COURTNEY LOVE

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail to someone

INTERVIEW AND TEXT BY JEMIMA KIRKE | PHOTOGRAPHY BY SCOTT LIPPS | STYLING BY SEAN KNIGHT | HAIR BY JORGE SERRANO | MAKE UP BY NATASHA SEVERINO | MUSIC


コートニー・ラブの場合、噂が先行することがよくある。しかし私生活、仕事面での浮き沈みを経て、彼女は自分に真の才能があり、また本当に献身的なアーティストであるという事を証明してきた。コートニーの友人ジェマイマ・カークとの対談の中で彼女は、「もちろん後悔もたくさんある。けれど私なりのやり方でやってきたわ…」と話す。

Courtney Love has a reputation that often precedes her. However, through her private and public ups and downs she has proven herself to be not only an honest talent but a truly committed artist. As she put it in conversation with friend Jemima Kirke, “I have a lot of regrets, of course I do…but I did it my way.”

ジャマイマ・カーク(以下JK):ハイ!コートニー!
 
コートニー・ラブ(以下CL):ハーイ!ジャマイマ!元気にしていた?
 
JK:そうね…今ちょっと建設業者に声をあげていたところ。あなたと話して気持ちを落ち着かせるわ。
 
CL:家の改装工事をしているの?
 
JK:地下室の工事をしているの。プレイルームにしようと思って。だけど建築業者ってね…まぁイライラするのよ。ところで、今どこにいるの?
 
CL:ロサンゼルスよ。
 
JK:いいところなの?もうどのくらいL.A.にいるの?もう随分長いことそっちに住んでいる感じがするけれど。
 
CL:一年半になるかな。皮肉なものよ。全然好きじゃないのにね。前にも20数年ここに住んでいたのよ。ニューヨークは8年くらいでしょ、その後ロンドンには4年、オレゴンのポートランドとシアトルには多分3~5年。以前はL.A.が大好きだったけど、今はもう好きじゃないのよね。長いことニューヨークに住んで、L.A.が好きじゃなくなっちゃった。でもここL.A.で女優として仕事をもらっているの。だからここにいることによって仕事をもらえているのよ。今もちょうど映画の仕事をもらったから、いいのよ。
 
JK:どんな映画?
 
CL:今日オファーをもらったの。ジェームズ・フランコの『The Long Home』って映画で、
オファー内容なども問題ないと思う。南部ゴシック(文学)みたいな感じの密造酒の話。私はジェームズの妻の役でいい役柄だと思う。とても嬉しいわ。
 
JK:セクシーな役なの?彼とのベッドシーンとかあるの?
 
CL:現段階ではその予定はないわ。ウィリアム・ゲイが存命中に書いた原文にはね。基本的に私はジェームズの妻の売春婦の役よ。彼は密造酒業者で私は彼の売春宿みたいなものを切り盛りしているの。だから私が登場する初シーンは水兵と絡んでいるところで、結構暗い感じ。ウィリアム・ゲイはフラナリー・オコナーやウィリアム・フォークナー達と同じような感じで、彼も南部ゴシック文学の作家に属していたの。
 
JK:ねぇ、ジェームズ・フランコのようにもの凄い才能がある人と演技するって何か違うと感じる?
 
Cl:もちろん。私は信念をもってやっているけど、残念ながらただ受け身。タジタジよ。でも相手役の演技が下手だと私も下手になるし、本当に素晴らしい役者と共演すると私の演技レベルも彼らのレベルまで上がるのよ。
 
JK:ドラマ『エンパイア』に出ていたでしょ。凄く良かったわよ、コートニー!感動したわよ!
 
CL:そう、ありがとう!
 
JK:あなたの歌、あなたの歌うシーンが好きなの。あなたの声、スタイル、悲痛感を込めた歌い方よ。そういうところが素晴しいの。あの役がオファーされた時、即座にやりたいと思った?
 
CL:ええ!あの役はオファーされた訳じゃないんだけどね。
 
JK:自分からお願いしたってこと?
 
CL:お願いしたっていうより、しつこく付きまとったって感じかな。リー・ダニエルにメールして、「ハーイ、私大ファンなの。ラブ、コートニー・ラブよ」ってね。すると2分後にはリー・ダニエルから電話がかかってきて言ったの。「今ちょっとしたドラマを制作しているんだ。ヒットするか失敗するか分からないけど、出てみる気はあるかい?」って。私は「もちろんよ!どんな役?」って聞いたらR&Bの予定だって。でも私R&Bなんて歌えない。本当に面白い話なんだけど、当初リーは私にパティ・ラベルの、本人でさえ今は歌えないマライア・キャリーが出すような高音の曲を歌って欲しかったのよ。で、FOXの幹部役員が4,5人いる電話越しに、リーにその曲を歌ったのよ。そうしたら彼は「素晴しい」って言ってくれたけど、私は役員に歌ったつもりだったの。「Missing with My Mind」って曲でヒットソングではなく「知る人ぞ知る」って曲。幹部もうんざりして「おい、歌えてないじゃないか」って感じだったわ。もの凄く下手だったのよ。それで、彼らは私をティンバランドのヒット・ファクトリー・スタジオに送り込み、そこで私たちは「Take Me to the River」を歌うという妥協点に至ったの。私はマイアミのヒット・ファクトリーまで行って、最初の晩ティンバランドは「音をちゃんと出せないなんてどうなっているんだ?」って、終始そんな感じだったわ。彼の音楽の才能は素晴しいけど、私は「ねぇ、パティ・スミスのこと考えてみて、ボブ・ディランのこと考えてみてよ」って調子だったわ。彼は「分かった、分かった」って言うのよ。だけど、最初の2時間は本当に変な感じだった。彼は「この音出せる?」って言って、私は「そんな音出したことないわ」って。
 
JK:だけど、ちゃんとできないかもしれないのに引き受けて、それをやってのけるなんて凄いわ!良い役者とは、やれと言われた事をなんでも出来る人なんじゃなくて、それを理解して彼らのために可能なものにすることが出来る人だと思うのよ。
 
CL:そうね、それで結局マライアのような(高音シンガー)というより、むしろジャニス・ジョップリンもしくはスティービー・ニックスみたいなロックシンガーにキャラクターが変わったのよ。
 
JK:だけど、最高だったわ。あのエピソードがあんなにいいものだとも、あなたが(あんなに上手に)できるとも思ってなかったから。泣くシーンや泣くところから始まるシーンを見ると、「どうやって、泣けって言われて泣けるの。その前のやり取りが必要でしょ。泣けるように何かそのための会話ができるわけ?って思うの。
 
CL:私も泣くシーンが嫌い。私のキャリアの中で、キューが出てちょうどのタイミングで上手くできたのは一回しかないの。ジム・キャリーと共演した『マン・オン・ザ・ムーン
』の時よ。彼は劇中でガンを患っていることになっていて、一日中そのこと何度を考えて泣きじゃくり続けていたの。で、いざ撮影のタイミングになった時には、感情移入できていたってわけ。相手役に私のドラッグを取られそうになって泣いている『エンパイア』のシーンでは、ちょっと涙を浮かべる程度でよかったんだけど、いざ始まると本当に泣き始めちゃったのよ。
今演技のレッスンを受けていて、そこでは忍耐力が必要だけど、私の演技を指導してくれるコーチが素晴しくてたくさんレッスンを受けているの。ステージに立って深みのある役をやればやるほど、もっともっと演技をしたいって本当に思うのよ。今度の芝居の台本を読んでいるところで、準備に何か月も何か月もかかりそう。なんの芝居かは言わないけど、とてもいい話よ。ロッカーがどうなるかという芝居。まぁこの役は私自身のようなものよ。なかなか成功しないロッカーの話で、そうね、例えば10年後の「ヘリウム」のメンバーの話って感じかしらね。「ヘリウム」はインディーズバンドで、あなたがまだお母さんのお腹の中にいた頃私もツアーに参加したことがあるのよ。彼らや「スーパー・ファリー・アニマルズ」などの成功しなかったバンドがどうなるんだろうという話。「緊張なんてしないわ。だってサーストン・ムーアの前座をしたことがあるくらいだから」ってセリフからして、私自身が投影されている感じでしょ。芝居の中でマタドール・レコードと契約をして、そのことで息子を裏切るの。まるで私自身を映し出している芝居ね。私のことではないけれど、私の得意分野だからとってもとっても興味があるし、演じたくてたまらないの。
 
JK:それこそが、何かを常に求め続ける、夢を追い求める、もしくは音楽を作り続けようとする目的よね。
 
CL:そうその通り。本当にいい芝居だから、無事終わると良いんだけど。サム・マークスって人が書いた作品なの。
 
JK:芝居をするのと音楽を作るの、どちらが好き?
 
CL:まだNYではちゃんと芝居をしたことがないから何とも言えない。ミュージカルをやってその中では演技も求められたわ。私は貧乏ゆすりする癖があって、特に手に出ちゃうのよ。身体的にも問題があって、例えば姿勢を真っすぐに保っていられないの。テレビや映画に出るとこういった問題を意識しなければいけないわね。

JEMIMA KIRKE: Hi Courtney!
 
COURTNEY LOVE: Hi Jemima, how are you doing?
 
JK: I don’t know—I’ve just been yelling at contractors for a little bit. I’m trying to destress right now by talking to you.
 
CL: Are you doing your apartment?
 
JK: I’m doing the bottom floor of the house and turning it into a playroom. But anyway, you know how contractors are—so full of shit. Anyhow, where are you?
 
CL: I’m in Los Angeles.
 
JK: Do you like it there? How long have you been there? Seems you’ve been in L.A. for so long now.
 
CL: Like a year and a half almost. It’s ironic: I don’t love it at all. I lived here for 20something years of my life, in New York for about eight and then in London for maybe four. Then Oregon, Portland and Seattle for maybe three or five years. But L.A., I used to love it, and then I just don’t like it anymore. After living in New York for so long, I don’t like it, but I’m getting a lot of acting jobs here. So by being here I’m getting jobs. I just got this film, so I’ll be fine.
 
JK: What’s the film?
 
CL: They are doing the offer today. It’s called The Long Home, with James Franco, and I’m sure there’s not going to be any problems with the offer or anything. It’s like a Southern Gothic, moonshiney film. I’m his wife. It’s a good role. I’m happy about it.
 
JK: Is it sexy? Do you make out with him?
 
CL: No, not in this draft. The original draft, William Gay wrote when he was alive. There’s going to be some revisions, but I’m basically a hooker who is his wife. He’s a moonshiner and I run, like, his brothel, so the first time you see me, I’m doing something sexual with a sailor. It’s pretty dark—William Gay was like O’Connor or Faulkner or something like that, like he was in that group of Southern Gothic writers.
 
JK: Do you find that acting with someone like James Franco who is super talented makes a difference?
 
CL: Absolutely. I’m really emphatic and unfortunately reactive, so I can’t really hold my own. If somebody sucks, I’ll probably suck, and if somebody’s really good, then I’ll come up to their level.
 
JK: I saw you in Empire. Courtney, you were so fucking good! I was blown away!
 
CL: Oh, thank you!
 
JK: It’s just your singing—you singing was my favorite part. It was your voice, it was your style, it was the way you sang painfully, you know, so that was awesome. When you got sent that role, did you immediately want to do that?
 
CL: Yeah! I didn’t get sent that role, though.
 
JK: Did you pursue them?
 
CL: I didn’t pursue—more like stalk. I wrote Lee Daniels and said: “Hi, I’m a big fan. Love, Courtney Love,” and like two minutes later my phone rings and it was Lee Daniels and he said: “I’m doing this little show; no one knows if it’s going to be a hit or not, but will you take a part on it?” and I said: “Absolutely, what’s the part?” and it was supposed to be R&B, and I can’t sing R&B. It’s kind of a really funny story: Initially, he wanted me to sing this Patti LaBelle song that not even Patti LaBelle can sing anymore, with such crazy high Mariah notes, right, and there were like four or five Fox executives on the phone and I sang it to Lee and Lee said, “That’s great,” but I sang it to these Fox executives. It’s called “Messing with My Mind.” It’s not a hit, it’s like a deep cut, and they were cringing, like, “Oh my god, you can’t sing that.” I was so bad at it. So then they sent me down to Timbaland to Hit Factory and we came to the compromise that I would sing “Take Me to the River.” So I came down to Hit Factory in Miami and the first night Timbaland was all, “What is the deal with this girl who can’t hit notes?” and he’s very musically intelligent, but I was like, well, “You know, think Patti Smith, think Bob Dylan,” and he said, “OK, I get it, I get it,” but it was really funny for the first two hours. He was like, “Well, can you hit this note?” and I’m like, “No, I’ve never hit that note.”
 
JK: But I think it’s great that you took it on knowing you probably couldn’t deliver on it and you made it you. I think a good actor is not somebody who can do anything they’re asked to do, but someone who can take it and make it doable for them.
 
CL: Yeah, it did de€finitely change the character to a rock singer more like Joplin or Stevie Nicks more than a Mariah singer.
 
JK: But you killed it. The episode wouldn’t have been as good or you wouldn’t have been able to do it as well. When I see a scene that has crying, or if a scene opens with crying, I’m like, “I don’t know how to cry on command. I need some dialogue—can we put some dialogue in here to help me get there?”
 
CL: I hate doing it. Look, in my whole career I’ve only pulled off crying on cue one time, and that was in Man on the Moon with Jim Carrey. And he has cancer in the movie. All day long I was walking around with all these triggers, sobbing, sobbing, sobbing, and then it’s time to cue the scene and I’m all worked up! In the scene in Empire where I’m crying because she’s taking my drugs from me, I had to mist my eyes, but then I did start to really cry. I’m taking acting classes and that’s where the stamina is, and my acting coach is excellent and I go to class a lot and the more I get on stage and do deeper stuff, the more I really want to do a play. I just read for this play; it takes months and months to set these things up. I don’t want to say what it is, but it’s a good one. It’s a play about what happens to rockers—this role is about me. It’s a play of what happens to rockers who don’t make it, so what happens to say, someone in Helium 10 years from now, you know? Helium was an indie band that I took on tour back when you were a fetus. Like what happens to those bands, or Super Furry Animals or whatever, that didn’t make it. So it’s meta, in the sense that there’s lines like: “I don’t get nervous, I’ve opened for Thurston Moore,” you know? She gets a Matador deal and betrays her son over it. It’s a meta play. It’s not me, but it’s in my wheelhouse, so it’s really, really interesting and I really want to do it.
 
JK: It’s that angle that they always keep chasing it, chasing the dream, or maybe just chasing and trying to keep making music.
 
CL: That’s exactly what this is, and it’s a really good play. I hope it gets done. It’s by a writer named Sam Marks.
 
JK: Do you like doing plays more or making music?
 
CL: I haven’t done plays in New York proper, ever, so I don’t know. I did this musical and that required some acting as well. I have fidgeting issues, I have hand issues, I have issues with my physicality, like keeping a posture straight and all this stuff that I have to think about when I’m on film or TV.

Bra – La Perla | Necklace – Pamela Love | Tights – Capezio | Jeans – Citizens of Humanity

 
Shirt | Citizens of Humanity | Tights | Capezio | Jeans | Citizens of Humanity

 
Necklace – Pamela Love | Dress – Dries Van Noten | Tights – Capezio

JK:変ね、だってあなたって人生でカメラの前に立つよりも多くステージに立ってきたじゃない。歌うのとは違うっていうことは分かっているけれど、そうだとしても演技もパフォーマンスじゃない。
 
CL:そう、演技もパフォーマンス。だけれど別人になり、そこには第四の壁があって最前列にいる人たちに花を手渡したり握手したり、第四の壁を打ち破ることもできない。演技力が必要になるのよ。
 
JK:違う人になるって言ったけど、それってあなたコートニー・ラブとは違う人になりきるってこと?
 
CL:そう。何かのキャラクターになりきるのはとても難しいことだけど、それが私が本当にやりたいことなの。撮影のためにエネルギーを貯めておいて、それを撮影の時に出し切るっていうことをこれまでの映画撮影で学んできてそうしているけど、90年代に映画に出るようになるまで演技の勉強なんてしたことがなかった。だから今演技の勉強を頑張ろうと思っていて、シェークスピアにも挑戦するし、私にとってかなり難しくハードルの高いものでもチャレンジしているの。
 
JK:演技の勉強中ってことだけど、「知っていたらよかった」以上のことを学べていると思う?
 
CL:それはもちろん。姿勢、呼吸から落ち着きのない演技の仕方まで学んでいるわ。マーク・テイパー・フォーラムで『マージョリー・プライム』っていう芝居を観たの。演者は基本ロボットの役で、ずっと舞台女優をやっているルイス・スミスが主演なの。彼女が(劇中)じっと止まると出演者みんなもじっと止まるの。突然のことで驚いたわ。だって(ロボットの役だから)全く動かないのよ。『カンザス・シティ・クワイアー・ボーイ』って劇ではライブで小ぢんまりとしたステージ上で、どうやってほかの人の曲や指示を解釈するかということを学ぶ必要があったわ。ロックンロールの世界では、できるだけ傷付きやすく、観客が求めている物を与えることが肝心なの。だけれど、芝居のステージでは間合い、内なる世界、そして内なる声に耳を傾けることが大切なの。これが、私が芝居に挑戦したい理由の一つ。映画に出るのは本当にワクワクする。ちょうど別のインディーズの映画からもオファーが来ていて、これらの映画に出演するのが本当に楽しみなの。それから、また『エンパイア』に出演できると思う。私はそう信じているの。再出演できたら最高よね。だって今や人気番組だからね。衣装部はめちゃくちゃ盛り上がるでしょうね。待ちきれないわ。製作者がものすごく多くのお金を費やしたから衣装部は金銭的に痛手を受けたの。みんなが自分たちの事で必死だったのよね。ヒットするかも分からない番組だったから。ナオミ・キャンベルが出演した時は、彼女は自分でスタイリストを雇っていたわ。私は「マルケーザ」に電話してガウンを借りたの。「マルケーザ」は好意的に対応してくれたけれど、まだ名の売れていない番組に協力してみようとする人はいなかったわ。その後番組は大人気番組になったけどね。
 
JK:楽しいのよね!撮影前の衣装合わせって大好き。大好きなことの一つよ。
 
CL:ねぇ、ドラマ『ガール』の劇中で着ている服って、普段私服で着ているものに影響を受けている?私はそうだから。着ているものがその人を表すからね。言っている意味わかる?
 
CL:もちろんわかるわ。いいスタイリストはそのことをちゃんと理解していて、心地よいと思えない服を無理に着せようとはしないのよね。ヴィンテージの物は全く話が違うけどね。私の衣装に関しては、私服との融合って感じかな。スタイリストから多くのことを学んだわ。単に素敵に見えてサイズが合っていて、可愛い服を着るってことじゃ本当にないのよね。今着ている服がどういう風に今の人生を反映しているか?ということなのよ。キャラクター同士の関わり合いやコネクションを示すために、色の組み合わせを調和させる様な微妙なことなのよ。それとか、一度ある役が着た服を私がまた着用して再利用することなのよ。それってとてもクールなことよね。ところで、あのバイクの話のドラマはどうだったの?なんて言ったかしら?『ヘルズ・エンジェルス』みたいだけど、それじゃない番組。
 
CL:『サンズ・オブ・アナーキー』ね。
 
JK:私あれ見られなかったのよ。
 
CL:そんなに出演しなかったの。だけど、あのドラマが新しい人生のスタートになった。この時も私からプロデューサーのカート・サッターに連絡をして「私をあなたの番組に出してくれない?」って言ったのよ。そうしたら、幼稚園の先生の役をくれたの。野暮ったい服にエスパドリーユのサンダルなんて役だったけど本当に良い経験ができたわ。みんなの注目を集めるような役ではなかったから、大役をもらった『エンパイア』とは違ったわね。本当に脇役だったけど、その時点で女優として(最後に)演技してから10年も経っていたから本当に緊張したわ。カートが私の頼みを聞いて、その役をくれたことに本当に感謝している。だって、あの役をやったことで社会に、私がちゃんと登場する、前もって登場する、ちゃんと時間通りに来る、着ろと言われたものを何でも着るってことを証明できたからね。今でも少しずつ、ちゃんとできることを証明する努力をしているわ。
 
JK:社会って? 
 
CL:え?
 
JK:「社会に対して」って言ったけど視聴者に対してってこと?
 
CL:映画業界に対してってことよ。映画俳優組合、プロデューサー組合、演出家組合とかよ。
 
JK:なるほど。
 
CL:映画業界の中心がL.A.だからここに住んでいるのよ。舞台業界の中心はニューヨークね。ジュリアン・ムーアのようにニューヨークにも住む素晴しい女優もいるけどね。私もニューヨークに戻れるレベルの女優になれたいいんだけど。
 
JK:L.A.に住む理由は理解している。かなり謙虚だと思うの。それに本当にあなたが真剣であることが分かるわ。時にはしばらくの間どこか別の場所に行く必要があって、それからジュリアン・ムーアのような人たちがL.A.に越す必要はないのよね。いるべき場所と感じるところでスタートを切れたことは素敵だと思うわ。
 
CL:それにね、娘のそばにいるの。数ブロックしか離れていない所に住んでいるの。毎日彼女に会うわけじゃないけど、週に一回程度は一緒に夜を過ごしたりしているのよ。
 
JK:あなたに対する見方や、あなたを雇うことに影響するような先入観を持っている人がいると感じる?
 
CL:今はそんなに感じないわ。もうそういうのは終わりつつあると思う。完全に払拭できるでしょう。
 
JK:努力が報われたのよ。
 
CL:違うわ、リー・デニスやカート・サッターがこれまでの役をくれたおかげよ。私がちゃんとできるってことを証明するチャンスをくれたのよ。
 
JK:(これまでも)プロフェッショナルだったわ。もし現場でプロ意識がなかったり、きちんと仕事をこなしてこなかったなら、あなたを雇ったりしないわ。確かに彼らはあなたにチャンスを与えるために役をくれたけれど、そのチャンスをものにしたのはあなたよ。
 
CL:私は批判的な反応は全く気にしない。要するに、私生活において辛かった時期でも、撮影現場では悪意のあることは絶対にしなかったの。だから、現場では敵はいなかたし、現場では決して悪い人間じゃなかった。私は常に撮影現場を神聖な空間と考えていたから、私生活で問題を抱えていた時でも映画の仕事とは切り離していたの。リカバリーのプログラムには本当に大勢の人が関わっているの。カート・サッターとリー・ダニエルズには話してあって、今の私の状況を理解してもらっている。エージェントは私を育ててくれようとしていて、素晴しい会社よ。10年もエージェントがいなかったから、今のエージェントのために頑張りたいし、広報担当のためにも頑張りたいと思っている。素晴らしい人たちなのよ。本当にいいチームに恵まれているの。
 
JK:ところで、あなたって本当に50歳なの?
 
CL:そうよ、50歳よ。7月で50歳になったけど、恋愛やフェイスリフトなんてする気はないわよ。
 
JK:どんな感じ?女優さんたちに聞いたことがあるんだけど、歳を重ねるといい役をもらうのが大変って。
 
CL:そうね、ちょっとがっかりすることはあるかも。
 
JK:若かった時にもっとチャンスをものにしなかったことを後悔することはある?
 
CL:後悔ね、いくつかあるわ。だけどフランク・シナトラの歌にもあるように、結局は「私のやり方でやってきた」のよ。
 
JK:後悔はないわ、っていう知り合いはいる?私そういうのが大嫌いなの。
 
CL:私は確実にいくつかの後悔はあるわ。
 
JK:「後悔はない」なんて言うのって人間味がなくてモラルに反している気がする。
 
CL:『Je ne regrette rien(後悔なんて全くしていない)』って歌はあるけれど、もちろん後悔することはたくさんある。あの役を受けるべきだった、あの人と結婚すればよかったかも…しなかった理由はわからないけどしなかった。その結果今の私があるし、(その状況に)慣れる自信は結構あるわ。私が映画、テレビ業界に対し示していかなければいけないのは正直であることだと思う。今の自分はこれまでより自制心を持っているからね。 
 
JK :100パーセント同意する。それと同時に規律を守る姿勢があなたに無理をさせることになると思う。感情的になったり、傷つきやすい人がたくさんいるんだから。
 
CL:あのね、私もレナ・ダナムが自分のアイディアをドラマという形にしてそのドラマに出演したように、同じようにやってみたいと思っているの。私は彼女のように才能豊かではないから、共著者が必要ね。私一人ではできないからね。
 
JK:みんな共著者が必要よ。
 
CL:そうね、だから私はキットとディアドレという子たちを見つけたの。基本的には始動している。宣伝はまだしてないけれど、彼女たちは理解してくれているわ。
 
JK:レナはニッチなところにターゲットを絞ったのよ。言うなら、レナがあれを書く前は、あんまり好意的に受け取られなかった人達よ。とても特異なタイプの人達、そういうタイプのグループ。ところで、最近みんなフェミニスト主義を掲げていて、私もそれはとても素晴らしいことだと思っているけれど、特に中年の女性を重視しなければならないわね。
 
CL:40歳過ぎたら男性、お金、人生や不動産がどうなるかって話ね。
 
JK :今私の母がその手の研究にうってつけの存在よ。彼女の人生は完全に変化したのよ。20代に体験した変化よりずっと大きな変化があったのよ。
 
CL:そうでしょうね。
 
JK:今では、母は私より楽しんでいるわ。母が今一体どんな体験をしているのか想像もつかない。
 
CL:お母様、とても楽しんでいるんでしょうね。あなたのお母様は美的にもその他全てにおいて私に大きな影響を与えてくれるの。彼女が大好きよ。それからお母さまの周りにいる霊能力者からあなたの姉妹、ご近所の方までとても魅力的な人が多くて素敵ね。
 
JK:私がどう育てられてきたかということを説明するのはとても難しいの。私の両親が無責任な親だったわけではないからね。彼らは必ずしも向こう見ずだったわけではないの。だけど、家に全てのタイプのエネルギーを持ち込み、全てのタイプの人達を家に連れてきていた。まぁ、医者とか法律家って種の人達はいなかったけれど、それ以外のとりとあらゆる人たちが家に来ていたの。母が人を家に呼ぶときの基準は、「子供がいて、子供と遊べる人か」、「母にとって興味深い人か」ってことのようだった。彼女は、さまざまな職業の人を家に招くのが好きだったの。面白かったのは確かね、ところで、今ラナ・デル・レイとツアー中なんでしょ?
 
CL:そうラナ・デル・レイとツアーしているの。娘といってもおかしくない年齢だから、なんだか変な感じよ。
 
JK:自らの選択なの?あなたがラナ・デル・レイを選んだの?
 
CL:たまたまそうなったのよ。私が「ラナ、ブリティッシュ・ファッション・アワードに行くから一緒に来て」って言ったら、「OK、でもそれなら私のツアーにちょっと参加してよ」ってレナが言ったの。私は「OK、ちょっとならツアーのお手伝いするよ」って言って、それがきっかけで2曲書くことになって、今シングルを書いているの。1つは「Died Blonde」という曲でもう1つは「Miss Narcissist」というの。「Miss Narcissist」はこれまでの私のキャリアの中で最もキャッチーな曲ね。
 
JK:本当?
 
CL:ええ、昨日聞いたけどとてもいい曲よ。まだ完全にマスタ―できてないけどね。ミックスバージョンを聞いたこともあって、それがとても良くて近代的なサウンドでありながらもグランジでロックな感じなのよ。ビルボードのチャートに入るとか、ラジオから流れるなんて思ってないけど、この曲が流れるだろうオルタナティブ系のラジオ放送局は十分にあると思う。
ところで、LAでケーロック(KROQ)を聞いていると、女性シンガーの曲があまりかからないのよ。私の曲も、パラモアの曲もノーダウトの曲もちょっとしかかからないの。オルタナティブ系ラジオで私の曲はまあかからないわね。それって一種馬鹿げている。今はロックンロールにとって厳しい時代。本当に大変。ロックバンドをやっている、すごく仲良のよい友だちがいて、そのバンドは最高なの。多分この何年かで聞いた中で一番のバンドね。彼らはインタースコープ・レコードと(業界としては)典型的な契約を結んでいるけど、それでも苦労している。中流階級にいる人たちでも相当の苦労している。何も大きな家を買うとうか、美術品の収集とかの話をしているわけじゃないの。生活していくのも大変だってこと。
 
JK:音楽業界での大変さっていうのは全く分からないけど、もの凄い数のツアーをやらなくちゃいけないのは想像できる。
 
CL:ツアーこそがバンドがやらなくちゃいけないことよ。だから、今やっているツアーはたいしたことじゃないの。これが終わったらすぐに演技に戻りたい。実際、(今後)ツアーの日々とフランコの映画撮影を交互にやっていかなくちゃいけないのよね。
 
JK:なにかマイリー・サイラスとあなたのことが記事になっていなかった?マイリー・サイラスと何をやっているの?
 
CL:ああ、ツイッターって本当に凄いのね。お互いがフォローし合って友達ができたりするでしょ。それでマイリー・サイラスが私に、「シャトー」で一緒に飲もうって誘ってきたから一緒にコーヒーを飲んだの。で、最終的にはL.A.のベストフレンドともいえるブレット・ラトナーの所に連れて行ったのよ。
 
JK:でも何故マイリー・サイラスを彼の所に連れて行ったの?
 
CL:実は、『ハンナ・モンタナ』をやっている時、マイリーは既にブレットとビデオ撮影をしたことがあったのよ。ブレットの家は、L.A.版のあなたのお母さんの家みたいな所なのよ。人が集まる所で、ブレットの所に行くと色んな人に出会えるのよ。ミッシェル・ゴンドリーもいるかもしれないし、『ヴァレー』のポルノ・スターがいるかもしれないわ。本当に楽しいところなのよ。誰がブレットの家に来るのか分からないの。それが素晴らしいところなの。
 
JK:マイリー・サイラスと音楽でコラボしているの?
 
CL:マイリー・サイラスとは何も音楽関係のことはしてないわ。いいコンビかしらね。彼女はしっかりしていて賢いのよ。彼女のことは大好きよ。
 
JK:ところで、私たちが共感し合えて、特にあなたが力を入れていることに関して聞きたいことがあるんだけど…女優と呼ばれたいがために、それほど一生懸命自分の能力を証明することにフラストレーションを感じることはある?
 
CL:もちろん。
 
JK:私が恐れているのは、「ドラマ『ガール』の女の子」になっちゃうこと。何かをやって沢山のお金を稼いだり、それを長い期間やり続けたりしていると、それが人々にとっての私(のイメージ)になってしまうんじゃないかって。
 
CL:そうね、ロック・スター、過激な内容の曲を歌う挑発的なロック・スターみたいなものね。そういう歌ってただ荒く、(あまり聞く人たちの)慰めにはならないでしょうね。だけど、それこそが私がやっていることで、苦悶、堕落、不安、苦痛の中で仕事をしているの。私は直球のラブソングは歌わない。出来ないの。私の中にはそういうものは存在しない。だから音楽ということになると、あるべき姿という感じかな。マリアンヌ・フェイスフルが1978年流行った『ブロークン・イングリッシュ』以降、何故それみたいな曲を歌わなかったのかという問いに、「私は怒りに支配された女にはなりたくなかった」と言ったのを覚えているわ。それでも彼女といえばあの復活と怒りで知られているのよね。
 
JK:私たち計算高くいろいろ行わなくちゃいけないわね。そうなると、本来やりたいことが出来なくなるのよね。この表現を使うのは嫌だけど、でも結局、何をするにせよ真剣に取り組めば、おのずと周囲もあなたのことを相手にしてくれるってことね。
 
CL:あなたが前に言ったことだけど、要するに自制心よね。自制心をもってすれば苦難を乗り越えられる。だから、私がちゃんと仕事場に出向いて自制心をもってさえすれば、だけどそれが出来るということを証明しなければならないけれど…。そう、テッドで話してもらえないかって依頼が来たのよ。「評判」について話してくれって。
 
JK:え!話すべきよ!
 
CL:でもそれについて語るより、むしろ自分の評判を身をもって示したらどうかなって思っているの。言っていることわかる?世の中に人の前で大きな声でそれを話すよりも、自分の評判というものを自分の行動で証明できてから話してもいいかなと思っているの。悪い評判を受け入れて、それを良い評判に変えていくこと、気分が悪くなるようなそれら全てを糧にして毒を薬に変えるの。それが私の答えよ。
 
JK:まだまだ、たくさん聞きたいことはあるけれど、次の機会にとっておくわね。
 
Cl:そうね。会える日を楽しみにしているわ。
 
JK:わたしも。コートニーありがとう。

JK: It’s strange because you’ve been on stage in your life more than you’ve been in front of a camera. I know it’s different because that’s singing, but it’s still performing.
 
CL: It is, it’s performance, but being a different person and having a fourth wall and not being able to hand out flowers to people in the front row or hold their hands or break the fourth wall, that’s a skill in itself.
 
JK: When you say being a different person, do you mean being a different person from who you are?
 
CL: Yeah, to be this character is really challenging and something I really want to do. I mean, I’ve done enough films to know how to save up my energy for the take and then give it on the take and do that, but I was never trained before in the ’90s when I was doing films, and so now I’ve decided to really go for being trained, you know, take on Shakespeare, take on things that are really difficult and challenging for me.
 
JK: Do you find that now that you’re being trained you’re learning so much more than you wish you knew?
 
CL: Oh god, yeah, from posture to breathing to fidgeting. I saw a play called Marjorie Prime at the Taper and they’re robots basically, and it stars Lois Smith, who’s a stage actress who’s been around forever, and she stops still—everyone in that play stops still. And it was really an epiphany, because, you know, there is no onstage fidgeting. You know, with Kansas City Choir Boy I also had to learn how to interpret someone else’s music and interpret someone else’s direction onstage in a live and intimate space. In rock ’n’ roll it’s really about being as vulnerable as possible and giving them what they want. But onstage it’s about pausing, about internal life, it’s about internal triggers—that’s one of the reasons I’m really challenged to do a play. I’m super excited to be doing a movie; I just got offered another indie movie too and I’m really, really excited to be doing these films. And I think I’m coming back to Empire. I think so. So that would be really amazing, especially now that it’s a hit. The wardrobe department will be really on fire. I can’t wait for that. They spent a fortune on everything and the wardrobe department kind of suffered, so it was every man for himself, because no one knew it was a hit yet. When Naomi Campbell came on she hired a stylist. I called Marchesa and got a gown; they were really kind about it, but people didn’t want to take a chance on an unknown show yet, and then it blew up.
 
JK: That’s always fun! I love going to fittings before we shoot. It’s one of my favorite things.
 
CL: Do you find that what you wear for your character on Girls is inspired a lot from what you’re wearing personally? Because I certainly do. What I’m wearing really informs, you know what I’m talking about?
 
JK: Absolutely. A good stylist knows that and is not going to push you to wear something that you’re not comfortable with. Period pieces are a whole other thing. But yes, it’s collaboration. I’ve learned so much from the stylists; it’s truly not about just dressing in what looks good or fits right or is cute or whatever. It’s how does this outfit that she’s wearing today show where she is right now in her life? Subtle things, like putting matching
colors with some of the characters just to show and bring the connection, and like replacing something that one character used to wear and now I’m wearing it, it’s really cool. And how about the other one you did, the motorcycle one, what’s it called? The Hells Angels one, but it’s not Hells Angels?
 
CL: Oh, Sons of Anarchy.
 
JK: I didn’t get to watch that.
 
CL: It wasn’t a lot. It was my start into this chapter of my life. Again, I got in touch with the producer, Kurt Sutter, and I was like, “Can I be on your show?” He gave me the part of a kindergarten teacher and it was really like dowdy dresses and espadrilles. It was really great. I wasn’t like chomping on the scenery—it wasn’t like with Empire, where I got some big stuff. I was there as a supporting costar and that’s what I did. But I was still crazy nervous about it because it’s been 10 years; I hadn’t acted professionally in 10 years at that point, and Kurt really did me a solid by letting me have that part because, you know, it sort of showed the community and I am proving it slowly that I show up, that I show up early, that I’m on time, that they can dress me in anything. I don’t really care, I’m not picky—if it’s right for the character, it’s fine, you know? And I really want the community to know that.
 
JK: What community?
 
CL: What?
 
JK:The audience? When you say “the community”?
 
CL: The film community—like the Screen Actors Guild and the Producers Guild and the Directors Guild.
 
JK: Yeah, OK.
 
CL: So that’s why I live in L.A., because most of the community is here. A lot of the theater community is in New York. There are some serious great actresses, like Julianne Moore, who live in New York as well. Hopefully I can get to the level where I can move back.
 
JK: I understand why you live in L.A. I think it’s quite humbling; I think it shows you really want this. Sometimes you need to move for a while and someone like Julianne Moore doesn’t need to move to L.A. and I think that’s cool that you’re starting at the place where you feel you should be.
 
CL: Also, I’m really near my daughter, a few blocks down. Not that I see her every day, but we do spend the night like once a week or something.
 
JK: Do you feel like people have a preconceived notion of you that affects how they are seeing you or whether they hire you?
 
CL: Not really right now. It’s coming undone—it’s definitely going away.
 
JK: I think it’s your own doing, by the way.
 
CL: No, it’s Lee Daniels’ and Kurt Sutter’s doing, by giving me these roles. It’s showing the community that I can.
 
JK: But you were professional. If you weren’t professional on set or if you didn’t do your job right, then people wouldn’t hire you. They gave you these jobs to give you the opportunity, but you stepped up.
 
CL: I’m not hearing any blowback at all. I mean, even when I stepped out from doing films and had a dark period, I never did anything dark on a set, so I never made enemies on a set. I never was a bad girl on a set; I always considered films a really sacred space, so when I had my problems, I had them very much away from the film community. Look, there’s so many people in the program, in recovery. I’ve talked to Kurt Sutter and Lee Daniels and they know where I’m at. My agents are really nurturing and great. I didn’t have an agent for 10 years, so I’m devoted to my agents and I’m devoted to my publicist. They’re fantastic. I have a really good team around me.
 
JK: On a side note, are you really 50?
 
CL: Yes, I’m 50. I turned 50 in July. But I’m not going out and getting a facelift.
 
JK: How do you feel about it? I’ve heard from a few actresses that it’s hard to get good roles as you get older.
 
CL: Well, you can get a little disillusioned.
 
JK: Do you ever regret not taking advantage of things more when you were younger?
 
CL: Regrets, I have a few, but in the end, as Frank Sinatra sings, “I did it my way.”
 
JK: You know those people who say they don’t have any regrets? I hate that so much.
 
CL: I have a few regrets, for sure.
 
JK: It’s so inhuman and so immoral to say, “I have no regrets.”
 
CL: Je ne regrette rien. I have a lot of regrets, of course I do. I should have taken that part; I should have maybe married that one, I don’t know, but I didn’t. So I am what I am and I’m pretty con€dent that I can break in. I think what I have to offer on film and on television is honest and I’m more disciplined than I was ever before.
 
JK: I 100 percent agree, and I think that your discipline is going to take you far, because there’s a lot of people who can be emotional and vulnerable.
 
CL: You know, part of me wants to do what Lena [Dunham] did in the sense of coming up with my own idea and my own show. I’m not as prolific a writer as her; I need a cowriter, because I can’t just do it myself. I just can’t.
 
JK: Everyone needs a cowriter.
 
CL: Yeah, so I found this girl Kit and this girl Dierdre. And basically started. I don’t have the pitch done yet, but these girls understand it.
 
JK: Lena targeted a niche, a very specific niche that if you tried to say what it was before she wrote it not a lot of people could relate. It’s a very specific type of person, type of crowd. Everyone’s on the feminist train right now, which I’m thrilled about, but right now it needs to be about older women.
 
CL: It’s about what happens after 40 with men, with money and with life and real estate.
 
JK: My mother is the perfect character study for this right now. I mean really—her life has completely changed. Bigger changes happened now than in her 20s.
 
CL: Definitely.
 
JK: She’s having more fun right now than I am. I can’t imagine what she’s learning about herself.
 
CL: I’m sure she’s having a blast. Your mom is a big influence on me, aesthetically and all sorts of ways. I love your mom. I got fascinated with all these characters around her, from the psychic to your sisters to your neighbors.
 
JK: It’s very hard to describe to people sometimes the way I grew up, because it wasn’t like my parents were irresponsible. They weren’t necessarily reckless, but they were bringing all types of energy into the house, all kinds of people. There were never doctors or lawyers but there were all kinds of others. I feel like the criteria for who she would let in the house was always just like, “Do they have kids? Can they play with my kids? Are they interesting to me?” She loved bringing people in the house from all walks of life. Interesting, that’s for sure. So you’re doing a tour with Lana Del Rey, right?
 
CL: I’m doing a tour with Lana Del Rey. She’s young enough to be my daughter—it’s kind of weird.
 
JK: Did you choose that? Did you choose Lana Del Rey?
 
CL: It just happened, Jemima. I was like, “Lana, come to London to the British Fashion Awards with me,” and she was like, “OK. If I do that, then you have to do a little bit of my tour,” and I was like, “OK, I’ll do a little bit of your tour,” and that led to me writing two songs and I’m dropping a single. One’s called “Died Blonde” and the other one’s called “Miss Narcissist,” and “Miss Narcissist” is like the catchiest song of my career so far.
 
JK: Really?
 
CL: Yeah, it’s super good. I heard it yesterday. It’s not mastered yet, but I’ve heard it mixed and it’s really good and modern sounding but still grungy and rock. I don’t think it’s going to end up on Billboard or on radio, but there’s enough outlets for alternative radio that it will end up there. By the way, if you’re in L.A. and you listen to KROQ, they don’t play a lot of chicks. They play me a little, they play Paramore a little, they play No Doubt a little, and that’s sort of it. I’m the last chick on alternative radio that they’ll play, and it’s really kind of stupid. It’s so hard for rock ’n’ roll right now—it’s so hard. I have someone really close to me who is in a rock band and they’re excellent, they’re the best rock band I’ve heard in years, and they signed an old school deal with Interscope but it’s really a struggle and it’s a struggle just to be middle class. I’m not talking big houses and art collections. I’m talking about just getting by.
 
JK: I mean I don’t know anything about the struggles in the music industry, but I can only imagine that you have to do a fuckload of touring.
 
CL: That’s what you gotta do, go on tour. So this is a little bit of touring, but I want to go back to acting immediately after it. In fact, I have to weave the touring days in and out of my Franco movie.
 
JK: Did I read something about you and Miley Cyrus? What are you doing with Miley Cyrus?
 
CL: Yeah, Twitter is an amazing thing, because people follow each other and they can make friends, and so Miley Cyrus asked me to like come and have a drink with her at the Chateau, so I went and had coffee with her. I ended up taking her over to Brett Ratner’s, who’s basically my best friend in town.
 
JK: But why did you bring Miley Cyrus to him?
 
CL: Actually, Miley, when she had Hannah Montana, had already done a video with Brett, and Brett’s house is like the equivalent of your mom’s in a way in L.A. It’s like a salon—you go over to Brett’s house, you never know who you’re going to meet. Michel Gondry could be there or like porn stars from the Valley. It’s really fun. You never know who’s going to be at Brett’s house—it’s awesome.
 
JK: Are you doing any music with Miley Cyrus?
 
CL: No, I have not made any music with Miley Cyrus. I don’t know that that would be a good match, but she’s really put together and smart. I liked her a lot.
 
JK: I want to ask you, this is something that I think we can relate on, you on a much stronger level, by the way, but do you find it frustrating that you have to so strongly prove yourself when you want to be called an actor?
 
CL: Absolutely.
 
JK: My nightmare is to be “that girl from Girls.” I always feel like if you make a lot of money doing something or if you’re doing something for a long time, then that’s what you are to people.
 
CL: Yeah, like a rock star, like a provocative rock star that sings about gnarly stuff. Which, by the way, these songs don’t do anything to dispel that; they’re both really kind of filthy. But that’s kind of what I do—I do sort of work in torture, filth, angst and torment. I don’t do straight love songs. I can’t. It’s not in me. So when it comes to music, it is what it is. I remember seeing a Marianne Faithfull quote about why she didn’t do anything like
Broken English after Broken English back in 1978, and she said: “I didn’t want to be the rage girl,” but it’s still what she’s known for, that comeback and that rage.
 
JK: We have to be so calculated with our moves, you know, and that really stops what you actually want to do. I hate this expression, but at the end of the day, if you take yourself seriously at whatever you’re doing, then people will take you seriously.
 
CL: It’s what you said earlier—it’s about discipline. Discipline is going to see me through, so I think as long as I show up and I’m disciplined, but I still have to prove myself … I got asked to speak at TED—they want me to speak on “reputation.”
 
JK: Oh, you should do it!
 
CL: I’m thinking, rather than speak on it, why don’t I just prove it? You know what I mean? Rather than discuss it out loud in front of the world, why don’t I just prove it and then maybe speak on it after I’ve proven it? Take a bad reputation and turn it into a good one, take all those things that were hideous and turn poison into medicine. So that’s my answer to that, my love.
 
JK: I have a million more questions, but we can save that for some other time.
 
CL: All right, darling. I can’t wait to see you.
 
JK: Me too. Thanks, Courtney.

Coat – Vintage | Necklace – Pamela Love | Shirt – Dries Van Noten | Bra – La Perla | Tights – Capezio | Shoes – Christian Louboutin