VENUS WILLIAMS

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail to someone

INTERVIEW BY STEPHANIE JANSSEN | PHOTOGRAPHY BY NORMAN JEAN ROY | STYLING BY ISABEL DUPRE | HAIR BY NIGEL PHILLIPS | MAKEUP BY NATASHA GROSS | SPORTS

Responsive image

ヒューマニティ:あなたはこの30年間、ずっとプロテニス選手として活躍されていらっしゃいますが、どのようにそのモチベーションを保っていらっしゃるのですか?
 
ビーナス・ウィリアムズ (以下VW):もう30年?私36歳よ。
 
ヒューマニティ:しかし、プロとしてご活躍を始められたのは確か90年代でしたよね…。
 
VW:20年ぐらいだという気がしますけれどね。まあ、自分の仕事とキャリアはこれからだから、どうか年を取ったような気分にさせないでください!
 
ヒューマニティ:いえ、あなたはまだお若いですよ。にもかかわらず、多くのことを成し遂げてこられましたよね。そこで、質問なのですが、何がそうさせているのでしょうか?何がモチベーションとなっているのですか?
 
VW:自分のやっていることが大好きなんです。挑戦することが好きだし、その難しさへの感謝の気持ちもあります。その感謝の気持ちが特に大事だと思います。それが、一番になることを目指して頑張る力や自分の全力を引き出してくれます。それこそが常に私が目指していることで、常に私は全力を発揮したいのです。
 
ヒューマニティ:幼い時テニスを始められた頃も、同じ気持ちだったのでしょうか?
 
VW:そうだったかもしれません。でも、あの頃は深く考えていませんでした。単にテニスをするのが好きだったのです。考えてみれば、好きじゃなければできなかったと思います。物凄い努力が必要だったし、ある程度犠牲を払わなければならなかったので。好きじゃなければ、それは無理でしょう。
 
ヒューマニティ:テニスの魅力はなんでしょうか?
 
VW:競うことが大好きなんです。それが一番ですけれど、自分の体を動かすことも大好きです。精いっぱい頑張って成果を挙げるというのはテニスの醍醐味ですね。成果を挙げられなかったら、落ち込みます。また立ち直ってそれまで以上にもっと頑張らなければならないので。達成できるまで、それ以前より、ずっと、ずっと、ずっと努力して頑張らなくてはいけません。
 
ヒューマニティ:プロ選手を目指している子供たちに何かアドバイスはありますか?何か伝えることはありますか?
 
VW:まず、楽しむことです。自分のやっていることを楽しんで、それから、自分自身を信じることも大事です。みんな上手だし、猛練習をして、精一杯努力しています。だけれど最終的に勝つ自信がありますか?リラックスした気持ちで自信をもって挑めば、負けることはないでしょう。でも、リラックスして自信を持つということは簡単じゃないんです。本当に難しいことなんです。

HUMANITY: So, you’ve been a professional tennis player for three decades. What keeps you motivated?
 
VENUS WILLIAMS: Three decades? I’m 36.
 
HUMANITY: But you started playing professionally in the ’90s …
 
VW: But I feel like it’s probably been more like two decades. I don’t need another decade added to my life and career—don’t make me older than I already am, please!
 
HUMANITY: No, of course not. You’ve just accomplished so much. When you’ve accomplished as much as you have, what gets you going?
 
VW: I love what I do. I love the challenge and I appreciate it. I think that makes a big difference, when you appreciate what you do. It makes you want to strive and be the best at it and bring out your best. That’s what I want to do every time: Bring out my best and prove that to myself.
 
HUMANITY: Did you feel that way when you were a little girl starting out?
 
VW: Perhaps. But I really didn’t think too much. I just loved playing. Subconsciously, or when you look back, you have to think … you have to love it because it’s a ridiculous amount of work and you give up so much. If you don’t love it, it’s impossible to keep that sort of pace.
 
HUMANITY: What do you love about it?
 
VW: Of course, I love competition. I think that’s the best part, but also I love the physicality of it. I love putting in the work, and then when you go out and get the results, I think that’s probably the best part. But when you don’t get the result it’s upsetting because you know you have to go back and work even harder, and oftentimes you go back and work harder and harder and harder until you get to where you need to be.
 
HUMANITY: What advice would you give to kids who dream of being a professional athlete? What would you tell them?
 
VW: I would say, first off, enjoy it. Enjoy it and believe in yourself, because a big part of it is believing. Everybody’s good, everybody’s trained hard, a lot of people have put in the work, but at the end of the day, do you have the confidence? If you step out there confident, then it’s pretty hard to be beaten. But it’s not easy to step up confidence. It’s a challenge. It’s tough.

Responsive image

ヒューマニティ:その自信は、どこで得られるのでしょうか?どういうふうに育まれたんですか。
 
VW:私は自信を持つように育てられたと思います。まあ、そういうふうに教わって育ったんですけれど、いつも自信が持てるわけじゃないですよね。そういう時は、自信があるふりをするのです。できることは全てして、とりあえず挑戦してみる。これはテニスコートの話だけじゃなくて人生においてもです。百発百中は無理かもしれないですけれど、自分自信を信じることで物事が上手くいく事はあると思います。
 
ヒューマニティ:「成功」の意味は時間とともに変わってくると思います。子供の時に考えていた成功と、今のものとでは違うと思いますが、始められた頃の「成功」の意味と今の「成功」についてお聞かせください。
 
VW:私の家では、これといった「成功」の定義がありませんでした。とりあえず、良い人間になることが成功でした。「成功するために勝たなくちゃいけない」とか、「ああしろこうしろ」という教えは受けませんでした。「目指していることを頑張って成し遂げなさい」というふうに教えられただけです。私はどちらかというと精いっぱい頑張るほうなのです。なので「成功」について、これといった定義はないですね。人生が試合の勝ち負けだけとは思っていませんし、試合の勝敗が私の人生において決定的なものでもないのです。
 
ヒューマニティ:それでは、今の「成功」とは?
 
VW:今の私にとって「成功」とは、後悔しない人生ということです。振り返って「私は人生を楽しんだ。勝ちでも負けでも引き分けでも、どんな結果でも楽しかった」辛いときでも、楽しかった。生きていることを楽しむことができた」と言えたら、「成功」なんです。それが本当に大事なことだと思います。楽しくなかったら「成功」だとは言えないし、何の意味もないでしょう。いつもベストを尽くすのです。鏡に映る自分に向かって「私は精いっぱい頑張った。後悔はない」と言えたら、それが成功した証だと思います。
 
ヒューマニティ:子供のとき、憧れの「スポーツヒーロー」はいましたか?
 
VW:テニスしか見てなかったので……ボリス・ベッカーやモニカ・セレシュが好きでした。でも、「まったく同じようになりたい!」というほど、憧れていたわけじゃないわ。彼らをかっこいいと思っていましたが、自分の目標に集中していました。私が常に憧れていたのは、彼らのプレイのスタイルと不屈の精神だったんです。
 
ヒューマニティ:テニス以外でヒーローはいますか?
 
VW:もちろん、母と父ですね。それから、妹のセリーナも私のヒーローです。私のヒーローはみんな身近な人たちです。辛いときも励ましてくれました。

HUMANITY: Where do you find that confidence? How did that get instilled in you?
 
VW: I think I was raised to be confident. That was how I was taught, but also, you’re not going to feel confident every time. So sometimes it’s about portraying that confidence. It’s about faking it. It’s about doing whatever it takes to step out there and do what you need to do to perform, and that’s on the tennis court but also off of it, just in life. You can’t expect to be a hundred percent always, but if you believe in yourself things can start to fall into place.
 
HUMANITY: The meaning of success can change over time, and I imagine maybe what you thought when you were younger is different now. How did you think of success when you were starting out versus how you think of it now?
 
VW: In my family, success wasn’t really defined by anything at all. It was more or less defined by being a good person. We weren’t really taught, “Oh, you have to win to be successful” or you have to do this or that. We were taught to go out there and try to be a success at the things that you try, so I think I have a more relaxed definition of success, even though I’m a really hard worker and I push hard. I don’t really define my life on the wins or losses or any of those things. I feel like those aren’t the defining moments in my life.
 
HUMANITY: So what does success mean to you now?
 
VW: Success for me is being able to live my life with no regrets. To be able to look back and say “I enjoyed my life. I had a good time whether it was win, lose or draw. Whether it was a tough time in life or a good time, I enjoyed it. I enjoyed living.” I think that’s very important. It can’t be a successful life if you didn’t enjoy it. Then what’s the point? Just giving your best every single time. You can look in the mirror and say “I tried. I gave it all. I know I left nothing.” That, to me, is success.
 
HUMANITY: As a kid growing up, who were your sports heroes?
 
VW: I only watched tennis, so … I loved Boris Becker and I loved Monica Seles, but I wasn’t like, “Oh, my God. I’m so wrapped up into this, I have to be exactly like them.” I thought they were cool, but I also was just focused on my own goals. But I always just admired their game style and of course their tenacity.
 
HUMANITY: Who are some of your heroes off the court?
 
VW: Definitely my mom and my dad, and Serena is a huge hero for me. I think all my heroes are close to home, because those are the ones that motivated me through the tough times.

Responsive image

ヒューマニティ:ご家族からどのような価値観を受け継いでいますか?それほどご両親を尊敬し、感謝する理由はなんですか?
 
VW:両親は私たち姉妹が自分の道を歩むこと、自信を持ち頑張ること、そして自分自身を信じることを教えてくれました。これは全部当たり前なことですが、時として忘れられがちです。これらが最も大切なことでした。セリーナはすごい勇気の持ち主ですね。テニスでも人生においてもたくさんの事を教えてもらいました。セリーナはいつも自然にそばにいて、進むべき道を示してくれました。
 
ヒューマニティ:ご両親から教わったモットーで心に残っているものはありますか?
 
VW:父はいろいろな事を言っていました。たとえば、「のろのろ歩く人はのろのろ考える人だ」とか。だから私はいつも早く歩いていました。それから、何でしょう。父も母もいろいろ言っていましたね。でも、何よりも神様が一番重要だと教えられました。
 
ヒューマニティ:大変力になってくれたようですね。もし、ご自分がお母さんになられたら、どのように子供を育てると思いますか?
 
VW:分からないわ。ちゃんとできると良いんだけど。今は犬を飼っていて、ずいぶん世話がかかりますね。頑張っているんですけれど、昨夜も家に帰ったら水飲みボウルが空で、お母さん失格だ、と思いました。これじゃ、子供を育てられるわけがないと思いました。難しいですね。お母さんってこの世で一番大変な仕事だと思うわ。
 
ヒューマニティ:テニス界における、様々な人種的偏見などを打ち破って来られましたが、それは意識的なものだったのでしょうか?
 
VW:何も考えていませんでした。ただ、目標を達成する事に夢中だっただけです。プロとして大会に参加したかったのです。それ以外のことはあまり考えていませんでした。
 
ヒューマニティ:ですが、ご自身がされていることが、特別で大きな意味を持っているということに気づいたことはありますか?
 
VW:特に大きな意味があるとは思っていません。私はただ目標に向かって努力しているだけで、今でも自分の夢を実現するために頑張っています。いつか一歩下がって客観的に考えるときが来るかもしれません。でも、今は成し遂げたいことが多くて。
 
ヒューマニティ:多くの人にとってお手本だと思いますが、どう感じていらっしゃいますか?
 
VW:「自分がお手本だ」なんて思ってはいないし、目指しているわけでもありません。たしかに、自分にもみんなにも示しがつかないからするべきじゃない、と思う様な事はありますが。
 
ヒューマニティ:スポーツにおける「男女同一賃金」を訴えてこられましたね。当たり前な質問になってしまいますが、それはご自分にとってどのような意味があるのでしょうか?どうしてそのような問題に取り組むようになったのでしょうか?
 
VW:人は図らずもいろいろなことに関わるもので、自分が正しいと思っていることのために戦うことが大切です。私にとって、いろいろなことに参加して、次の世代にお返しすることが特に大切です。テニスのおかげで多くのことを得たし、今はただ他の人たちが目標を達成できるようサポートしたいと思っています。「男女同一賃金」の問題は、結局、まだどこにでも存在する「男女不平等」の問題に関係があります。そんな当然の権利のために、未だ戦わなければならないのは本当に残念です。私の同一賃金のための運動は、世界中の働く女性につながります。不平等撲滅の一つの助けになれればと思っているだけなんです。

HUMANITY: What values did they instill in you or did they have that really makes you look up to them and appreciate them so much?
 
VW: My parents taught us to be our own person and to be confident and take risks, to work hard, to believe in ourselves—all those things that you’re supposed to do but sometimes don’t. That was everything. Then of course Serena is so courageous, and I’ve learned so much from her in life and in tennis. She’s definitely been there for me every single moment whether she meant to or not, just showing the way.
 
HUMANITY: Did your parents teach you any mantras growing up that have stuck with you?
 
VW: My dad always said a lot of different things, like “A slow walker is a slow thinker.” And I’ve always walked very fast. I don’t know. My dad and my mom said a lot of stuff. But we were always taught to put God first.
 
HUMANITY: Sounds like you had incredible support growing up. Any thoughts to how you would approach parenting?
 
VW: I don’t know. I would hope to be not lazy. I have a dog, and taking care of him seems like a lot sometimes. I do my best, but last night I came home and his water bowl was empty and I felt like such a bad mom. I was literally thinking to myself I don’t know how I’m going to have a child. It would be so hard. That’s the hardest job in the world.
 
HUMANITY: You broke a lot of barriers of race in tennis—were you aware of what you were doing at the time?
 
VW: I wasn’t thinking about that. It was about reaching my goals, and I wanted to play pro and to play in major tournaments. I was more focused on that than anything else.
 
HUMANITY: Was there a point, though, where you did realize that what you were accomplishing was really a big deal?
 
VW: I don’t see myself as a big deal. I see myself as someone who’s working toward her goals, and I’m still fighting to live my dream out there. So maybe at some point I’ll step back, I don’t know. I feel like I’m caught up in still trying to be more.
 
HUMANITY: What about the idea of you being a role model to so many?
 
VW: It’s not necessarily that I ever think “Oh, I’m a role model” or that you’re aiming to be one. It’s just that you realize there’s certain things I probably shouldn’t do because that just wouldn’t be good for myself or others. There is a point when you think about that.
 
HUMANITY: You’ve advocated for equal pay in sports for women. Why is that important to you besides the obvious? How did you decide to get involved?
 
VW: I think oftentimes people find themselves involved in things that they weren’t planning on. It’s just about standing up for what you believe is right. For me it’s more and more important to get involved and give back to the next generation. Tennis has given so much to me that I feel I’m at the point where I just want to try to find ways to support others in their goals. And obviously, with equal pay in sports it’s the greater issue of inequality that exists everywhere, unfortunately. It’s sad that we still have to fight for that. The fight for equal pay was really just a bigger conversation of what’s happening around the world with women in the workplace, and I just want to be a part of correcting it.

Responsive image

ヒューマニティ:どのようなメッセージを世界に送りたいと思っていますか?あなたが成し遂げてきたこと、あなたの人生から、人は何を学ぶことができると思いますか?
 
VW:私の願いは、みんなが(私の姿を見て)自分自身の夢を実現しようと思うことです。自分の夢に向かって生きることほど楽しいことはないでしょう。みんなにそういうインスピレーションを与えられたらいいなと思います。
 
ヒューマニティ:プロ選手のキャリアは一般的にそれほど長くないですね。テニス選手を引退された後のことを考えたことはありますか?どのように過ごされるでしょうか?
 
VW:私たちは引退した後のこともよく考えるように教えられました。それは家庭教育の一つでした。両親はスポーツしかできないのは面白くないと思ってくれたのでしょう。スポーツの成績にこだわる必要はない、とよく言ってくれました。
 
ヒューマニティ:去年学士を取得され、また学校に通っていらっしゃるという記事を読んだのですが…。
 
VW:はい、ビジネスのクラスと、それからインテリア建築の美術学修士号を取ろうとしています。いつか博士号も取って「ウィリアムズ先生」と呼ばれたいわ!
 
ヒューマニティ:世界中の女性たちが一般的に抱えている悩みは「綺麗でなければならない」ということではないかと思います。あなたはとても綺麗で同時に有名人です。誰かがあなたのような方を見て、たぶん「綺麗じゃない」とか「大切にされていない」みたいな悩みがあるとは全く想像できないでしょう。あなたはそういった悩みを抱えたことがありますか?もしそうであれば、どのように乗り越えますか?どのように現代の女性にインスピレーションを与えたいと思いますか?
 
VW:誰でも綺麗になりたいと思っていますよ。みんな綺麗じゃないといけないと教え込まれてきましたからね。それは綺麗でいることが大切なんじゃなくて、綺麗さを重んじる社会のせいです。まあ、考え方によるんですけれど、確かに、鏡に映った自分を見て「あれ、私、いつこうなっちゃったんだろう」と思うこともあります。でも正直言って、私はどう見えるかということより、自分の目標に重きを置いています。そういうふうに考えてきました。朝起きて、さあ、今日は何を成し遂げられるか?どうしたらもっと上手になれるか、何を達成できるか?と。私からのアドバイスです。成し遂げたいものに集中すること。見た目は結局どうでもいいのです。見た目がすごく綺麗だとしても、最終的には自分の行いがものを言う。
 
ヒューマニティ:妹さんのセリーナについて少しお話していただけますか。お互いに究極の競争相手でもあり、究極のファンでもあるようですが。
 
VW:コートに入って、対戦相手であってもなくても、お互いを励まし合います。並んでテニスをしたり練習したりしています。いつも勝って欲しいと思っています。妹の勝ちは私の勝ちで、彼女も同じ気持ちだと思います。そんな感じかな。いつも一緒に楽しい時間を過ごしていて、複雑な関係じゃないです。本当に面白くていい子。妹ですけれど、よく良いアドバイスをくれます。
 
ヒューマニティ:今までで一番よいアドバイスは?
 
VW:今までで一番いいアドバイスは、せっかく試合に出るのなら、いっそ頑張った方がいいというものですね。テニスでも人生でも適用できます。まず、試合に出なくちゃいけません。逃げられないから。だったら頑張ったほうがいいです。本当にいいアドバイスだったわ。毎日そのように心掛けています。
 
ヒューマニティ:テニス史に名前を残しましたね。テニスでもそれ以外のことでも、どのように歴史に名を残したいと思っていますか?
 
VW:歴史に名を残すなんて、あまり考えたことりません。私は今の瞬間を大切にするタイプなので。ただテニスが大好きだった人として、そしてテニスにも世の中にもお返しをした人、というふうにみんなの記憶に残れたら幸せです。

HUMANITY: What kind of messages do you hope to put out into the world? What do you hope people can take away from your story?
 
VW: I hope people are inspired to live their dream, because there’s nothing as exciting and amazing as living your dreams. I definitely hope to inspire people to do that.
 
HUMANITY: As a professional athlete your career ends when you’re still very young. Have you thought about a career after tennis?
 
VW: We were taught to think about our life after tennis and to develop who we were. That was part of our upbringing. I guess our parents just wanted us to not just be an athlete because that would be so one-dimensional. They really encouraged us to not be defined by our accomplishments in sports.
 
HUMANITY: You just got your bachelor’s degree last year, and did I read that you’re working on another?
 
VW: Yes, in business. I’m working on my MFA for interior architecture now, and if I go back again it will be to get my doctorate so people can call me Dr. Williams!
 
HUMANITY: One thing that women seem to struggle with in general all over the world is this feeling like they need to be beautiful. You’re someone who is really beautiful and in the spotlight. I think sometimes it can be hard for people to see someone like you and ever imagine that you struggle with different things, like feeling not beautiful or feeling not valuable. Have you had moments like that, and can you share what gets you through them?
 
VW: Everybody wants to be beautiful. I think it’s how we’ve been trained, not because being beautiful is important but because society has placed a value on it. So it’s really the psychology and philosophy of it all, but I think there are moments when you look in the mirror and think “Whoa, what happened to me?” But honestly I’m more focused on what I’m accomplishing than what I look like. That’s always been how I felt. What am I accomplishing when I wake up in the morning? It’s about how do I get better, what am I achieving? That’s pretty much what I recommend—focus on what you want to accomplish. It doesn’t matter what you look like on the outside. You can look amazing, but in the end it’s what we do.
 
HUMANITY: Can you talk a little bit about your relationship with Serena? How you manage to be the ultimate competitors and each other’s ultimate fans too?
 
VW: We walk on the court. We push each other whether we’re playing against each other or not. We’re playing side by side or in practice and I want to see her win. A win for her is a win for me, and I think she feels the same. It’s pretty much just that simple. We have a lot of fun and a really great time. She’s a blast and very funny. She’s my little sister but she always has a lot of great advice.
 
HUMANITY: What’s some of the best advice she’s given you?
 
VW: The best advice she ever gave me in terms of tennis or even life is, you have to show up, so why not compete? You have to be there. You can’t run away from it, so why not compete? That was the best advice ever. I try to apply that daily.
 
HUMANITY: You’re cemented in tennis history. What do you hope your legacy is, both in tennis and just beyond?
 
VW: I never really dreamed of a legacy that much. I’m definitely a very in-the-moment person, so I would just like to be remembered as a person who loved the game and gave back to the game and gave back to life.