DAVID BAILEY

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail to someone

TEXT BY CAROLINE RYDER | PHOTOGRAPHY BY DAVID BAILEY | PHOTOGRAPHY


労働者階級のテイラーの息子で典型的なコックニーの若者だったデイヴィッド・ベイリーは1960年イギリス『Vogue』誌のアート・ディレクター、ジョン・パーソンズと契約を結び成功を収めた

当時20歳だったベイリーは、『Vogue』誌史上最年少で最も大胆なカメラマンだった。ベイリーは、パールのネックレスを付けた堅苦しい感じの上流階級の女性の写真を型破りで遊び心溢れるボーイッシュで魅力的な女性の写真に換えたのだ。すなわち、ベイリーが撮ったペギー・モフィット、ジーン・シュリンプトン、ペネロープ・トゥリーなどの写真が1960年代のロンドンを定義づけ続けていったのだ。またベイリーは1966年の反体制文化時代のアントニーニの映画『Blow Up(邦題“欲望”)』の「トーマス」モデルとなったことで有名だ。彼も「トーマス」同様、アイコン的美女を愛し、ジーン・シュリンプトンが当時22歳のベイリーと交際を始めたのは18歳の時で、そこから彼女のモデルキャリアが始まった。1965年彼はカトリーヌ・ドヌーヴと結婚し、1972年にはペネロープ・トゥリーと親密な仲になり、その後1974年マリー・ヘルヴィンと再婚した。(その後再び離婚、再婚し)この32年間は幸せな結婚生活を送っている。これまで彼が愛してきた女性たちはその美貌に匹敵する知性があり、その点においてラッキーだったとベイリーは話す。彼は「ペネロープはフェミニストだったね」とロンドンからの電話越しに話す。「この30年間はフェミニストであるキャサリン・ベイリーと生活をしているよ。私は強い女性が好きなんだ。強い男性もね」
 
58年にわたるキャリアのなかで、彼はファッションに対する審美眼を鍛えてきた以上に、モデル、僧侶、同様に殺人者をレンズに捉える技を磨いてきたのだ。「善悪を判断するのは僕の仕事ではない」と彼は話す。例えば、彼が60年代に撮った写真の被写体のレジーとロン・クレイは一卵性の双子で、当時ロンドンで最も危険な男と称されたギャングだった。蛇を持ったクレイ兄弟の有名な写真をはじめとしたそれらの写真を、ベイリーは写真集『Bailey’s East End』で披露した。「蛇の名前は、彼らを逮捕しようとしていた警察官の名前にちなんでつけられたんだ」とベイリーは話す。彼が撮った写真の中には1965年のレジ―・クレイの結婚式の写真があり、これはベイリーが撮った初めてのウェディングの写真である(二度目となるウェディング・ピクチャーはごく最近のものでジェリー・ホールズとルパート・マードックの結婚の時)。「レジーにウェディングの写真を頼まれたんだ。で…レジ―の頼みは断りづらかったし、彼のことは好きだったからね」。レジ―の結婚式の15年前には、恐らくクレイ兄弟がベイリーの父親の顔をカミソリで切りつけるという事件があった—このことに父親は怒っていなかったのか?「あれは個人的なことではなかったんだ。まぁ父は生意気な奴だったからね」
 
コックニーという見えない境界線で区切られ、みんなが「生き残るためにベストを尽くす」必要があったイースト・エンドの生活はこんな感じだった。成功を手に入れた者もいれば、そうでない者もいた。金髪の「アント・ドリー」と呼ばれた女たち(ベイリー曰く「当時誰にもアント・ドリーがいた」)はジントニックと音の外れたピアノに合わせた歌とで場の雰囲気を明るくした。「イースト・エンドの女性はジーン・シュリンプトンとは全く違う感じだった」とベイリーは話す。イースト・ロンドンのイースト・ハムで育ったベイリーはナチの爆撃による瓦礫の中で遊んだり、爆弾の金属片を自宅に持ち帰ったりした。イギリスの凝り固まった階級制度の底辺出身の彼には、人生の選択肢などないようなものだった。「僕のようなアクセントがあったら、社会に受け入れられなかっただろう」と彼は言う。「だけど、結局相手にされない労働者階級なんていくらでもあったんだ」。

The quintessential Cockney lad made good, David Bailey was a cheeky working-class tailor’s son when, in 1960, John Parsons, the art director of British Vogue, gave him a contract.

Aged 20, he was the youngest—and boldest—photographer in the history of the magazine, replacing its staid photographs of stiff, upper-class women in pearls with offbeat, playful shots of gamine beauties, his photos of Peggy Moffitt, Jean Shrimpton, and Penelope Tree going on to define London in the 1960s. Famously, Bailey became the inspiration for the rakish, jaded fashion photographer “Thomas” in Antonioni’s 1966 counter-culture classic Blow Up, and like Thomas, Bailey loved many iconic beauties—Jean Shrimpton was 18 when she became Bailey’s girlfriend, and Bailey, then 22, launched her career. He married Catherine Deneuve in 1965, took up with model Penelope Tree in 1972, then married Marie Helvin in 1974. For the last 32 years, he has been happily married; he’s been fortunate, he says, in that his loves have always had minds that match their looks. “Penelope Tree was a feminist,” he says on the phone from London. “And I’ve lived with Catherine Bailey, a feminist, for the last 30 years. I like strong women, and I like strong men.”
 
In a professional career spanning 58 years, Bailey has trained his eye on much more than fashion, his lens drawn to models, monks and murderers alike. “It’s not my place to make moral judgments,” he says. Two of his subjects, Reg and Ron Kray, for instance, were identical-twin gangsters once described as the most dangerous men in Britain, whom Bailey photographed in the ’60s. He has printed some of those photographs in Bailey’s East End, featuring his famous shot of the Krays each holding a snake, among many more. “The snakes were named after the policemen that were trying to arrest them,” says Bailey. Included are some of his photos from Reggie Kray’s 1965 wedding to 21-year-old Frances Shea—the first wedding Bailey ever shot (the second was much more recent—Jerry Hall’s to Rupert Murdoch). “Reg asked me to do it, and you know … it’s difficult to refuse Reg, and I quite liked him,” says Bailey. Fifteen years before the wedding, the Krays had supposedly slashed Bailey’s father’s face with a razor—wasn’t he angry with them? “No. It wasn’t personal. My dad was a kind of jack the lad, anyway.”
 
Such was life in Bailey’s East End, a dystopic Cockney bubble where everybody had to “make the best of things in order to survive,” with varying success. Bleach-blonde “Aunt Dollies” (“everyone had an Aunt Dolly,” says Bailey) lightened the mood with their gins and tonics and songs over out-of-tune pub pianos. “East End women didn’t all look like Jean Shrimpton,” says Bailey. Growing up in East Ham, East London, he played among the rubble that remained during the Nazi bombings, bringing home shrapnel. Coming from the bottom of Britain’s rigid class system, there were few life choices available to him. “If you had an accent like mine, you weren’t accepted by society,” he says. “But in the end there were just too many working class to ignore.”

“A photo that came to light just recently from the Archive” East End, 1961

ベイリーは1960年代にあった大きなコックニー出身者の成功物語の流れの一部になった。「僕、テリー・スタンプ、マイケル・ケイン、旧友のミック(ジャガー)とね…ミックには僕の結婚式の介添人をしてもらったんだ」。ベイリーがロンドンのサクセスストーリー最大の成功者の一人になり、ベイリーはロンドンのイースト・エンドでの人々の注目を集め続けたが、また彼もイースト・エンドに焦点を当て続けた。結局ホームタウンに代わる場所はない。かつてレジーがベイリーに言ったことがあった。「デイヴ、俺もお前みたいにまっとうに生きてこれたらよかったのに」。ベイリーには、ギャングというバックグラウンを持つ人からこんなことを聞くなんて、かなり親しみを感じたことだろう。
 
ベイリーにとってモノグラフは彼の人生を記録し続ける方法である。彼が初めて出版した『Box of Pin Ups』(1965)は今や極めて価値があり、コピーがオークションで最高2万ポンドで競り落とされたことがあるほどだ。そして現在彼は『Bailey’s East End』に続く2作品を制作中だ。一つはインドの東北部ナガランド州の首狩り族に関するものだ(もう一つについては現段階では話したくないとのこと)。彼がアーカイブを作りその編さんを続けるのであれば、今までしてきたようにフィルムで撮影を続け写真集を作り続けるだろう。「もしアフガニスタンでヘリコプターから飛び降りて急いで撮影するならデジタルカメラを使うかもね。だけどそういう場合にのみ。インスタグラムに関してはあんなものなくていい。インスタグラムのフィルターがなんなのかも知らないね」
 
ベイリーの作品全てが彼を象徴するものかもしれないが、それは彼が世界を知るための手段の一つでしかないのだ。「写真撮影は単に仕事の一つであって、手段でしかない」。彼はブロンズ像を作るのも好だし、今朝は絵を描いてきたと言う。「女性器と男性器を持ち合わせる女性の絵だよ」。朝早く起きて、ロンドンにある教会を改修した新しい自宅の裏庭にイーゼルをセットするのだ。「最後はやっぱり教会で死ぬって感じかな」と冗談を言う。少なくとも天国には行くだろうね、と言うと「わからないよ。楽しい人達はみんな天国じゃない方に行くからね」と答えた。

Bailey became part of a tidal wave of Cockney success stories in the 1960s. “Myself, Terry Stamp, Michael Caine, my old mate Mick [Jagger]…Mick was best man to one of my weddings.” As Bailey grew into one of London’s biggest success stories, the eye of the East End remained upon him … and his upon it. There’s no place like home, after all. Once in conversation Reggie said to Bailey, “Dave, I wish I could have done it legit like you.” He thought that was quite an endearing thing to hear, from someone with a violent background.
 
Monographs, for Bailey, are his way of keeping a journal of his life. The first one he published, Box of Pin Ups (1965), is extremely valuable now—copies have sold for up to £20,000 at auction. And he’s currently working on two more, to follow Bailey’s East End. One is about tribal headhunters in Nagaland, a state in northeast India; the other he doesn’t want to talk about yet. As long as he continues to build and re-examine his archive, he’ll carry on making books, shooting mostly on film, as he always has. “I’ll shoot digital if I’m jumping out of helicopters in Afghanistan, trying to get quick shots, but that’s it,” he says. “As for Instagram, forget it. I don’t even know what an Instagram filter is.”
 
Iconic as his photographic oeuvre may be, that’s just one of many ways he explores the world. “Photography is just part of the deal, an instrument,” he says, adding that he likes to make bronze sculptures, and worked on a painting this morning—“it’s of a woman with a pussy and a dick.” He got up early and set up his easel in the back yard of his new home, a converted church in London. “Looks like I’m going to die in a church after all,” he jokes. At least he’ll go to heaven, we point out. “I’m not sure,” he replies. “All the fun people go to the other place.”

Charlie Papier, Danny O’Conner and David Bailey. “I grew up with Irish and Jews” © David Bailey

 
Stratford 1960s © David Bailey

 
Agnes, Bailey’s Mother in Kitchen. Late 1950s © David Bailey

 
East End docks being pulled down in the 1980s © David Bailey

 
East End docks being pulled down in the 1980s © David Bailey

 
Stepney Green, East End, 2000s © David Bailey

 
East End, 2000s © David Bailey

 
Bow Road, East End, 2000s © David Bailey

 
“White Spirit” Upton Park Church 2010 © David Bailey

 
Catherine Bailey. Fashion shoot for Bailey’s magazines RITZ. Royal Docks East London, 1983 © David Bailey

 
From a series of paintings called Hitler Killed The Duck. When the Odeon cinema was bombed by a V2. I was 6 and half when this happened. I thought Hitler had killed Bambi and Mickey Mouse. 2008 © David Bailey

 
Kray Twins at a safe house in East London, 1968 © David Bailey