL | FASHION

Responsive image

「ここに移り住んで以来、ずっと働き続けているわ」とオードリー・マクローリンはロサンゼルスでの15年間を振り返る。彼女はいつものように「Frank & Eileen」のショールームに置かれているカウチに座っている。彼女が8年前に設立したこの会社名は、彼女の最愛の、長年連れ添ったアイルランド人の祖父母の名前に由来している。「この美しいショールームは私のコミュニティなの」。ロサンゼルス通りの歴史あるレディ・リバティ・ビルディングの最上階にあり、よく手入れの行き届いた空間は意図して古風な趣で、どこかひっそりとした場所からロサンゼルスに移されたかの様な佇まいだ。そこでは、若きマクローリンが多くの時間を過ごしたアメリカ南部と、彼女の祖父母、叔父叔母、従兄妹の住むアイルランドの田舎の雰囲気を微かに感じる。アンティークの壁の窓とグレーの木材パネルが部屋を仕切り、背の高い木製の棚いっぱいに植物が置かれ、スタッフの誕生日パーティーをした時のケーキとお土産が残っている。木製の長テーブルが中央の広間に置かれ、ダイニングの片隅には、ドイツ人アーティスト、コジマ・フォン・ボニンのパッチワーク作品をうっすらと彷彿させる「Frank & Eileen」のファブリックで作られた美術館に飾られるような絵画サイズのアート作品が掛けられている。
 
マクローリンがロサンゼルスに来た時ファッションについての知識はほとんどなかった。カジュアルなカリフォルニアの美的センス、アイルランドの恋愛ストーリーと高級イタリアン・ファブリックが融合したシャツのデザインを手掛ることになるとは思ってもいなかったのである。マクローリンはジョージア工科大学のエンジニアリング・プログラムを卒業すると、ドットコム・ブーム期の最中、マサチューセッツ州ケンブリッジの新興テクノロジー企業に就職した。「女性のソフトエア・エンジニアは私一人だったわ。でも面白かった」と振り返る。その後バブルが弾けるとテクノロジー業界は破綻し、彼女は製造業を学ぶためにカリフォルニアに移ることにした。
 
「何かを作りたいと思っていた。だけどその時点でそれが何なのかってことははっきりしていなかった」と彼女は当時を振り返る。数週間後には、アクセサリーデザイナーの下で働きデザイン・ビジネスを学んでいた。それから1年経たないうちに、彼女の母親の名前からとった「Una」という高級ブティックをマンハッタンビーチにオープンさせた。その後4年以内に「Una」に常に在庫があるようにマルチ・ブランドを扱う卸会社「Aude」を立ち上げた。「Frank & Eileen」の立ち上げのきっかけは偶然だった。マクローリンが、「ティッシュペーパーの様に軽いカシミア」というコンセプトについて話すためにある製造業者を訪れたところ、「彼は私を部屋に通し『ちょっとお待ち下さい』と言って出て行ったの。凄く待たされたわ。それで、一人にされるとよくするんだけど、何か面白いものはないかと部屋の中をうろうろし始めたの」と彼女話す。そこで彼女は、イタリア、ベルガモにある家族経営の織物工場が作ったイタリアン・メンズウェアのファブリックの本を見つけたのだ。製造業者が部屋に戻った時には、マクローリンはカシミアへの関心はもうなくなっていた。2008年の終わりには、彼女は140年の歴史ある織物工場と共にメンズ、ウィメンズのシャツを作っていたのだ。
 
現在、少なくとも年に2回はベルガモを訪れ、この織物工場のアーカイブで新たなインスピレーションを得るのだ。また、彼女は定期的に日本も訪れる。驚くべきことに、日本は「Frank & Eileen」 のスタートから1年もしないで最大マーケットの一つになった。彼女は日本にマーケティングのターゲットを絞ったわけではなく、ただロン・ハーマンの東京の店舗でシャツを売り出しただけだったのだ。2店舗目のストアーをオープンさせるために日本を訪れていたロン・ハーマンから電話を受けると、「オードリー、君は日本で有名人だよ。日本に一度来るべきだよ」と言われた。彼女はお店からお店を巡った東京での不思議な午後について話してくれた。どの店舗へ行っても彼女のシャツは置いてなかったのだ。最終的に彼女は苛立ちながら通訳を介して、シャツがどうなっているのか尋ねた。するとどうやら、ほとんどの店舗で「Frank & Eileen」のシャツは売り切れになっていたのだった。「『何故そんなに“Frank & Eileen”が人気なの?』って聞いたわ」、とまるで自身の成功がラッキーにも偶然もたらされたかのようにオードリーは話す。「ロンは、基本的に日本のマーケットには君が作るようなシャツは他になく、日本人はミックスしたものが好きなんだ、と言ったわ」。日本人は、イタリアのエレガントなテイラーとクールなカリフォルニアのライフスタイルが融合した感じが好きなのだ。マクローリンは決してこの組み合わせを計画的に作り出したわけではない。
 
「肌に染み込んでいく感じ」とマクローリンはカリフォルニアのカッコよさを形にしたシャツを手に取り表現する。服装に関してより保守的な東部からL.A.に到着するとヴェニスに引っ越し、今もそこに住んでいる。滅多にないことだが、ショールームにいない時はヴェニスで過ごすようにしている。「着こなし方、ブランチに着ていくもの、東部とこちらとでは感性が全く違うのよ。シャーロットでブランチに行くなら、恐らく「St. John」のスーツを着ていくことになるけれど、L.A.だとそれがこのシワシワだけれどゴージャスで高価なイタリアン・シャツになるでしょう」。彼女は新たなインスピレーションのためにヴェニス・ビーチ周辺で道行く人の観察もしている。「週末だって、脳が本当にリラックスすることはないわ。通りを歩く人を見てアイディアを得るの。それはカラーだったり、何か他のものだったりするわ」。
 
しかし、もし本を読んだりリサーチしたりする時間があるのなら、彼女はファッションではなくビジネスについて探求したいと言う。「私は専ら実業家の伝記を読んでいるわ。大好きなのよ」とマクローリンは話す。彼女のお気に入りは、アップルのスティーブ・ジョブズやスターバックスのハワード・シュルツだと言う。また最近は、彼女にとって比類なき80年代アイコンであり続けるデザイナー、ダナ・キャランの自伝を読み終えたばかりだと話す。「彼女は信じられないくらい、真っすぐでカッコいい人なのよ」とダナ・キャランに思いを巡らす。「他の人の(人生の)物語を読み、彼らにとってここまでの道のりがいかに辛く大変なものだったかを知ると、謙虚な気持ちになるの。好きでやってきたことかもしれないけれど、そこには、多くの血や汗、涙が流れたということが分かるでしょ」。
 
彼女は、税法、労働法、会計問題の舵取りにも時間を費やしていることを思い起こす。「ファッションは私がやっていることの5-10%程度よ。ビジネスが好きだったら、ビジネス面に取り組まなければならないわ」と彼女は言う。「私はビジネスが好きなの」。

“I’ve just been working ever since I moved here,” says Audrey McLoghlin, reflecting on her past 15 years in Los Angeles. She sits on a couch in the showroom of Frank & Eileen, the company she founded eight years ago and named after her beloved, long-married Irish grandparents. “So this beautiful showroom is my community,” she continues. The carefully curated space, located on the top floor of the century-old Lady Liberty Building on Los Angeles Street downtown, looks intentionally quaint, like it was imported to Los Angeles from somewhere quieter. There are traces of the American south, where McLoghlin spent most of her youth, and of countryside in Ireland, where her grandparents, aunts, uncles and cousins lived. Walls of antique windows and gray wood paneling separate rooms. Cake and favors are leftover from a birthday party for a staff member. Plants fill tall wooden shelves. Long wooden tables stretch across the central hallway, and in a dining nook hangs a wall work the size of a museum-ready painting, made of Frank & Eileen fabrics but slightly reminiscent of German artist Cosima von Bonin’s patchwork compositions.When she arrived in Los Angeles, McLoghlin knew little about fashion. She certainly didn’t know she would design a line of shirting that merged luxurious Italian fabrics with a casual California aesthetic and an Irish love story.
 
A graduate of Georgia Tech’s engineering program, she had worked at a tech start-up in Cambridge, Massachusetts, during the Dot Com boom. “I was one of the only female software engineers,” she recalls. “It was a wild time.” Then the bubble burst, the tech industry crashed, and she decided to move to California to learn about manufacturing.
 
“I knew I wanted to build something,” she remembers. “At that point, I just had no idea what that meant.” Within weeks, she was working with an accessories designer, learning the design business. Within a year, she had opened a high-end boutique in Manhattan Beach named Una, after her mother. Within four years, she founded Aude, a multi-brand wholesale company that would keep her Una stores fully stocked. Frank & Eileen came to her by accident. She had gone to visit a manufacturer to discuss a tissue-weight cashmere concept. “He put me into a room and said, ‘Wait here for a minute,’” she remembers. “He left me in there too long and I started snooping, which is my favorite thing to do when I’m left alone.” She found an old book of Italian menswear fabrics, made by a family-owned mill in Bergamo, Italy. By the time the manufacturer returned, she had lost all interest in cashmere. By the end of 2008, she was making men’s and women’s shirts with the 140-year-old Italian mill.
 
Now, she travels at least twice yearly to Bergamo and finds inspiration in the mill’s archives. She also travels routinely to Japan, which became one of Frank & Eileen’s largest markets within a year of the company’s launch, much to McLoghlin’s surprise. She’d done no targeted marketing, only sold shirts out of Ron Herman’s Tokyo store. “Audrey, you’re famous in Japan,” Ron Herman called to say when he went over for the opening of his second store. “You have to get over here.” She describes a funny afternoon in Tokyo, going store to store. None of the stores had her shirts. Finally, exasperated, she asked through a translator what they were doing. Apparently, most of the city was sold out of Frank & Eileen. “I asked, ‘Why is Frank & Eileen so popular?’” says McLoghlin, who talks about her success as if it’s something she luckily stumbled upon. “Basically, he said, there’s nothing else like this on the market […]. The Japanese love the juxtaposition.” They liked the elegant Italian tailoring combined with the cool California lifestyle. McLoghlin never exactly planned this combination.
 
“It just soaks into your skin,” she observes of California coolness. When she arrived in L.A. from the more sartorially conservative East Coast, she moved to Venice Beach and hasn’t left. She spends the little time she has away from her showroom there. “There’s a whole different sensibility of how you dress, what you wear to go to brunch. If you go to brunch in Charlotte, you probably wear a St. John’s suit. In L.A., you wear this gorgeous, expensive Italian shirt but it’s all wrinkled.” She people-watches in her Venice neighborhood for inspiration. “On weekends even, your brain never really even relaxes,” she says. “You see someone on the street and you have an idea. Maybe it’s a color or something else.”
 
If she has a chance to read and research, however, she delves not into fashion but into the business side of things. “I exclusively read entrepreneur biographies. I’m obsessed,” she says. Favorite subjects include Apple’s Steve Jobs and Howard Schultz of Starbucks, and she just finished the autobiography of designer Donna Karan, whom she’d previously considered an untouchable ’80s icon. “I can’t believe how honest and how raw she was,” McLoghlin muses of Karan. “It’s really humbling to be able to read other people’s stories and realize how painful the process was for them. I mean, they might have loved it, but there’s a lot of blood, sweat and tears.”
 
She recalls the amount of time she spends navigating tax law, labor laws and accounting issues. “The fashion part is 5-10% of it. You have to be starting a business because you love business,” she says. “I love it.”