SESAMI STREET

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail to someone

TEXT BY LESLEY MACKENZIE | PHOTOGRAPHY BY RAFAEL PULIDO | CULTURE | MOST READ

Responsive image

HIV陽性の5歳の女の子カミは、南アフリカでとりわけ影響力のあるキャラクターだ。彼女は、南アフリカの都市部の70%、農村部の半分で放送される南アフリカ版セサミストリート『Takalani Sesami』に登場するマペットのキャラクターである。HIVへの偏見をなくす取り組みに加え、カミは彼女の病気がどのように感染するのか、また悲しいとき、愛する人を亡くした時はどのように対処すればよいかなど、病気についての基本を子供たちに学ばせる。
 
先住民のパペットとして、カミは世界中のユニークなキャラクターと共に、子供たちや特定の地域に関連したさまざまな問題に取り組んできた。セサミストリートが初めてPBSで放送されてから46年、この幼児向けテレビシリーズは150カ国以上の子供たちに親しまれてきた。クウェートの『Iftah Ya Simsim』、ドイツの『Sesamstrasse』、インドの『Galli Galli Sim Sim』、など30カ国との共同制作を通じて、セサミストリートに長年続いてきた、子供たちがより賢く、強く、優しく成長するための支援を提供するという信条は、今なお世界中で共感を呼んでいる。
 
国内制作、海外との共同制作に関わらず、セサミストリートを裏で支える非営利団体セサミ・ワークショップのコンテンツ開発は、細部にまで注意を払い、様々な研究に基づいたアプローチが行われている。「この番組を制作するにあたり、どれほどの調査がなされているのかはあまり知られていません」。こう語るのは、セサミストリートのシニアバイスプレジデント兼エグゼクティブプロデューサーを務めるキャロル・リー・パレンテだ。子供の頃からこの番組を見て育ち、ポストプロダクション編集アシスタントとしてテープ運搬役を経て、現在の役職についた人物だ。

Five years old and HIV positive, Kami is one of the most influential figures in her native South Africa. She also happens to be a Muppet and a character on Takalani Sesame, the country’s co-production of Sesame Street, which reaches up to 70 percent of children in South Africa’s urban areas and 50 percent in its rural ones. In addition to destigmatizing HIV/AIDS, Kami also educates children on the basics of her disease, including how it’s transmitted and how to deal with grief and the loss of a loved one.
 
As an indigenous puppet, Kami joins a unique cast of characters around the globe, developed to tackle issues affecting children or particular communities. In the 46 years since Sesame Street first aired on PBS, the preschool television series has become the go-to address for children in more than 150 countries. Through 30 international co-productions, such as Iftah Ya Simsim in Kuwait, Sesamstrasse in Germany and India’s Galli Galli Sim Sim, Sesame Street’s longstanding credo of helping kids grow smarter, stronger and kinder continues to resonate around the world.
 
Whether it’s a domestic production or a co-production overseas, Sesame Workshop, the nonprofit behind Sesame Street, takes a very mindful and studied approach to developing content. “What people don’t realize is how well researched the show is,” says Carol-Lynn Parente, who grew up watching the show and started out lugging tapes as a post-production assistant, working her way up to her current position as senior vice president and executive producer of Sesame Street.

Responsive image

ニューヨーク本社に勤務するパレンテは、全プラットフォームにおけるセサミストリートのコンテンツを監督する業務に加え、国際共同制作や奉仕活動も担当している。「私たちの仕事は、教育コンテンツに関連したセミナーを受けることから始まります。学術アドバイザーや幼児教育の専門家を招いて、今シーズンのカリキュラムのフォーカスポイントについて説明を受けます。ですから、私たちは番組を見ている子供たちの年齢に沿って、内容を適切に伝える方法を深く理解することができるのです」。コンテンツは放送前と放送後にテストされ、必要に応じて変更・調整される。「テレビ史上、これほど詳細な調査と審査に基づいて作られた番組はありません」と彼女は言う。
 
海外でも、教育省はもちろん、放送会社、プロデューサー、現場の教育者たちの協力を得て制作が進められている。「全体を通して、世界各国の子供たちが最も必要とするものを組み取るようにしています。ユニークな方法でその国に変化をもたらすことは私たちの得意分野ですから。私たちのスキルと子供たちのニーズを考え、その最適な接点を見極めます」と、セサミ・ワークショップのグローバル・インパクト・アンド・フィラントロピー(国際慈悲・奉仕活動)副責任者のシェリー・ウェスティンは語る。ウェスティンは、現在起こっている出来事を見極める為には、現地パートナーと現場で協働することが重要だと強調する。『Takalani Sesame』の例では、番組を見た南アフリカの教育省が、セサミ・ワークショップにHIV陽性のキャラクターを加えることを提案した。「(これらの番組が)現地の人に強い影響を与えている理由は、私たちがアメリカの文化に基づいた問題提起をしていないからです」とパレンテは言う。「南アフリカでは、HIVに関連したキャラクターが実際ににニーズとして存在するのです」。シーズン2では、キャラクターの服装から性格まで長期にわたる話し合いや調査を経て、カミをキャストに加えた(「私たちは番組を見ている小さな女の子に自分と照らし合わせて見てほしいと思うと同時に、前向きなメッセージを送りたいと思っています」とウェスティンは語る)。HIVを取り巻くイメージを払拭するのに、カミが大きな貢献をしたとウェスティンは言う。
 
同じような状況がエジプトでも見られる。『Alam Simsim』に登場するかわいらしいピーチ色のモンスターKhokha(コオカ)によって、女の子の役割や責任に対するとらえ方が変わりつつある。彼女のデビューからわずか数年で、女の子たちが自らをより前向きに捉えられるようになったことが研究で立証された。それだけではない。男の子たちの間でも、男女平等の意識が強くなったことが実験で証明されている。「脅威を与えない方法で文化規範を変えていくということは、私たちが最も重視するところです。人々の心を開き、概念を変えることは非常にパワフルなことです。若い世代からそれが始められるのであれば、なおさらです」とウェスティンは言う。

In addition to overseeing all Sesame Street content across all platforms from the company’s New York City headquarters, Parente is responsible for international co-productions and outreach production. “The process starts off with an entire educational content seminar, where we bring in academic advisors and early-childhood-development experts and they talk about what our curriculum focus is for the season, so we can really understand what we want to teach and in the right way for the age of our audience.” Content is tested before it goes on the air and after, and tweaked and adjusted accordingly. “It’s been the most heavily researched and tested show in history,” she adds.
 
Internationally, the process also involves partnering with ministries of education as well as broadcasters, producers and educators on the ground. “Across the board we look at what are the most pressing needs facing children around the world where we are most uniquely qualified to make a difference. We look at our skill set and their needs and figure out where they match,” says Sherrie Westin, executive vice president of global impact and philanthropy at Sesame Workshop. Westin stresses the importance of working with local partners on the ground to identify issues on an ongoing basis. Takalani Sesame, for example, was already on the air when the South African Ministry of Education approached Sesame Workshop about discussing issues surrounding HIV and AIDS. “The reason [these shows] translate so powerfully is we don’t try to parachute American cultural lessons,” says Parente. “In South Africa, there was a real need to connect on HIV/AIDS.” In season two, Kami joined the cast after lengthy discussions and research on everything from her outfits to her personality (“We want little girls to see themselves in her but also be aspirational,” says Westin). In breaking down the stigmas surrounding HIV/AIDS, Westin believes that Kami is bound to have saved lives.
 
That power is also evident in places like Egypt, where a charming peach-colored girl monster named Khokha on Alam Simsim is already changing attitudes about young girls’ roles and responsibilities. In just a few years since her debut, research has not only demonstrated a positive shift in how girls see themselves, but young boys also tested much higher on gender equity. “It’s essential for us to change cultural norms in a nonthreatening way,” says Westin. “To open minds and to change attitudes is really powerful, especially when you are starting with the youngest generation.”

Responsive image

ウェスティンは、アフガニスタン版セサミストリート『Baghch-e-Simsim』でも、同様の心理的変化が見られるよう期待している。少女たちの社会的地位向上や教育促進のプログラムの一環として、2016年に先住民のキャラクターをデビューさせるのだ。2011年の放送開始以来、娘を学校に行かせる事について父親たちの意識が変わりつつあることが調査によりすでに判明している。「私たちは、良質な幼児教育を受けることができない女の子を支援しているだけではなく、教育手段はもちろん、子供達の模範となる人々の紹介もしています」とウェスティンは言う。
 
しかし、こうしたお手本や意識の変化を必要としているのは、国際市場に限らない。セサミ・ワークショップは、アメリカ国内の視聴者も対象としている。過去の番組では、刑務所人口の増加から、健康な食生活まで、さまざまな問題を取り上げてきた。2006年には、米軍基地に住む家族と子供たちが発育と変化に伴う問題に対処しやすくするための支援番組『Talk, Listen, Connect』が、(英語とスペイン語の)二カ国語で放映された。これは、エルモのお父さんが紛争地域に配置されるというものだ。大成功を収めたこの番組は、その後も国内外の軍隊に所属する人々がいる家族を巻き込みながら、子供たちが愛する人達とコミュニケーションを図るためのウェブサイト「Military Families Near and Far」や、PBSの特別番組、軍基地におもちゃや家具などを送るプロジェクト「Sesame Rooms」などの新しいツールと共に広がりをみせた。

Westin hopes to see that same shift in mentality in Afghanistan, where an indigenous puppet will make her debut on Baghch-e-Simsim in 2016 as part of an initiative to promote girls’ empowerment and education. Since the show’s premiere in 2011, focus groups and qualitative research have already showed fathers changing their minds about sending their daughters to school. “We are not only reaching girls that have no other means of quality preschool education; we are giving them the tools for education and for being aspirational role models,” says Westin.
 
But it’s not just international markets that have a need for these role models and attitude shifts; Sesame Workshop remains focused on its domestic audience, too, where past programs have dealt with issues ranging from incarceration to healthy eating habits. In 2006, “Talk, Listen, Connect” was introduced as a bilingual (Spanish and English) outreach initiative designed to help military families and young children cope with issues surrounding deployment and change. The immensely successful program—which saw Elmo’s dad being deployed—has continued to expand, growing to include “Military Families Near and Far,” a designated website for young children to connect with their loved ones, as well as PBS prime-time specials and “Sesame Rooms,” which provides toys and furniture to military spaces.

Responsive image

最近では、ワークショップにジュリアという、アニメーションのキャラクターが加わった。彼女は自閉症の女の子で、セサミストリートの最新の取り組みである『See Amazing in All Children』を主導する。この番組は、アメリカに住む子供の68人に1人が診断されるという自閉症への偏見をなくし、人々の認識を高めることを目的としている。「これは難しいテーマです。自閉症の人たちをサポートしたいと思っても、方法が分からない人がたくさんいます。私たちは慎重に検討し、メディア企業としてどのような影響を与えられるか充分に時間をかけて見極めました」。3年におよぶ制作と審査を経て実現したデジタル番組『Sesame and Autism』は、ウェブサイトやiPad用アプリで閲覧できるが、自閉症の子供たちやその家族のためのビデオをはじめ、手を洗う、歯を磨くなど基本的な日常生活を支援する日課表、インタラクティブなストーリーブックなどを提供している。この中にジュリアというキャラクターが、セサミストリートの仲間たちと一緒に登場するのだ。
 
「キャラクターはすべて、カリキュラムの目標を達成するためにデザインされています。ここではみんなが、カリキュラムの内容、取り組むべき問題、最適な手段について時間をかけて理解するようにしています」と、ルイス・ヘンリー・ミッチェルは語る。彼は、セサミ・ワークショップのキャラクターデザイン部門クリエイティブ・ディレクターを23年間務めてきた人物だ(2000年にフルタイム勤務となった)。通常の業務(写真撮影の指揮から、セサミストリートによるメーシーズのサンクスギビングパレードのボールルームやフロート車の製作支援)に加え、ミッチェルは「ジュリア」のデザインも手がけた。自閉症の子供たちのための特別学校でボランティアをした時に知り合った女の子のスケッチを元にしたのだ。「私が3種類のデザインを考案し、担当グループと共に、どのキャラクターが最もよく主旨を反映しているかを考えて決めました。選ばれたのは、私が一番良いと思っていたデザインです」と、ミッチェルは、自分の直感が認められたことを誇らしそうに語る。

Most recently the workshop introduced Julia, an animated preschool character with autism. She’s leading the charge on Sesame Street’s newest initiative, “See Amazing in All Children,” designed to destigmatize and raise awareness about autism, a disorder that affects one in 68 American children. “It’s a difficult subject,” explains Parente. “Many people want to support this community and don’t know how. We were very thoughtful and took our time figuring out how we as a media company could have an impact.” The digital project, the result of three years of production and testing, includes a “Sesame and Autism” website/iPad app, video topics for affected kids and families, daily routine cards to help with basic skills like washing hands and brushing teeth and an interactive storybook that introduces Julia to some of the Sesame Street gang.
 
“Every character is designed toward a curriculum goal. Everyone here takes the time to understand what it is, the problem they want to address and what are the best approaches,” says Louis Henry Mitchell, creative director of character design for Sesame Workshop, who has been with the company for 23 years (he came on board full-time in 2000). In addition to his regular roles and responsibilities (which range from directing photo shoots to assisting in the creation of Sesame Street’s Macy’s Thanksgiving Day parade balloons and floats), Mitchell was tasked with designing Julia—basing his sketches off a girl he befriended while volunteering at a school for autism. “I gave three different designs, and a committee of people working together decided who would be the best representation. The one I wanted is the one they chose,” he says, proud that his gut instinct served him well.

Responsive image

「キャラクターが登場するたびに、私は外見的におかしいところがないか確認します」。彼女は、「カミ」の制作にも参加した。マペッツのクリエーターであるジム・ヘンソンの定めた指針に従って、キャラクターのデザインを監督し、発展させる過程にもたずさわっている。スタジオで使用されているスタイルガイドは、キャラクターの絵や彫刻を制作したい世界中のアーティストが参考にできるよう閲覧可能となっている。「なかでも目の焦点を合わせることは、最重要点と言えるでしょう。静物画、彫刻、スケッチに関わらず、目は生命が宿るところです」。

“Wherever the characters appear, I have to make sure they look right,” says Mitchell, who co-created Kami’s look and helps oversee and evolve character design according to the standards set forth by Muppets creator Jim Henson. Artists around the world looking to draw or sculpt the characters can refer to several in-house style guides. “The eye focus is probably the single most important piece. Whether it’s still life or sculpture or drawings, the eyes are where the life is.”

Responsive image

世界中で使用されるキャラクターを細かく調整するのと同じくらい重要なのが、心を惹きつけるメッセージを伝えるためのプラットフォームだ。「メディア環境の進化と共に、コンテンツの制作方法も大きく変わってきました」。セサミストリートを見る視聴者の大半が、携帯機器から番組を見ていることを例に挙げ、パレンテは説明する。その結果、番組でもビジュアルスタイルを変更している(たとえば、ワイドショットは携帯機器ではうまく表示されない)。プロデューサーはまた、YouTube掲載用のビデオや、オンラインの教育ゲームなどのコンテンツの作成も手がける。「こうしてみると、一部の新しいプラットフォームは、1969年にジョーン・クーニー(セサミストリートの共同創始者)が教育手段として試験的にテレビを使い始めたころを反映しているように思えます。イノベーションラボでは、新しいテクノロジーすべてに対処しており、その使い方が研究されています」。
 
テクノロジーが普及していない地域やテレビへのアクセスが規制されている地域でも、若い視聴者たちに番組を届けられる方法を模索してきた。アフガニスタンの『Baghch-e-Simsim』はラジオでも放送されており、バングラデシュでは人力車にテレビを乗せて『Sisimpur』を地方の子供たちに届けている。
  
また、誰が子供たちと一緒に番組を見ているのかも考慮する必要があるという。セサミストリートのコンテンツが、幼児だけを対象につくられていると思っているのなら、考え直した方が良さそうだ。「番組が始まって間もない頃は、今よりも子供たちが誰かと一緒に番組を見る事が多い時代でした」とパレンテは言う。番組開始当初は、テレビが主な媒体だった。「子供たちが誰かと一緒に番組を観た方が、教育的効果が高くなることが分かっています」。そう考えると、長年この番組が、スティービー・ワンダーからジョニー・キャッシュ、アダム・サンドラー、ケイティ・ペリーまで、さまざまな有名人をゲストとして迎えていることも納得できる。「最近では、タブレットなど、個人用のデバイスで番組を見ることが多くなりました。しかし、有名人が出演したり、コメディーを盛り込んだりと、こうした機会を設けることは今まで通り重視しています」と彼女は言い添えた。
 
一方アメリカでは、2015年下旬から、番組の新シリーズがケーブルテレビ・ネットワークのHBOで放送されることが決定した。この協業は、非営利団体にとって持続的な資金調達につながる。また、セサミストリートはこれまでPBSで放送されてきたが、今後はまずHBOで9カ月間放送された後に、PBSで放送されることになる。

As important as the finely tuned international cast of characters is the platform on which their heartfelt and engaging messages are delivered. “The evolving media environment has changed the way we produce content enormously,” says Parente, citing a large percentage of Sesame Street’s audience that now watches the show on mobile technology. As a result, the show has adapted its visual style (wide shots, for example, don’t translate well on mobile devices). The producers also create material specifically for YouTube, for example, as well as online gaming content with educational benefits. “I feel like some of the new platforms mirror what [Sesame Street co-founder] Joan Cooney stated in 1969, that she was using television as an experimental way to teach. An innovation lab is dealing with all the emerging technologies and figuring out how to use them.”
 
And in communities where technology is limited or access to television is restricted, the show has also found ways to reach young viewers: In countries like Afghanistan, Baghch-e-Simsim also airs on the radio, and in Bangladesh, a traveling rickshaw fitted with a television brings the show Sisimpur to children in urban slum communities.
 
Also of note is who is watching the content with the children, so if you think Sesame Street content is created only with preschoolers in mind, think again. “Back when the show started there was a lot more co-viewing that went on,” says Parente, referencing television as the primary medium during the show’s early days. “We know the educational impact is deeper when children are co-viewing.” So it’s no surprise that over the years, the show has seen a star-spangled list of celebrity guests, ranging from Stevie Wonder to Johnny Cash, Adam Sandler to Katy Perry. “These days there’s lots of viewing with tablets and devices that are individual, but it’s important for us to still find those moments—whether it’s with a celebrity or the comedy of a piece,” she adds.
 
Meanwhile, back in the U.S., Sesame Workshop inked a deal with HBO to begin broadcasting new seasons of the show in late 2015. The partnership brings a sustainable funding model to the nonprofit, and episodes will run first on the premium cable network before airing on PBS, Sesame Street’s original home, nine months later.

Responsive image

しかし、世界の子供たちはこれまで通り、その国のセサミストリートを見ることができる。住む場所が異なっても、彼らが訪れる場所は同じだ。小さな子供たちが数、文字、社会性、感情の表現方法などの基本を学べる、暖かくて楽しい場所。たとえ文化的に不安定な環境であっても、自信をもち、一体感を味わうことのできる場所。「夢の国と思われるかもしれませんが、これは現実の世界です」とミッチェルは微笑みながら言う。「私はここで毎日仕事をしています。ここは現実の世界なんです」。

However preschoolers around the world get to their own version of Sesame Street, the destination is one and the same: a warm and engaging place where young children not only learn the basics about numeracy, literacy and social and emotional skills but can also develop a sense of empowerment and belonging in a culturally sensitive environment. “They think it’s fantasyland but it’s real,” says Mitchell with a smile. “I work here every day. I know it’s real.”