CHRISTY TURLINGTON BURNS

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail to someone

TEXT BY NATALIE ALCALA | PHOTOGRAPHY BY KASSIA MEADOR | FASHION


アイコン的スーパーモデルで”Every Mother Counts”の創立者がファッション、旅行、人生の真の意義について語る

「ダンスは得意じゃないの」。1980年代後半から1990年代初期にかけてのスーパーモデルの代名詞ともいえるクリスティー・ターリントン・バーンズは話す。彼女はアメリカ人パイロットの父とエル・サルバドル人のフライトアテンダントの母の間に生まれ、カリフォルニア州のウォルナットクリークで育った。生まれながらに恵まれた、けれど不器用なモデル界のアイコンは、これまで数えきれないほどのファッションショーに出演し、多数の高額の契約、数百の雑誌の表紙、著名な写真家、ハーブ・リッツやアーヴィング・ペンとの撮影を経験してきたが、それらのキャリアに舞い上がるようなことはなかった。
 
その他にもロバート・リーコックの「キャットウォーク」やジョージ・マイケル「フリーダム」(クリスティー・ターリントンが裸足で両開きのドアからすり抜け、白いシーツに包まれる姿を忘れることをできるだろうか?)等、数々の印象に残る傑作映画やミュージックビデオに出演している。1993年には”Met’s Costume Institute”のためにデザイナーであるラルフ・プッチがクリスティー・ターリントンの顔をした120体のマネキンを作り、そして彼女はメトロポリタン美術館の「20世紀の顔」に選ばれた。彼女にとっては大したことではない。
 
しかし、クリスティー・ターリントンは単に謙虚なだけのスーパーモデルではない。彼女は2003年に結婚した俳優であり映画監督のエドワード・バーンズの妻であり、9歳と7歳の子供の母親でもある。そして彼女は「スーパー」が付くほどの人道家なのである。44歳になる彼女は、緑色の魅力的な瞳に5フィート10インチの長身に長い脚を持つだけではなく、生まれながらに人の気持ちを理解できる人物である。その結果、彼女は世の中にお返しが出来ないかと考え始めた。「私は世の中への関心や旅を愛することを両親から受け継ぎました。私はかなり前から、何か目的のある人生を送りたいと考えていて、常に自分が世の中の役に立てる方法を模索してきました」と彼女は明かす。「1993年には母の母国であるエル・サルバドル内戦復興の取り組み、1997年には父が肺がんで亡くなり、さらに2003年、私自身出産の際合併症を患いました。こうした個人的な経験を経て、意義のある取り組みに参加したいと思うようになりました」。
 
2003年彼女が母親になると、彼女は妊婦の健康についての世界的提唱者となった。第一子を出産後、出産に伴う合併症に罹ったのだ。それ以来、”CARE”、”ONE”の活動に協力してきた。2008年にはコロンビア大学メールマンスクールの修士課程に入学し「No Woman, No Cry」という映画の制作を始め、この映画は2010年のトライベッカ映画祭で上映された。
 
“Every Mother Counts (EMC)”もこの年に創設され、世界中の防げるはずの妊産婦の死亡をなくす活動を行っている。EMCは、世界中の少女や女性の健康と福祉を改善するためのアクションを起こすために、新しい支持者たちの啓蒙活動や活動に参加してもらうための取組も行っている。「この取り組みに賛同してくださる方とお会いすると、EMCの活動をしていて本当に良かったなと思えます」とコメントしている。2011年のINGニューヨークシティマラソンでは$14万ドルのファンドを集め、2012年には、EMCの活動に感銘を受けたエディ・ヴェダー、パティ・スミス、ローリン・ヒル、デヴィッド・ボウイなどのアーティストが参加する、2枚目となるコンピレーションアルバムを発表するなど、様々な成果を残している。
 
2012年からクリスティー・ターリントンはハーバード大学医学大学院のグローバル・ヘルス・カウンシルの一員であり、またハーバード公衆衛生大学院の学部長顧問アドバイザーも務めている。彼女の活動のゴールは、全てのお母さんに安全な妊娠と出産をしてもらうために、女性たちに行動を起こしてもらうことだと言う。「私は女性であり母親です。これが私自身を表すのに最初にくる2つです」。
 
シチズンズ・オブ・ヒューマニティのショートフィルム“Just Like You”の最新シリーズはクリスティー・ターリントンをフューチャーしている。そこではあらゆる分野における、世の中の流れを変える、革新者たちを取り上げてきた(例えば伝説的バレーダンサーのミハイル・バリシニコフ、有名なタトゥーアーティストのマーク・マホーニー、世界的に有名なフレンチシェフ、ミシェル・ロスタン、アカデミー賞受賞経験があるコスチュームデザイナー、コリーン・アトウッドなどだ)。今回の特集の中でターリントンはハイチを訪れ、EMCが掲げる構想をそこで伝えた。去年、EMCは西ウガンダとハイチ中央部でプログラム推進のための資金援助を始めた。「両国ではEMCの援助のもと17人の助産師のトレーニングが行われています。トレーニングを受けている人たちの成長を記録し続けていて、今回これが一年に及ぶトレーニグの二度目の視察になりました」と続けた。
 
クルーメンバーは2台のジープにクリスティー・ターリントンと乗り込み、ポルトーフランスからハイチ中央部のアンシュに向かう3時間以上の旅に出た。EMCの姉妹団体である”Midwives for Haiti (Sage Femmes Pou Ayiti)” との会合のためだ。
 
“Just Like You”シリーズの制作にあたって、シチズンズ・オブ・ヒューマニティがクリスティー・ターリントンと会うと、彼女は、このパートナーシップは名前の面においても適当だとした。「『ヒューマニティー』とはより良い社会のために、皆が取り組んでいるということです。私たちの活動に関心をもっている人がいるということを知るのは大変嬉しいことです。EMCの提言を、私たちが普段出会えない人たちとシェアできる機会を与えてくれるプロジェクトに参加することで、新たな方たちに興味をもってもらえるように日々努めています。人道的意識の高い団体と認識して頂けるのは大変喜ばしいことです」。
 
EMCに対する揺るぎない情熱のため、クリスティー・ターリントンは無償でこの活動に参加している。しかし、彼女の革新的なファッションルーツや、この業界でモデルとして訪れた場所を忘れることは決してないだろう。それは例え彼女のツイッターのプロフィールで、モデル業が母親、妻、娘、ヨギー、マラソンランナー、団体創設者、作家の後にくる職業だとしても。それでは、スーパーモデル、スーパーママ、スーパーウーマンはどのように最も人々の記憶に残りたいか?
「私は今を生きようと努めています。だからそんな物思いに耽ことはないのです」と説明する。「でも、精一杯生きたってことを思い出してもらえたらいいですね」。

THE ICONIC SUPERMODEL AND FOUNDER OF EVERY MOTHER COUNTS ON FASHION, TRAVEL AND FINDING HER REAL MISSION IN LIFE.


“I’m not a great dancer,” says Christy Turlington Burns, a name synonymous with the supermodel era of the late 1980s and early 1990s. Born in Walnut Creek, California, to an American pilot and Salvadoran flight attendant, the genetically blessed icon’s alleged two left feet have never held her back from soaring into a storied career that encompasses countless catwalk appearances, numerous lucrative contracts, hundreds of magazine covers and a host of memorable shoots with famed fashion photographers, such as Herb Ritts and Irving Penn.
 
She also appeared in a handful of show-stopping cult-classic films and music videos, from Robert Leacock’s Catwalk to George Michael’s “Freedom.” (Who could forget when Turlington Burns glided through those double doors barefoot and wrapped in a white sheet?) And in 1993, the Metropolitan Museum of Art declared the rising star the “Face of the 20th Century” after famed fashion designer Ralph Pucci created 120 mannequins modeled after her exclusively for the Met’s Costume Institute. No big deal.
 
But Turlington Burns is more than just the world’s most humble supermodel; the wife (she married actor and filmmaker Edward Burns in 2003) and mother of two (Grace, 9, and Finn, 7) is also a super humanitarian. Determined to gift the globe with more than just a striking physical presence that includes an entrancing green-eyed gaze and legs for days that support her 5-foot-10 frame, the 44-year-old activist’s instinctual empathy for others inspired her to start giving back in a major way. “My parents passed their awareness of the world and love of travel onto me, so early on I knew that I wanted to live a life of purpose and was always searching for ways to be useful,” she reveals. “I found personal experiences—such as efforts to rebuild post-war El Salvador (1993), my mom’s birth country, or losing my father to lung cancer (1997), or even my own childbirth complications (2003)—have inspired me to engage in a more meaningful manner.”
 
Turlington Burns became a global maternal health advocate when she became a mother in 2003. After delivering her first child, she experienced a childbirth-related complication. Since then, she has worked closely with humanitarian organizations such as CARE, ONE and (RED). In 2008, she entered the master’s program at Columbia University’s Mailman School and started production on No Woman, No Cry. The film premiered at the Tribeca Film Festival in 2010.
 
Every Mother Counts (EMC) was founded the same year. EMC is a campaign to end preventable deaths caused by pregnancy and childbirth around the world. EMC informs, engages and mobilizes new audiences to take action to improve the health and well-being of girls and women worldwide. “Meeting women who feel the same as I do about this cause has been the most rewarding aspect of my work with EMC,” Turlington Burns notes. “When people learn about these statistics, they want to take action.” EMC has gone on to reach a number of exciting milestones, including raising $140,000 during the ING New York City Marathon in 2011 and releasing a second Every Mother Counts compilation album in 2012 that featured moving contributions from the likes of Eddie Vedder, Patti Smith, Lauryn Hill and David Bowie.
 
Since 2012, she has served on Harvard Medical School’s Global Health Council as well as the Dean’s Board of Advisors at the Harvard School of Public Health. Her advocacy goal is to inspire action in other women to make pregnancy and childbirth safe for all moms. “I’m a woman. I’m a mom,” says Turlington Burns. “Those two things are very much at the front of who I am.”
 
Turlington Burns is the latest subject of Citizens of Humanity’s monthly Just Like You inspirational film series, which celebrates game-changing innovators from all walks of life through a cinematic salute that showcases their captivating charisma (past stars include legendary ballet dancer Mikhail Baryshnikov, famed tattoo artist Mark Mahoney, internationally renowned French chef Michel Rostang and Academy Award-winning costume designer Colleen Atwood, among others). In the film, Turlington Burns visits Haiti to share her organization’s landmark initiatives with the company. As of last year, EMC has begun to provide grants to support programs on the ground in western Uganda and central Haiti. “EMC’s grant provides the funds to train 17 skilled birth attendants with midwives for the country,” she adds. “We’ve been documenting the progress of the students, and this was our second trip to check in on them during their year-long training.”
 
Crewmembers piled into two jeeps with Turlington Burns to travel out of Port-au-Prince on a three-plus-hour drive to Hinche in the central plateau to meet at the house of EMC’s sister organization, Midwives for Haiti (Sage Femmes Pou Ayiti).
 
When Citizens of Humanity approached Turlington Burns for the series, she immediately knew that it was the right fit for a partnership, down to the name. “Humanity means all of us working for the betterment of all of society,” she explains. “It’s always exciting to learn that people are aware of and interested in supporting our advocacy efforts. We are always working to engage new audiences by participating in projects that allow us opportunities to share our mission with more people than we could reach on our own. It’s a really nice acknowledgement to be part of such an esteemed group of humanitarians.”
 
Turlington Burns’ unwavering passion for EMC is a labor of love that consumes most of her time these days, but she’ll never forget her groundbreaking fashion roots and where her work in the industry has taken her—even though “model” is one of the last titles noted on her Twitter bio, after mom, wife, daughter, yogi, marathoner, founder and author. So what does the supermodel, supermom and superwoman want to be remembered most for? “I try to live in the present, which doesn’t really allow for such musings,” she explains. “But I guess I would want to be remembered as having lived life fully.”