BRUCE WEBER

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail to someone

BY DIBI FLETCHER | PHOTOGRAPHY BY BRUCE WEBER | MOST READ | PHOTOGRAPHY

Responsive image

「雑誌のインタビューをクリスチャン・フレッチャーに依頼できるだろうか?写真は、ファッション写真家ブルース・ウェバーが撮影するんだけどね」。1989年秋、サン クレメンテのオフィスに1本の電話がかかった。これは、毎年夏になるとサーフブランドカンパニーやサーファーたちが東海岸で開催されるサーフセッション“schmooze”に参加するのが恒例になる何年も前の話だ。クリスチャンはそれまでに、さまざまなマスコミから取材を受けてきた。そのうちの大半は、大した内容ではなかった。その頃私とクリスチャンは、「Wave Warrior」、「Astrodeck」、「Christian・Fletcher・Clothing」を手がけ、次の「North Shore」の準備を進めていた。だから、あの有名な(または悪名高き?)アンディー・ウォーホルが手がける、全ニューヨーカーが必ず目にするであろう雑誌の小さな記事に載るのは悪い話ではない、と取材の話を受けることにした。おそらく、無礼で、気が強く、全く悪びれないティーンエイジャーのスターサーファーにはぴったりだろうと思ったのだろう。日取りを決め、場所は私たちの自宅になった。私たちは偶然にもニクソン大統領かつて住んでいた「西のホワイトハウス」のすぐ隣に住んでいた。ブルースは穏やかな物腰でありながら、決して皮肉を忘れない人だった。
 
彼は、アシスタントやスタイリスト、ヘアスタイリストなど数人のスタッフを連れてやってきた。取り巻きも10人ほどいただろうか。とても親切で、彼がこれまでに撮影した共通の友人について話してくれたため、私たちはすっかり打ち解けた。彼のサーフ・シーンに関する知識と純粋な称賛には驚かされた。おそらく小さな記事であっただろうこの取材がきっかけで、「The Flying Fletchers」への道が開け、私たちの友情関係は、困難な人生の浮き沈みを経験しながら何十年も続いた。恐らくこうしたどん底の経験が、ブルースが真にすばらしく、才能豊かな人物であると私に教えてくれた。
 
彼の才能を見抜く目は並外れている。表面的にはもちろんだが、それだけではない。彼は、人々の内側にある何かを感じることができる。彼の純粋な好奇心と、楽しさを引き出す能力は、どんな内気な人であろうとも、信頼が裏切られたら、見捨てられたら、などと恐れることなく、心を開かせ、受け入れさせる力がある。プロフェッショナルな作品であろうと、9.11で亡くなった数多くの人々への哀悼として彼の愛犬に綴ったラブレターをもとにした映画『A Letter to True」のような全く個人的な作品であろうと、人に対して純粋に興味が持てる、という彼がもつ稀有な才能が、その仕事の本質にあるのだと思う。彼は、ほとんどの人がさりげなく見過ごしてしまうようなことに、素晴らしさを見出し分かち合うことができる才能を持っている。彼の作品は、その研ぎ澄まされた新鮮かつ熟練した視点を通じて、私たちに全く新しい世界を見せてくれる。それは想像を超えた素晴らしさだ。カルバン・クラインの白いブリーフを身に着け、見事に均整のとれた肉体を持つオリンピック選手のシンボリックなイメージから、自宅で撮影された彼の長年の友人、エリザベス・テイラーの優しく、親密な表情まで、彼の被写体はまるで彫刻のように丁寧に撮影される。

It was autumn in San Clemente, 1989, when I received a phone call at my office by someone wanting to know if Christian Fletcher would be available for an Interview magazine photo shoot by fashion photographer Bruce Weber. This was years before every surf company and surfer was making annual trips to the East Coast for their summer surf “schmooze” session. Christian had been getting a whole lot of press, a lot not so good. We were working on Wave Warriors, Astrodeck and Christian Fletcher Clothing and getting ready for the North Shore. We figured what the heck—how could it hurt to have a little blurb in a magazine made mandatory reading on the New York scene by the famous (or perhaps infamous) Andy Warhol? Probably a great fit for the irreverent, brash, appropriately unapologetic teenage surf star. So the date was set, and the location was to be our home, which coincidently was next door to what had been President Nixon’s Western Whitehouse. The irony was certainly not lost on the mild-mannered Bruce.
 
He arrived with a few assistants, wardrobe, hair—an entourage of around 10. He was beyond gracious and put us totally at ease by talking about mutual acquaintances he had shot over the years. His knowledge and pure admiration of the whole surf scene was amazing. What started out as perhaps a footnote blossomed into “The Flying Fletchers” and a friendship that has lasted through decades of personal ups and downs that life has a way of hurling at you. Perhaps it’s these valleys of lows that have allowed me to know what a truly great and gifted man Bruce really is.
 
He has the most extraordinary eye for spotting talent, and I don’t mean superficially, although there is no doubt about that. I mean he senses something inside people, that his genuine interest and pleasure in discovery allows even the most modest to open up and let him in without the fear that their trust will be violated or left unnurtured in any way. It is this rare gift, of being truly interested in others, that I believe is at the heart of all of his work, whether it’s his professional shoots or something completely personal like his film A Letter to True, which he wrote as a love letter to his dog after 9/11 to express the sorrow he felt after losing so many. He’s truly remarkable in his ability to share the extraordinary in what most would glance at briefly and pass by as merely ordinary. His body of work is beyond amazing in its capacity to allow you to see the world through his seasoned eye, one that still has the ability to inspire the rapture of the newly discovered. From his iconic shot of an exquisitely proportioned Olympic athlete in Calvin Klein white briefs to a soft, intimate look at his longtime friend Elizabeth Taylor at home in rollers, each subject is approached with an eye to detail that seems almost sculptural.

Responsive image
Bruce and Tai Santa Barbara, CA 2011. Michael John Murphy

ベルサーチの撮影や私の両親の自宅のビーチで撮影した”Abercrombie & Fitch”のカタログから、”North Shore”や”L’Uomo Vogue”のカジュアルで不良っぽいサーファーたち、そして彼の著書シリーズ『All-American』の新作まで、これまでさまざまなプロジェクトに関わらせてもらった。これらのプロジェクトを通じて、私たちは相当に長い時間を共にすることができた。私がこれまでに紹介された(幸運にもちょっとした知り合い以上の付き合いになっている)彼の友人の殆どは、彼の子供時代や駆け出しの頃からの友人だ。彼はどんなに時間がなくても、たとえ朝4時半に起床して、夜8時まで仕事をしたとしても、必ず時間を見つけて電話をかけ直し、励ましの声をかけてくれる。彼は、写真の編集に入る前に、ちょっと食べ物をつまみ、その日のことを誰かと話す。そして、数時間の仮眠をとる前に、彼の声を聞きたいと思っている友人に片っ端から電話する。そしてまた夜明けと共に起床して同じことを次の日も繰り返す。

I have had the opportunity to work with him on different projects over the years, from Versace shoots in the Keys and Abercrombie & Fitch catalogs on the beach at my parents’ house to semi-cleaned-up surf thugs on the North Shore for L’Uomo Vogue and an upcoming volume of his All-American book series. These projects allowed us to spend quite a bit of time together. Most of his friends whom I’ve met and am now lucky enough to consider more than mere acquaintances are the friends from his childhood and his early career. There is never a moment when he’s not available to give someone a word of encouragement or call back, even if he’s had a 4:30 a.m. wake-up call and wrapped at 8 p.m. He’ll have a bite to eat and share the stories of the day before retiring to edit and make the series of calls to friends who just need to hear his reassuring voice before catching a couple hours of much-needed sleep to start the process all over again at the crack of dawn.

Responsive image
The Official Meeting of the Montana Rolleiflex Camera Club McLeod, MT 1997

彼の寛容さはとどまることを知らない。彼の25年間連れ添ってきた愛する妻ナンのバースデイパーティーに、私はいつも招かれている。アップステート・ニューヨークにあるフィッシュキャンプの湖のほとりのコテージでは、おそらく互いのすべてを知り尽くしているであろう気心知れた友人や近隣住人ら50人ほどが招待される。満月が水面に反射し、アーサー・キットが星いっぱいの夜空の下、ピアノの上に寝そべって「ハッピーバースデイ」を歌っている。

His generosity knows no bounds, and there is usually a gathering around Nan’s birthday, his wife and loving partner of more than 25 years, of perhaps his 50 closest friends and neighbors, in which every detail has been seen to, all the way down to the proper towels hanging on the line separating the cottages on the lake of a fish camp somewhere in upstate New York. It’s pure perfection, with the full moon reflecting on the water and Eartha Kitt sprawled on top of the piano under the stars singing “Happy Birthday.”

Responsive image
John John Florence Eating Breakfast Oahu, HI 2005

“ウェバー・ワールド”のゲストとして過ごす数日間は、それが世界のどこであろうとも、私の想像を超えた別世界の体験だった。あらゆるジャンルの本がいたるところに置かれ、濃厚な花の香りが部屋中に満ちていた。糊づけされた清潔なシーツは、天日に干されたような感触で、美しい手作りの家具、セーター、絨毯、ツールバッグはすべて、素晴らしい写真集の背景に使われたものばかりだ。全く気取らないカジュアルなディスプレイが、それらをより一層すてきに見せている。おそらく、畏敬の念に打たれた、と言うのはあまりにも控えめな表現だろう。美への愛が、これほど素晴らしく、親しみやすくディスプレイされ、惜しみなく共用されている場所を私はいまだかつて見たことがない。独特の謙虚な気持ちが芽生えてくる。
 
彼は、休むことなく慈善活動を行っている。ほぼすべての動物シェルターをサポートし、無名の犬をスターにし、数少ない休日には5匹のブロンド・ビューティー(賞を受賞したゴールデン・レトリーバー)と彼が救出した雑種の黒犬の写真を撮影してリラックスする。これが、私の知る彼の姿である。彼が友達でいてくれることで、私の人生は、はかり知れないほど充実したものとなった。

Spending a few days as a guest in Weber World, no matter where in the world that may be, was beyond what I could have ever imagined. Books on every subject were everywhere, the smell of flowers heavy in the air. Sheets so crisp and clean they felt sun-dried, beautiful handcrafted furniture, sweaters, rugs and tooled bags were all a backdrop for the most magnificent photo collection, made that much more spectacular by the completely unpretentious casual display. To say I was/am awestruck is probably a gross understatement, but never had I seen the love of beauty so wonderfully and approachably on display and generously shared. It is uniquely humbling.
  
He gives tirelessly to charity, supports almost every animal shelter, creates stars from the unknown and spends his few off moments shooting rolls of film of his five blond beauties—his prized golden retrievers—and one black mix rescue dog for relaxation. This is the man I know, and my life has been enriched beyond measure having him as my friend.