KELLY SLATER

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail to someone

TEXT BY DIBI FLETCHER | PHOTOGRAPHY COURTESY OF HERBIE FLETCHER | SPORTS


私はずっと本の虫で、子どもの頃はギリシャ神話の世界が大好きだった。時が過ぎ、その夢物語の世界をすっかり忘れていたが、ある出来事が私に神々が住む世界の素晴しさを思い出させた。それは完璧な人工波を見たことだ。自然の波の完全さとは違い、その完成度の高さに息をのむ。海の王ポセイドンが鉾を海に向け波を創造し「さあ、あの波に乗るのだ」と命じたかの如く、この波はある男の構想から創られたものなのだ。これは、理想の波を造成した友人ケリー・スレーターが呟いた言葉とは正確には異なるかもしれないが、結果は同じだ。
 
普通の人ならば、サーフィンの世界タイトルを11回も獲得したらそれに満足するだろうが、ケリーはいかなる努力が必要だとしても熟練への道を突き進み、その見かけからして人知を超えたと言える未知の旅をしているのだ。フロリダのココア・ビーチで初めて波に乗り、そこで活動を始めたケリーはサーフィンを新しい「王のスポーツ」にリメイクし、数十年前にはありえなかった「サーファー」帝国を築き上げた。
 
ケリーはサーフィンと共に成熟してきた。彼とサーフィンを切り離すことは到底できないだろう。初期のテールパッドやTシャツなどの無料スポーンサー契約から始まり、「Sundek」や「OP」などのオフィシャル・スポンサーとともに歩んできたのだ。当時サーファー・ファッションが人気を集め、ブランドがサーファーに写真の使用料を支払い始めた頃だった。1990年ケリーはクイックシルバーと契約をし、その関係は23年にもわたった(この業界ではまるで終身契約のようなものだ)。彼が42歳でクイックシルバーとの契約を解消したのは、彼がもはや現役サーファーとしてやっていけないからではなかった。彼にはチャンスと果たせていないゴールがあったからだ。良質なワインの様に、彼のサーフィンの才能は時とともに成熟してきた。すなわち、彼の波選びの判断と競技技術は未だ匹敵するものがない。彼の練習は厳しく系統だっており、現在では自然にやさしいものになっている。常に水平線を見つめるケリーは、グッチ、ステラ・マッカートニー、サン・ローラン、アレクサンダー・マックイーン、バレンシアガ等有名ブランドの親会社である「ケリング・グループ」の傘下で持続可能な衣類を扱うファッション・ブランド「Outerknown」を立ち上げた。このグループとの関係と膨大な資金により、量産と移り変わりの早い流行に左右されるファッション業界の中で、ケリーのシグ二チャー・ブランドはラグジュアリーで個性的なものになるだろう。

I was always an avid reader, and as a youngster, I loved the magic kingdom that the Greek myths created. But time and the day-to-day seemed to dim those distant dreams of faraway places, until something spectacular happened that reminded me of the sheer brilliance of life lived like the gods. That something was seeing the perfect man-made wave. It was breathtaking in its perfection, not the messy perfection of nature. No, this wave emerged out of one man’s vision, as if Poseidon, the ruler of the sea, had aimed his trident and commanded, “Let There Be Surf.” Perhaps those were not the exact words uttered by my friend Kelly Slater when he saw his dream wave come to life, but the results were the same.
 
Some mere mortals might have been satisfied with 11 world surfing titles, but not Kelly, whose drive for mastery, whatever the endeavor, has taken him on a journey that reads from the outside like something almost supernatural. From humble beginnings in Cocoa Beach, Florida, where he first started riding waves, he has been able to remake surfing into the new Sport of Kings and develop an empire that would have been unheard of for a “surfer” just a few decades ago.
 
Kelly has matured along with the sport itself, and there is no separating the two, starting with his first sponsorships—which amounted to a couple of freebies, like tail pads and T-shirts—on up to official sponsorships with Sundek and OP, at a time when surf clothing was growing in popularity and brands started paying surfers to use their likeness. He joined Quiksilver in 1990 for what would be a 23-year relationship—a lifetime by industry standards—and he didn’t walk away at 42 because he was no longer relevant; he had opportunities and goals that had yet to be fulfilled. His surfing ability, like fine wine, has only gotten better with time; his wave judgment and contest skills are still unmatched. His training schedule is rigorous, organic and now ecologically friendly: With his eye ever on the horizon, he’s started his own brand of sustainable clothing, “Outerknown,” under Kering Group, the parent company of Gucci, Stella McCartney, Saint Laurent, Alexander McQueen and Balenciaga, among others. With this relationship and all its vast resources, Kelly’s signature clothing will be something luxuriously unique in an industry that has become dependent on high volume and quick turnover.


オーガニックのエナジー・ドリンクから「ポッタリー・バーン」のティーン向けのエコロジー家具に携わりながらも、最近もワイメア・ベイでエディ・アイカウ大会に出場し、プロが50フィートプラスと呼ぶ大波のチューブを抜ける時間を見つけられるのはケリーくらいだろう。ここ何年間かはビック・ウェーブに恵まれなかったため、2009年以来初となるこの大規模なサーフイベントを観るために、オアフ島ノースショアにキャンプする数千人の観衆は熱狂的な応援で沸き立っていた。ケリーは5位に決定すると、彼の対戦相手たちの華麗な波乗り姿をフォロワー数150万人の自分のインスタグラムにアップし、優勝したジョン・ジョン・フローレンスとアイカウの家族を祝福し、亡くなったばかりのビッグウェーブ・ライダーの友人ブルック・リトルを追悼した。ケリーは優勝したかっただろうが、彼は礼儀正しく敬意を表し、真のチャンピオンとしての役割を果たしたのだ。サーフィンは、ケリーの登場によって大きく変化した。ケリーはサーフィンに市民権を与え、人々に受け入れてもらえるようにその地位を押し上げたのだ。
 
スーツケースとボード・バッグで各地を転々とする生活を何年もしてきているが、ケリーのサーフィンに対する愛や純粋にサーフィンを楽しむ気持ちが失われることはなかった。彼はサーファーの役割を文字通り再定義し、そして世界中の人が、つい20~30年前はごく一部の限られた人しか楽しむことのなかったスポーツに夢中になるにつれ、彼が切り開いてきた道は限りない可能性を持つ次世代の若者から慎重に分析されるようになった。誰の足跡もないノースショアの海岸を散歩したり、サーフィンをしている人のいない波を見ながら52年型のシボレー・ステーションワゴンで父とカリフォルニアの海岸をドライブしたりした日々は遠い昔ことだ。この様な一見平凡な日々を取り戻したくない訳ではないが、私はケリーのサーフィン・ブームを起こしたという偉業にとても感銘を受けている。人は太古から創造に駆り立てられてきた。彼のサーフィンへの強い愛着、完璧の追求、そして素晴しい友人や師のおかげで、ケリーはかつては夢見るだけで終わっていた「芸術としてのサーフィン」を現実のものにするだけではなく、人工波の造成を成功させた。そうやって世界中の人がサーフィンを楽しめるようにしたのだ。実業家、アイコン、友人、ケリーはこれら全てに当てはまる。そして「サーファー」こそ、彼が大きな成果を達成するために選択した路である。

It’s hard to imagine any other man with enterprises ranging from organic energy drinks to eco-friendly teen furniture with Pottery Barn finding time to paddle out during the recent big-wave Eddie Aikau Contest at Waimea Bay and get tubed on a day where the pros were calling the surf 50-plus feet. The crowd of thousands who had camped on the beach on Oahu’s North Shore to see the spectacular event—which was being held for the first time since 2009 due to a lack of big surf in the intervening years—were on their feet screaming their enthusiastic approval. After coming in fifth, Kelly posted a great shot of his fellow competitors to his 1.5 million followers on Instagram, where he graciously congratulated winner John John Florence and the Aikau family and said a heartfelt goodbye to friend and big-wave rider Brook Little, who had recently passed. Although I’m sure he wanted that title for himself, he was gracious and complimentary in his role as a true champion. Surfing is better from Kelly’s participation in it. He has helped to legitimize it and elevate its acceptance.
 
Years on the road living out of a suitcase and board bag have not diminished Kelly’s love for the sport or his sheer joy of surfing. He’s literally redefined the role of surfer, and the trail he’s blazed is being carefully analyzed by an up-and-coming generation of young men and women, for whom the opportunities now seem endless, as the whole world seems to have fallen in love with the sport, when just a few decades ago it was enjoyed by only a very select few. Long gone are the days when I could walk along the beach on the North Shore without seeing another footprint in the sand, or cruise the California coast with my dad in a ’52 Chevy station wagon looking at waves with no one out. There is a part of me that’s nostalgic for that seemingly simple past, but I’m so inspired with what Kelly’s been able to achieve. Man has been driven to create since the beginning of time, and through devotion, a drive for perfection and some great friends and mentors along the way, Kelly has helped make the art of surfing, once the dream of a few, a reality, with a man-made wave created to bring the joy of surfing to a global community. Entrepreneur, icon and friend—Kelly is all of these, and “Surfer” is the path he has chosen for greatness.