SWIZZ BEATZ

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail to someone

TEXT BY LESLEY MCKENZIE | PHOTOGRAPHY BY MATTHEW BROOKES | STYLING BY ALLAN KENNEDY | GROOMING BY MARCOS SMITH AND CHICHI SAITO | MUSIC

Responsive image

この20年で一度でもラジオをつけたことがあれば、スウィズ・ビーツことカシーム・ディーンの曲を聴いた事があるはずである。1998年に20歳でDMXの「Ruff Ryders’ Anthem」という曲で音楽業界に姿を現した。現在38歳のスーパープロデューサーとなった彼は音楽史での地位を固め、彼の音楽はホイットニー・ヒューストンやグウェン・ステファニーからジェイ・Zやドレイク、そして彼の妻であアリシア・キーズからも称賛されている。サウス・ブロンクスの少年にしてはなかなか悪くないことである
 
しかし、スウィズの才能はヒップホップ界にとどまらない。音楽業界での業績だけで彼を評価することは、現代のルネサンスマンの表面だけを見ているに過ぎない。5人の子供の父親でもある彼は、音楽での成功にあぐらをかくようなタイプではなく、ケンドリック・ラマーと曲を作るのはもちろん、有名ファッションブランドとのコラボレーションの構想を練ったり、アートショーに出てきそうな新進気鋭のアーティストをチェックしたり様々な分野で活動している。
 
プロデューサーとしての生まれもった才能のおかげであろう。「僕がしていることの全ては人々を結び付けているだけ。それが一番楽しいことなんだ」とスウィズは言う。その言葉は、「No Commission」という最近の活動にも当てはまる。これはアーティストを宣伝し、作品を中間業者も手数料もなく販売出来るシステムで、すなわちアーティストは売上を100%持って帰れるというものである。「100%アーティストのためのアートフェアを開いたらどうだろう?と思ったんだ。今の展示会はギャラリー、コレクター、そして展示会が甘い汁を吸って、アーティストはいぜいぜい帰りの電車賃がもらえる程度なんだ」と言う。スウィズはアーティストにもっと力を与えるためだけでなく、アーティストと購入者を結びつけようとしているのだ。
 
「一般的なミレニアル世代の人にどうやってアートにはまったかと聞いてみると、様々な答えが返ってくる。そんな答えを5年前、いや2年前は聞くチャンスがなかった。今はアイフォンとか、クールなアプリやソーシャルメディア等すぐにファンたちとやり取りが出来るものがあるけど、僕が音楽業界に入った頃はそんなもの存在しなかったからね」と話す。16歳の息子プリンスの場合、新しいアーティストを見つけるのに「SoundCloud」という音楽配信サービスを利用しているという。「息子に『iTunesを使わないの?』と聞いたら、『いや、あれは一般向けだよ』」という風だ。既に世の中が変わっているのである。

If you’ve turned on the radio in the last two decades, you’ve heard the work of Kasseem Dean, aka Swizz Beatz. Since breaking onto the music scene at age 20 with DMX’s “Ruff Ryders’ Anthem” in 1998, the now 38-year-old überproducer has cemented his place in music history, racking up accolades for his work with everyone from Whitney Houston and Gwen Stefani to Jay-Z, Drake and his own wife, Alicia Keys. Not bad for a kid from the South Bronx.
 
But Swizz’s talents transcend the hip-hop landscape, and to define him by his musical accomplishments is to merely scratch the surface of this modern-day Renaissance man. Never one to rest on his creative laurels, this devoted father of five is just as likely to be found laying down tracks with Kendrick Lamar as dreaming up a collaboration with a major fashion brand or scoping out emerging artists for an art show.
 
Chalk it all up to his natural instincts as a producer. “Everything I do is putting people together,” says Swizz. “That’s where I have the most fun.” That also applies to his latest endeavor, No Commission—a platform designed to promote fine artists and help them sell their work without any middlemen or fees, allowing them to take home 100 percent of the proceeds from their sales. “It’s like, what if I can create an art fair that’s 100 percent for the artists, because at all these fairs, the galleries win, the collectors win, the fair wins and the artist has got to kind of find their way home,” says Swizz, who conceived of the project not only as a way to empower artists but also to connect them with their buyers.
 
“If you ask the average millennial of the ways to get into art, they all have different answers. And none of those answers would have been heard of five years ago—maybe even two years ago,” says Swizz, noting the similarities to the music industry. “When I started music, you didn’t have the access of iPhones and all the different ways you can reach your fans now, and all these cool apps and social media platforms,” he says. Case in point: his 16-year-old son, Prince, who turns to music-streaming service SoundCloud to find new artists. “I was like, so you don’t go on iTunes? He’s like, ‘No, that’s too commercial.’ ” The rules had changed.

Responsive image

一方でまた、スウィズ自身もインスタグラムを通してソーシャルメディアの力を直接感じ始めている。150万人のフォロワー数を誇る自分のインスタグラムで新進気鋭アーティストの宣伝をしているのだ。「『ありがとう。ショーのチケットは売り切れで、いろいろなギャラリーからオファーが来ているんだ』なんていうメールをよくもらうよ」とスウィズはアーティストたちからの感謝の言葉を思い出して言う。「嬉しいことだよ。僕はアーティストを自由にするための力を持ち合わせているんだ」。
 
スウィズは2015年のマイアミの「アート・バーゼル」で「No Commission Art Fair」をローンチし、参加した35人のアーティストたちは作品を販売して100万ドル以上も稼ぐことが出来た。2016年の「No Commission Art Performs」も同じ成功を収めた。これはスウィズの地元サウス・ブロンクスで行われ、演奏やアートの展示、インスタレーションなどで溢れた4日間の無料イベントだった。主演者はケヒンデ・ウィレイのような大御所からリ・ソヨン(So Youn Lee)やデルフィーヌ・ディアロといった有望な新人までいた。「音楽をアートや文化、ファッションなどと融合することで、「何か買いたい」というエネルギーが生まれた」という。98%のアーティストが作品を販売することができ、購入者の70%がアート作品を初めて買ったそうだ。
 
スウィズは「No Commission」のアーティストの成功を例に挙げて「僕は乙女座だから、みんなを喜ばせたいんだ。大勢の人のためになることをしたい。他の人が幸せであれば、僕も幸せを感じるよ」と言う。だが彼にとっての幸せは、何よりも優先している家族と一緒に過ごす時間である。「バランスを上手くとることが大切だよ。出来ない言い訳はいくらでも出来るけど、誰だって忙しいからね。はっきりと今やっていることと、他にやりたいことを決めないとダメだ。犠牲を払うこともあるけれど、その犠牲が家族になることは極力避けるべきだね」。彼にはキーズとの間に二人の息子、エジプト・ダウドとジェネシス・アリがいる。「2週間も会わないで過ごすのはダメというルールがあるんだ。どこにいても、2週間経ったら僕の方から会いに行くか、家族の方から会いに来るんだ。お互いに忙しい生活をしているから、ある種のバランスを保つ努力をしなくちゃいけない。果たさなければならない大きな役割があるからね」。
 
彼にとって、結婚と父親になったことから学んだ最も重要なことは「コミュニケーション」だろう。「僕たち、この8年怒鳴り合ったことがないんだ。口論も喧嘩も一度も。なぜなら、ろくに会話もしないで、話し合いたいことがいくつもたまるより、『今晩一緒に食事しながらいろいろ話そう』という風にちゃんとコミュニケーションをとっているからね」。
 
イスラム教に改宗したスウィズにとって、宗教は人生の道しるべのようなものであるが、同時に常に周りの人からも人生の教訓を学んでいる。それは偶然2時間話したよく知らない人だったり(「中には二度と会わない人もいたけれど、教えてくれたことは心に強く残った」)、周りの人にどう言われようと諦めずに最後まで夢と信念を持ち続けた憧れのアーティストだったりする。最終的には「立ち向かう」ことが大切だそうだ。「何かのために戦わなければ、何も手にすることは出来ない。自分が変えたいものをどう変えるのか、そしてもし変化したらどう責任を取るのか」。
 
その変化とは、スウィズにとって「音楽とアートに新しい趣向を盛りこむ」という意味だけではない。彼曰く、大切なのは人々に良い影響を与えることである。
 
「グラミー賞なんてどうでもいい。テーブルの上に置いて行ってもいいようなもの。そんなものはこれからなんにもならないし一瞬の偶像だよ。だけど、みんなに何かを与え続けるものを作る事が出来れば、それは本当の喜びだ」。

Meanwhile, Swizz was already starting to witness firsthand the power of social media through his own Instagram, where he would regularly promote up-and-coming artists to his 1.5 million followers. “They would write me back and say, ‘Man, thank you. I just sold out my show and I’ve got galleries fighting over me,’ ” recalls Swizz. “I thought, OK, cool. I have some power here that I can free some artists with.”
 
Swizz launched the No Commission Art Fair in 2015 during Miami’s Art Basel, where 35 participating artists sold more than $1 million in artworks. That success story was repeated in the fall of 2016 with the inaugural No Commission Art Performs, a free four-day celebration packed with musical performances, art showcases and installations, held in his native South Bronx. Featured artists ranged from established talent such as Kehinde Wiley to up-and-comers like So Youn Lee and Delphine Diallo. “Merging music with art and culture and fashion and all those things just created an energy where people were like, ‘I’m going to buy a piece,’ ” he says. Ninety-eight percent of the artists sold works, and 70 percent of the purchasers were first-time art buyers.
 
“I’m a Virgo—we want to please everybody,” says Swizz. “We want to do a lot of cool things for people, so I am happy when other people are happy, too,” he says, citing the success of the No Commission artists as an example. But happiness for him also means spending time with his wife and children, which he prioritizes above all else. “I think the balance to making everything work is just making everything work. You know, you can come up with a thousand excuses. Everybody’s busy. It’s like, ‘No, this is what I’m doing and that’s that.’ Something has to take a loss. It should be your family as little as possible,” says Swizz, who has two children, Egypt Daoud and Genesis Ali, with Keys. “We have rules where we can’t go two weeks without seeing each other. You can be wherever, if it’s two weeks I’ve either got to come to you or you come to me because you have to maintain some type of balance, because we both live busy lives. We both have big missions to fulfill.”
 
The greatest lesson of marriage and fatherhood, he says, is one word: communication. “We never raise our voice in eight years at each other. Not one argument, not one fight. Why? Because the communication is, ‘Let’s have dinner tonight and go over a couple things,’ rather than not communicating and building up 15 things to talk about.”
 
As a convert to Islam, religion is a guiding principle for Swizz, who is constantly learning life lessons from the people around him. That could mean a stranger with whom he had a random, two-hour conversation (“Some of those people I never saw again in my life, but those lessons that they told me and explained to me stuck with me a lot”) or his artistic heroes, whom he describes as “all of the people that had a dream and believed in it and didn’t give up because of what other people said.” Ultimately, he says, it’s all about taking a stand: “If we don’t fight for something we’re going to have nothing. How are we going to make change that you want and how are you going to be responsible for the change that you want?”
 
For Swizz, that doesn’t mean just blazing trails in music and art. What’s most important, he says, is finding ways to positively impact the lives of others.
 
“Forget a Grammy. That’s something that you could leave on the table. That doesn’t continue doing anything. It’s a statue of a moment, but if you can create something that keeps on giving, then that’s the truest blessing.”

Responsive image