GILES DULEY BY ANGELINA JOLIE

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail to someone

TEXT BY ANGELINA JOLIE | PHOTOGRAPHY BY GILES DULEY/ UNHCR | PHOTOGRAPHY

Responsive image

初めてジャイルズ・デュレイに会った時、彼はシリア人難民のフルードを紹介してくれた。彼女は狙撃者に撃たれ首から下が麻痺しているが、今は愛情深い夫と献身的な子たちと一緒にレバノンの難民キャンプに住んでいる。彼女に会って、それまで抱いていたシリア人、シリア難民に対する考えや見方が変わらない人はいないだろう。彼女に直接会える人は少ないが、ジャイルズの写真が世界に彼女のことを伝える。写真家が同じカメラや照明を使い、同じ構図で写真を撮影することは出来る。その違いはレンズの向こう側の人々の思いや、カメラマンがその瞬間に何を見出し、惹きつけられたのか—―どのような精神的繋がりを築くのかということであろう。そして、それこそがジャイルズの写真の魅力である。彼の写真を見ると彼との気持ちを共有出来る。彼が世界中の人々の様々な状況と深く結びついているのは明らかである。実は彼自身も試練を乗り越えてきている。逆境によって思いやりが育まれると言われるが、ジャイルズの作品はまさにその証と言っていいだろう。

I met Giles Duley the day he introduced me to Khouloud, a Syrian refugee mother paralyzed from the neck down after being shot by a sniper, who lives in a small tent in a refugee camp in Lebanon with her loving husband and devoted children. I know that anyone meeting her would completely change how they think and feel about Syrian people and refugees. Few people will have the chance to meet her in person, but Giles’s photography introduces her to the world.Different photographers can use the same camera or light, or all shoot the same frame. But what is different is the soul of the person behind the lens, and the moments they recognize and are drawn to—the emotional connection they make. That is what I love about Giles’s photography. Looking at his images, we can feel what he feels. It’s clear that he connects deeply to the human condition of people from all over the world. He himself has been through an ordeal. They say that adversity helps grow compassion, and Giles’s art certainly seems to bear that out.

An Afghan woman, with her baby, sits in shock by the beach moments after their boat landed. Lesvos, Greece. 28th October 2015.
2015年10月28日 ギリシャ・レスボス 赤ちゃんを抱くアフガニスタン女性。ボートが無事海岸に着き呆然と座り込む。

アンジェリーナ・ジョリー(AJ):ご自身のことを「ストーリーテラー(物語を語る人)」と仰っていますが、ストーリーの本質と力はどこからインスピレーションを受けますか?ジャイルズ・デュレイ(以下GD):ストーリーには物凄いパワーがあります。私もよく分からないのですが、ストーリーが持つ魔力によって、私たちは世界や他の人たちのことを理解することが出来るのです。人類の誕生以来、私たちは人生のストーリーを語り続けてきました。キャンプファイヤーを囲んで語るような話、洞窟に描かれた壁画、本や映画でも、とにかくストーリーは人間の文化と存在にとって大きな役割を担ってきました。私もその伝統に則っています。私は正確な情報にこだわるようなジャーナリストではありません。私はみんなが持つ人間性や他者に対する共感性、人々を結び付けるようなものに興味があります。
 
AJ:見る人の理解や感情を変えるためにストーリーを伝えているのだと思いますが、そのストーリーによってご自身にも変化がありますか?
 
GD:私のストーリーは他者の人生の中に息づくものです。この仕事は私の人生ですから、もちろん強い影響を受けます。私が追い続けている人たちとは、もう何年もの付き合いになります。友人でもあるので、時々彼らが置かれた状況を考え、自分の努力が足りないのではという気がして心配のあまり眠れないこともあります。ですが、この仕事から多くのことも得ました。それは、その経験や友情がもたらしてくれた笑いと涙。これまで私が与えてきたものより、得たものの方が遥かに多いと思います。
 
AJ:一年にわたりヨーロッパから中東における難民危機を取材してこられましたが、何か予期せずに学んだことはありますか?
 
GD:私は10年以上、世界の紛争が一般市民に与える影響を取材してきました。しかし、このような取材をヨーロッパですることになるとは思ってもみませんでした。レスボス島にいながら、私が嫌というほど知っている戦禍から逃れてヨーロッパの海岸に到着したアフガニスタン人やシリア人、イラク人に出会いました。これにより、当たり前のことですが、世界がどれほど小さく、相互に繋がっているかということを再認識しました。いちばん衝撃的だったのは、ヨーロッパの反応、むしろ無反応さです。恥ずべきことだと思います。
 
AJ:あなたの写真には生々しいエモーショナルな力があります。世の中が貼ったレッテルではなく、人間のありのままの姿を映し出しています。写真の被写体は「犠牲者」や「難民」ではなく、私たちのように普通の人です。紛争の影響を受けた家族の人間性をそこまで描写するのはどうしてでしょうか?
 
GD;特に深く考えていたわけではないのですが、自然と私の仕事にマッチしました。地位や宗教、国籍にかかわらず、私は全ての人を同じように捉えています。つまり、私の目には共通の人間性が映ります。どこへ行っても、人の希望と夢は変わりません。それは、家族を守り、子どもを学校に通わせ、大切な人が病気になったら手当てするということです。私のカメラはいわば民主的なのです。つまり、人を批判しレッテルを貼るのではなく平等に見ています。
 
AJ:ご自分も大きな災難に遭われましたが、あなたのクリエイティビティにどのような影響を与えましたか?
 
GD:あの事故によって全てが変わりました。一年以上も入院生活を送り、もう二度と仕事をすることも一人で生活することも出来ないだろうと言われました。私が仕事に戻れるなんて、誰も思っていませんでした。ですが、私は早い段階で、出来ないことに目を向けるのではなく出来ることに集中し、自分の力を発揮しようと心に決めました。
 
まあ、確かに写真家としての活動がこの怪我のせいで大変限られてしまっています。早く動くことも、跪くことも、いい景色を撮影するために何かによじ登ることもできません。すぐに疲れてしまいますし、常に痛みが付きまといます。でもそのことは考えないようにしています。私が目を向けるのは、それでもまだ写真が撮れ、大好きな仕事が出来るということです。そして怪我のおかげで、他者への共感力や人との結び付きが強くなりました。それは今の不便な状況を凌駕するほどのことです。正直言って、あの事故以来、私は以前より強くなり、(やるべきことに)集中出来るようになり、それまで以上に良い人間、良い写真家になったと思います。
 
AJ:かつて写真に収めたご家族を、折に触れ訪ねることがあるそうですね。中には何度も訪ねることもあると。しかし、難民の置かれている状況は殆ど変わらず、彼らが食料や支援金が徐々に減らされて行く中、難民キャンプなどに取り残されている現状を目の当たりにして、ご自身の仕事への信念が揺らぐことはありませんか?そのような辛い時、どのようにして進み続けるのでしょうか?
 
GD:大切だと思うストーリーがあれば、それを伝え続けなければなりません。いずれ耳を傾けてくれる人が現れるでしょう。私たちメディアは、常に「次のストーリー」に進んでしまいます。しかし、ある家族、コミュニティーの惨状がまったく変わらなければ、その現状を伝え続けることが私の仕事なのです。もちろん落ち込みますよ。再び訪れて同じ惨状を目にすると、自分が役に立てなかった気持ちになります。
 
フルードの話もまさにそうでした。2014年に初めて彼女を訪ねた時、彼女はとても弱っていて支えが必要でした。それなのに、2年経っても彼らが同じ簡易なテントに住んでいることを知り、私は憤慨しました。「人生が変わらないのなら伝えることに何の意味があるのか?」と思いました。実際フルードとご家族に会いに行くと、涙が溢れ出ました。2年以上もの間、彼女は窓のないとても狭い部屋のベッドから出ることがなかったのです。拷問のような生活なのに、彼女は相変わらず笑顔でした。私が最初に発した言葉は「役に立てなかったね」でした。

ANGELINA JOLIE: You describe yourself as a “storyteller”—what is it about the nature and power of stories that inspires you?GILES DULEY: Stories have incredible power. I don’t truly understand, but they have a mojo, a magic that helps us to comprehend the world and others. Since the birth of humankind we have been telling stories to each other; from campfires, cave paintings, books and film, storytelling is central to our culture and being. I follow in that tradition. I’m not a journalist—I don’t focus on facts and figures. I’m interested in our shared humanity, our empathy for others and the details in life that help us to connect.AJ: You tell stories to change the perceptions and emotions of your audience, but do you find that they change you as well?
 
GD: My story lives in the stories of others. This work is my life, so of course it deeply affects you. Many of those whose lives I document I’ve known for years; they are my friends, and sometimes I struggle to sleep knowing where they are and feeling I haven’t done enough. But this work also gives my life so much; the experiences and friendships have brought me laughter and tears, and I have received far more than I have given.
 
AJ: After a year covering the refugee crisis from Europe to the Middle East, what have you learned that you were perhaps not expecting?
 
GD: I have covered the effects of conflict on civilians across the world for over a decade; what I didn’t expect was to be covering those stories in Europe. It’s maybe an obvious thing to say, but being in Lesvos, meeting Afghanis, Syrians, Iraqis who were fleeing wars I know all to well—to see them landing on the shores of Europe I realized how small and interconnected our world really is. What shocked me the most was Europe’s response to the crisis, or rather lack of it. It was shameful.
 
AJ: Your photography has raw emotional force. You show people as they are, not as they are labeled by the world. Your subjects are not “victims” or “refugees” but people just like us. Why is it so important to you to show the humanity of families affected by conflict?
 
GD: It was never anything I considered or thought through; it just came naturally to the way I work. I see everybody the same, whatever your status, whatever your religion, your country; I see a shared humanity. Wherever I go, people’s hopes and dreams are the same; to see their families protected, their children educated, their loved ones treated when sick. In a sense my camera is completely democratic—it doesn’t judge or label, it sees all people equally.
 
AJ: How has your own experience of adversity affected your creativity?
 
GD: My accident changed everything. For over a year in hospital I was told I would probably never work again or live independently; nobody believed I would be able to return to work again. But early on I made a decision; I decided I would never focus on what I couldn’t do. Instead I would focus on what I could, and excel at that.
 
So of course I am severely limited as a photographer by my injuries. I can’t move quickly, kneel down, climb on something for a better view. I get tired and I live in pain. But I don’t think about that. What I focus on is the fact that despite all that I can still take photographs and do the work that I love. And for my injuries, my empathy and connection with people has grown—and that outweighs the bad. I can honestly say that since my accident I am stronger, more focused and a better man and photographer.
 
AJ: I know that you often go back to visit families you have photographed, sometimes many times. Does the fact that so little has changed, that they are stranded in refugee camps or informal settlements with dwindling amounts of food and money, ever shake your faith in your calling? What keeps you going in those darker moments?
 
GD: If you believe in a story, you have to keep telling it. Eventually somebody will listen. Too often we in the media are guilty of always moving on to the “next” story. If things haven’t changed for a family or community, I think it’s my job to keep telling it. But of course that can get you down. To go back, to see somebody living in the same terrible conditions, it makes me feel like I have failed.
 
Khouloud’s story was exactly like that. When I first visited her in 2014, she was so vulnerable and in need of support. So when I discovered she was still living in the same makeshift tent two years later I felt sick in my stomach. I thought “What’s the point of telling stories if it doesn’t change lives?” I went to see Khouloud and her family and I actually burst into tears when I saw her. For over two years she had not moved from her bed, in a tiny room that had no windows. It was like torture and yet she was still smiling. My first words to her were “I’ve failed you.”

The Greek Red Cross treats an Afghan refugee who is suffering from hypothermia. The boat had partially sunk, leaving the survivors in the water for nearly six hours. Lesvos, Greece. 29th October 2015.
2015年10月29日 ギリシャ・レスボス ギリシャ赤十字(社)が低体温症になったアフガニスタン難民を手当てする。船が一部沈没し、生存者たちは約6時間も水の中に取り残された。

 
A father carries his two children from the boat after landing. Lesvos, Greece. 26th October 2015
2015年10月26日 ギリシャ・レスボス ボートから二人の娘を抱いて下す父親。

 
Visiting the municipal dump near Molyvos gives a true scale of the crisis. A mountain of life jackets—each jacket represents a life and a story. Shockingly, many of the life jackets, bought in Turkey, are fake. Lesvos, Greece. 1st November 2015
2015年11月1日 ギリシャ・レスボス モリボス市のごみ捨て場を訪ねると、難民危機の規模の大きさが窺える。ライフジャケットのごみの山―その一つ一つが難民の人生とストーリーである。恐ろしいことに、トルコで購入されるライフジャケットの多くが偽物である。

 
Zahra, 54, from Abou Dhour, near Idlib.
ザーハラ54歳 イドリブ近郊のアブドッラー出身

 
Ibrahim, 25, from Idlib.
イブラヒーム25歳 イドリブ出身

 
Hussein, 8, from Aleppo.
フセイン8歳 アレッポ出身

 
Halima, 60, from Idlib.
ハリーマ60歳 イドリブ出身

 
Lamis, 5, and Jad, 1, from Homs.
ラミス5歳とジャッド1歳 ホムス出身

 
Murad, 5, from Idlib.
ムラード5歳 イドリブ出身

 
Khaled, 12, and his brother Fadi, 7, who is blind, from Homs.
ハーリッド12歳と盲目の弟ファディ7歳 ホムス出身

ですが、その後自分の言葉を思い出しました。「大切だと思うストーリーがあるのなら、それを伝え続けなければならない」。それで実行に移したのです。徹底的にその家族の物語を記録するようにしたのです。数か月前に「Random Acts」というアメリカの団体から連絡が来ました。私が伝えた(シリア人難民の)ストーリーを見て力になりたいということでした。クラウドファンディングによって、最終的には100ヵ国以上の人たちが、レバノンで生活するフルードとその他の3家族に25万ドルを寄付してくれました。これこそがストーリーの力なのです。私の仕事であり、人が耳を傾けてくれるまで、ストーリーを伝え続けなければなりません。写真そのものが世界を変えることは出来ないでしょう。ですが、世界を変える人たちを鼓舞する力を持っていると、私は信じています。
 
AJ:なぜ惨状はほとんど変わらないのでしょうか?何が問題なのでしょうか?もし、あなたがアメリカや他の大国の政策に影響を与えられるならば、どのように難民危機に対する政策を変えますか?
 
GD:難民危機は地球規模の問題なので、地球規模の解決策が求められます。ほとんどの政治家の取り組みは独創的ではなく反動的なのです。世界の指導者たちが協力し、根本原因に取り組むための長期的計画を立てない限り危機は終わらないでしょう。残念ながら、現実は違います。むしろ、政治家たちは否定的で恐ろしい言論を繰り返しているのです。出来ることなら、すべての政治家に、私が記録している家族に直接会いに行ってもらいたいです。もちろん、それは無理ですから、私は彼らに人々のストーリーを伝える努力を続けるのみです。
 
AJ:写真からインスピレーションを受けた人たちが、政府に訴えかけたり、お金を寄付したり彼らのコミュニティーを手伝うという様な、実際行動に移すことを期待していると以前話されましたね。一方であなたが目指していることの一つは、難民に関する否定的な報道によってもたらされる(人々の)無力感を抑えることですか?
 
GD:難民危機は確かに圧倒的に見えるでしょう。そのとんでもない数字と規模を前にして、人々が何度も口にするのは「でも私に何が出来る?」ということです。そして、ソーシャルメディアやマスコミ、政界で氾濫する消極性や憎しみに直面すると、人々の無力感はさらに増します。しかし私は、全ての人が変化をもたらすことが出来ると信じているし、変化をもたらすべきだと思います。いつか、今の時代を人間性が問われた歴史の転換点として振り返る日が来るでしょう。つまり、困った人たちに背を向けるのか、それとも歓迎するのか。何が正しいかを理解している人は堂々と意見を述べなければなりません。そういう人たちを黙らせてはいけません。私たちに出来ることは、直接難民に手を差し伸べる草の根の組織を支持することや、UNHCRのような組織のために資金を集めたり、政治家たちに陳情したり、ソーシャルメディアのヘイトスピーチに反対することなどです。私たちだけでは世界は変えられないかもしれません。だからといって、出来ることを止めてはいけません。みんなが出来ることをすれば、世界は変わるはずなのです。
 
AJ:先日、あるフィンランド人の女性についての話をされたと思います。その方はご自分のコミュニティーでシリア人の救援活動をされていて、「闇を呪うより、キャンドルに火をつければいい」と言ったそうですね。あなたの写真撮影でも同じことが言えるかもしれません。そうではありませんか?
 
GD:2015年に100人の難民と亡命希望者がフィンランドの小さな島にあるナグーというにコミュニティーで一時収容されました。みんなが歓迎した決定ではなく、多くの不安が残りました。ナグーは小さく緊密に結び付いたコミュニティーであり、冬の訪問者はあまりいません。時間を持て余した男が女性に暴行を加えるのではないか、イスラム教徒はどうやって自分たちの慣習に溶け込むのか、といろいろ心配しました。

After some time, though, I thought of my own words: “If you believe in a story, keep telling it.” So I did. I tried to document every part of that family’s story, to do it better than before.Just a few months ago an organization in the U.S. called Random Acts contacted me. They had seen the story and they wanted to act. We worked on a crowdfunding campaign together and in the end people from over 100 countries donated close to $250,000 for Khouloud and three other refugee families living in Lebanon. That’s the power of a story. That is why I do what I do, and I will keep telling stories till people listen. I don’t think a photograph can change the world. However, I do believe it has the power to inspire the people who can.AJ: Why has so little changed? What are we getting wrong? If you had the ability to influence the foreign policy of the U.S. and the other powerful nations, what would you change in relation to their policies on the refugee crisis?
 
GD: The refugee crisis is a global problem and it needs a global solution. Most politicians have been reactionary rather than visionary in their approach. Until world leaders work together and create a long-term plan to tackle the root causes, the crisis will continue. Sadly I can’t see that happening and instead we are seeing the continued use of negative and fearful rhetoric by politicians. If I could do one thing? I would take every politician to visit the families I document. Of course I can’t do that, so I will continue to strive in bringing the stories to them.
 
AJ: You have spoken of your hope that your photography will inspire people to act, to do whatever they can to help address the refugee crisis, from giving money to lobbying their governments and helping in their communities. Is one of your aims to counter the sense of powerlessness people can feel in the face of relentless negative coverage about refugees?
 
GD: The refugee crisis can be overwhelming for people. Faced with the sheer numbers and scale, again and again people say to me “But what can I do?” And when faced with the negativity and hate seen on social media, in the press and in the words of politicians, that sense of helplessness grows. But I believe we all can and should make a difference. I believe we will look back at this time as a turning point in the history of our humanity; do we choose to turn our backs on those in need or open our arms? It is for those who know what is right to stand up and be counted and not be silenced. We can support grassroots organizations who are helping refugees directly, raise money for organizations such as the UNHCR (United Nations High Commissioner of Refugees), write to politicians, speak up on social media when we see hate speech. We can’t change the world on our own, but that mustn’t stop us doing what we can. If we all do what we can, then the world will change.
 
AJ: You recently described a woman in Finland telling you about her community’s efforts to help Syrian refugees, saying, “It’s better to light a candle than to curse darkness.” It seems the same could be said about your photography. Is that a fair characterization?
 
GD: In 2015, one hundred refugees and asylum seekers were temporarily housed in the small Finnish island community of Nagu. It was a decision that not all welcomed, and most had their doubts. In Nagu they are a small, close-knit community and during the winter months have few visitors. They had worried about bored young men, of attacks on women and how would these Muslims integrate with their customs?

A young Afghan boy is looked after by his aunt, whilst his mother receives emergency medical treatment. As the boat landed, she had collapsed. Lesvos, Greece. 28th October 2015.
2015年10月28日 ギリシャ・レスボス 母親が救急医療を受けている間、叔母さんに面倒を見てもらっている幼い男の子。ボートが着岸すると母親は倒れた。

 
FYR Macedonian military use razor wire to construct a border fence. Idomeni, Greece. 29th November 2015.
2015年11月29日 ギリシャ・イドメニ FYRマケドニア軍が国境線にレーザーワイヤーの壁を作っている。

 
Khouloud with her husband Jamal. Khouloud, who is from Mo’damiyat al Sham in Syria, was shot by a sniper in 2012. She was left tetraplegic, paralyzed from the neck down. She lives in a makeshift shelter in the Bekaa Valley with her husband, Jamal, and their four children. Jamal is her full-time caretaker.
フルードと夫のジャマール。シリアのモアダミヤ・アルシャム出身のフルードは、2012年狙撃手に狙われ四肢麻痺で首から下が動かせない。ベカー渓谷にある間に合わせの避難所で夫と4人の子供と共に生活している。夫ジャマールは24時間妻の介護をする。

 
Aya, who has spina bifida, being pushed in her wheelchair by her brother Mohamad. Tripoli, Lebanon. 22nd February 2016.
2016年2月22日 レバノン・トリポリ 脊椎披裂に苦しむアヤが兄ムハンマドに車いすを押してもらっている。

ですが、街の人たちは決めました。イラクとアフガニスタンから来た家族たちを難民としてではなく、お客さんとして受け入れることにしたのです。その温かい歓迎が変化をもたらしました。それは難民たちに限った話ではありません。当初の不安にもかかわらず、現在ナグーの人たちは、難民の人々こそが大切なことを教えてくれたのだと思っているようです。その島民であるモナ・ヘマーが島の精神を「闇を呪うよりキャンドルに火をつければいい」と言って説明してくれました。
 
私の取り組みがこの言葉を反映出来ているかわかりませんが、確かにそれを目指しています。どんなに辛い時でも希望を見出せます。仕事を通して家族の絆の強さ、真の愛など、人間の最も良いところを見ることができます。私がフォーカスを当てることにしているのは、そうしたところです。何故なら人間性や希望が見えるからです。多くの写真家は我々の中にある違いを見せようとしますが、私は共通点を示したいのです。過酷な現実を描く写真にも希望があると信じたいのです。
 

 
LEGACY OF WAR
 
「Legacy of War/ LoW(戦争の遺産)」とは紛争の長期的影響を地球規模で調査する5年間の写真撮影プロジェクトである。とりわけ、戦争の余波を受けて生きている人たちのストーリーを伝えることで、戦争が個人と社会に与え続ける影響を記録している。
 
主要メディアが政治・経済に与える紛争の短期的影響にばかり集中するのに対し、LoWは市民や個人に関心をもつ。平和条約が締結され何十年も経った後でも紛争の影響を受けた人たちの日常と彼らを取り巻く状況を調査し、主要メディアと歴史が無視しがちな問題を取り上げる。
 
詳細については、legacyofwar.comをご覧ください。

But the community made a decision—they would not treat these families from Iraq and Afghanistan as refugees. Instead they would treat them as guests. The warm welcome did make a difference, but the benefits have not just been felt by the refugees. Despite their initial reservations, the people of Nagu now feel it is the refugees that have brought them something.One of the islanders, Mona Hemmer, described their philosophy to me. “It’s better to light a candle than to curse darkness.”I don’t know if that phrase reflects my work, but I certainly aspire to that. In the darkest places you discover light; through my work I get to see the best in people, to witness the strength of family and to see true love. It’s in those places that I choose to focus my work, because we see humanity and hope. Many photographers want to show the differences between us; I want to show the similarities. Despite showing the stark reality, I hope my photographs also give hope.
 

 
LEGACY OF WAR
 
Legacy of War is a five-year photographic project exploring the long-term effects of conflict globally. Most specifically, Legacy of War documents the lasting impact of war on individuals and communities, told through the stories of those living in its aftermath.
 
With the mainstream media firmly focused on the short-term economic and political consequences of conflict, LoW is concerned with the human and the personal. It explores the local landscapes and everyday lives of those affected by conflict—often decades after peace treaties have been signed—and raises issues that are often neglected by mainstream news and history.
 
For more information, visit legacyofwar.com.